【2013戦力分析】アルビレックス新潟・セレッソ大阪

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

2回目の今日は昨季、厳しい残留争いに生き残った新潟とC大阪です。


【アルビレックス新潟】

・補強
IN
GK:竹重安希彦、鈴木雄太
DF:金根煥、濱田水輝、川口尚紀
MF:奥山武宰士、成岡翔 、レオ・シルバ 、小塚和季
FW:田中達也、岡本英也、川又堅碁、

OUT
GK:小澤英明
DF:石川直樹、鈴木大輔 、増田繁人、
MF:小林慶行、ミシェウ 、中村太亮、アラン・ミネイロ 、 木暮郁哉、金永根
FW:矢野貴章、平井将生、ブルーノ・カスタニェイラ

今年も相変わらず出入りの激しい年となった。
昨季、堅守を支えたCB2人に加え、攻撃の中心だったはミシェウも退団。
とはいえ補強はしっかり出来ており、戦力ダウンはあまりないように思える。


・予想フォーメーション
niigata-formation.jpg 

最終ライン
CBはどちらも新加入の濱田とキム・クナン
濱田のほうはやや不安があるがキム・クナンは昨季飛躍を遂げた鳥栖で実績を積んでいるので期待できそう。
左SBはキム・ジンスで問題ない。右は将来の代表候補・川口が昇格したが主力を担うには早いか。

中盤
ボランチにレオ・シルバ、攻撃的MFには成岡が加入。
特に成岡は退団したミシェウの後釜として大きな期待がかかる。

前線
ブルーノ・ロペスを中心に田中達也、岡本、川又が加入。
若手の鈴木武蔵も成長著しく、層・質ともに高い。


昨季は最終節になんとか残留に滑り込んだ、今年はもう少し安定した順位に行きたいところ。
守備ではCB2人が新加入で絶対的守護神の東口が長期離脱中と昨季の守備を再現できるか微妙。
攻撃では前線は多種多様な駒が揃っているだけに中盤のチャンスメイク力次第。
今期は柳下監督が初めから指揮できるのでそこはプラスに働くだろう。


・注目選手
成岡翔
磐田時代の輝きが福岡で出来たかというとやや疑問。
心機一転、磐田へ移籍したが柳下監督とは磐田でも指導を受けており信頼も厚い。
ドリブラータイプの選手が多いだけにこの選手が中盤のコンダクターとして担えるかがチームの浮沈を握る。

川又堅碁
昨季は、武者修行に出た岡山で得点ランキング2位と大ブレイク。
高い得点力だけではなく、ポストワークも巧みで周囲との連携をとるのも上手い。
どんな選手とも合いそうなプレースタイルはエースのブルーノ・ロペス以外にも良い関係が築けそう。
レギュラー争いは熾烈だがJ2で得た自信は必ず力になるはず。




【セレッソ大阪】

・補強
IN
GK:武田洋平、ク・ソンユン
DF:椋原健太、新井場徹
MF:楠神順平 、小暮大器 、岡田武瑠 、秋山大地
FW:エジノ 、南野拓実

OUT
GK:松井謙弥、荻野賢次郎
DF:高橋大輔、舩津徹也 、児玉新 、作田裕次
MF:ヘベルチ、後藤寛太

大きな放出はなく、補強もかなり良かったのではなかろうか。
特に新井場と椋原を獲得できたことはSBの層の薄さを一気に解消した。
中盤の楠神もセレッソの3シャドーを担える選手でこの選手の獲得も大きい。
セレッソの将来を担える南野もトップ昇格を果たし、これからの成長が楽しみな選手。


・予想フォーメーション
Cosaka-formation2.jpg   

最終ライン
CBは昨年と変更の必要性はないが層の薄さは心配。
守備に課題を抱えることが多いだけに問題が出なければいいが・・・。
SBは昨季主力だった丸橋、酒本に新加入の新井場と椋原が加わり、レギュラーを4人で争う。
新加入の2人はどちらのSBも対応できるため2人とも出場機会はあるだろう。

中盤
ボランチはシンプリシオ、山口、扇原、黒木、横山と駒は豊富に揃っている。
シャドーも柿谷を中心に枝村や新加入の楠神、南野と十分計算できる。
山形から復帰したブランキーニョが戦力と慣れれば申し分ない。

前線
新加入のエジノが未知数ではあるが杉本と播戸が控えている。
柿谷との2トップも構想としてはありそうなので仮にエジノが機能しなくても危機的な状況にはならないか。


セレッソの場合はとにかくチームのエースを放出しないこと。
香川、乾、清武、ボギョン・・・と特に夏に移籍するのはチームにとって一番厳しい。
今年は夏の移籍はフロントも拒否する意向で移籍が有力になりそうな柿谷自身も現段階では海外移籍は消極的。
若い選手が多く、監督も攻撃的なサッカーを志向しており、波に乗ったら手がつけられないチーム。
タイトルをとりそうな安定感はなさそうだが成長を見越して上位進出できそうな戦力はある。
数々の名選手を育てたクルピが南野をどう成長させるか、そこも非常に楽しみだ。


・注目選手
楠神順平
昨季は川崎で攻撃の中心を担い、C大阪も背番号10を与えるなど期待の大きさが伺える。
技術は非凡なものを持っており、狭いスペースでボールを受けられそこからのドリブル突破が脅威。
まさしくセレッソ伝統の3シャドーにマッチした選手で活躍は間違いないだろう。
あとは得点力を磨いて2桁はとりたい。

南野拓実
香川、乾、清武とセレッソで飛躍を遂げ今は代表の中心選手となっている先輩たちと比べて
ポテンシャルではまったく引けをとらない。
ドリブル、パス、シュートあらゆる面で高い潜在能力を持っており、経験をつめばすぐにでも主力になれる可能性がある。




ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2013戦力分析】大宮アルディージャ・ジュビロ磐田 | Home | 【2013戦力分析】湘南ベルマーレ・大分トリニータ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する