【2013戦力分析】湘南ベルマーレ・大分トリニータ

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

ではまず初めに昇格チームの2チームです。
(わが甲府は最後に書く予定です。)


【湘南ベルマーレ】

・補強
IN
GK:安藤駿介、鈴木雄太
DF:宇佐美宏和、クォンハンジン、村岡拓哉
MF:吉濱遼平、荒堀謙次 、梶川諒太 、中川寛斗
FW:武富孝介、エジバウド、河野諒祐、田村翔太

OUT
GK:金永基、松本拓也
DF:山口貴弘、三原向平、福田健人、
MF:坂本紘司(引退)、イ・ミンス 、宮崎泰右

戦力の流出がなかったのは幸いだが補強は小粒感が否めない。
ただ、武富や梶川は昨年J2で実績を残し、プレースタイルも湘南に合いそうな良い補強。
J1での実績のある選手がほとんどいない点は少し気になるが・・・。


・予想フォーメーション
syonan-formation.png

3バック
遠藤、大野、鎌田は走れて組み立てが出来るCB
クォン・ハンジンと島村は高さと強さがあるCB
個で優れるJ1のFW陣に前者の3人がどれだけ安定した守備を保てるか
新加入の宇佐美は前者の方だがまずは3バックへの適応が必須か

中盤
永木、ハン・クギョンのボランチには梶川が加入したことで層が厚くなった。
高山、古林のWBは消耗の激しいポジションだが層が薄いのは懸念

前線
1トップレギュラー争いはキリノが有力だが馬場は昨季のチーム得点王、大槻も成長著しい
2シャドーは菊池、武富が濃厚だが岩上や古橋も十分に主力を務められる選手


昨季J1でサプライズを起こした鳥栖とよく比較されているがまったく別のチームだと思う。
簡単に言えば、走るという点では同じだが鳥栖は守備的で湘南は攻撃的。
絶対的ストライカーの不在、CBの高さ不足、GK陣の実績・経験不足などなど不安な部分も多い。
遠藤が肉離れで開幕に間に合うないことが決定的で、大宮とのPSMを観ても、守備は非常に心配なところ。
若い選手が多いだけに前半から飛ばして早めに点を奪って、主導権を握っていきたい。
守りで粘るようなチームではないのでどれだけ高い位置で奪ってカウンターにいけるかが鍵か?


・注目選手
永木亮太
機動力のあるパサーでどこにでも出没してチャンスに絡む。
攻撃の大半に絡んでおり、チームの中心的存在で、今期から主将に就任。

武富孝介
昨季は熊本で14得点あげ、一気にブレイク。
ドリブル、シュート、パス、攻撃における能力はどれも高い。
スピードもあり、カウンターを得意とする湘南のサッカーに合うと思われる。






【大分トリニータ】

・補強
IN
GK:金永基
DF:高木和道、深谷友基、児玉新、辻尾真二
MF:木村祐志 、松本昌也 、松本怜 、中川寛斗
FW:小松塁 、後藤優介

OUT
DF:石神直哉、夛田凌輔、キムチャンフン、作田裕次
MF:井上裕大、小手川宏基、野口直人
FW:三平和司、イ・ドンミョン

補強はJ1での実績のある選手を揃え、各ポジションバランスよく補強したと思われるが。
特にDFに重視した印象だ。
ただ、昨季チーム得点王タイの三平、アシスト王だった石神が抜けた穴は大きい。




・予想フォーメーション
oita-formation2.png

3バック
昨季、務めた3人は健在で高木、深谷、児玉の加入によって層は格段に厚くなった
ただ、連携という意味では新加入の選手が多いので懸念材料

中盤
組み立ての出来る木村の加入によって宮沢の負担が減るのは大きい
石神、三平が抜けたWBは昨季後半から務めたチェ・ジョンハンと新加入の松本怜がレギュラー濃厚

前線
森島が柱なのは間違いない
あとは誰が一番相性がいいかだが特徴のある選手は揃っている


クオリティの高い選手が多いとはいえないが90分ハードワークして泥臭く勝利をもぎとるスタイル。
どちらかといえば大分のほうが鳥栖のスタイルに似ているかもしれない。
田坂監督のマネジメントも素晴らしく、財政難を通してチームにまとまりがある。
しかし、プレーオフで勝ち上がったとはいえJ2での成績は6位、一緒に昇格した甲府・湘南との成績は1分3敗。
「やるからにはタイトルとる」と監督は語っているがを残留が現実的な目標だろう。
ハードワークが厳しくなる7月~9月が正念場か。


・注目選手
森島康仁
アンダー世代から注目されてきたがようやく才能が開花するか?
大分での経験を通して調子乗り世代のエースがJ1で成長した姿を見せる。
ポストプレーや得点も注目されるが前線からの守備や精度の高いサイドチェンジなども見物。

チェ・ションハン
前線の選手としてこれまで活躍してきたが昨季の後半から左WBにポジションを移す。
韓国選手特有のフィジカルを生かしたボールキープからのカットインが特徴で個人で局面を打開できる貴重な選手。



ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事
【2013戦力分析】アルビレックス新潟・セレッソ大阪 | Home | 【2013プレシーズン】トレーニングマッチ7戦目(vs広島)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する