【2013戦力分析】大宮アルディージャ・ジュビロ磐田

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

3回目の今日は残留における最強の矛と盾です。


【大宮アルディージャ】

・補強
IN
GK:川田修平
DF:福田俊介、高橋祥平、今井智基
MF:宮崎泰右
FW:富山貴光

OUT
DF:深谷友基、河本裕之
MF:金久保順、東慶悟、
FW:市川雅彦

東が抜けた穴は大きいかもしれないが河本、深谷のCBの二人は福田と高橋で埋まるだろう。
大学での実績評価が高かった富山は期待の選手だが前線は層が厚い。
大宮の場合は昨年の夏に前倒ししたような大型補強だったので今オフの補強は控えめ。


・予想フォーメーション
omiya-formation.jpg  

最終ライン
昨季、河本が務めたCBの一枚以外は変更ない。
そのポジションはJ2で実績を積んだ福田と高橋が争うことになる。

中盤
中盤は東が抜けた以外目だった変化はない。
マルチロールの高橋はボランチでも適応可、富山も選手層が厚い前線よりサイドの可能性もありそう。

前線
ノヴァコビッチ、ズラタン、長谷川を軸に若手の富山、清水がどれだけ入っていけるか。
長身選手が多いのは特徴的かもしれない。

ベルデニック監督が昨季途中から就任し、選手の流出も最小限に抑え、今年も継続する形となった。
最大に強みは前線のクオリティの高さ、ノバコビッチ、ズラタン(長谷川)のツインタワーはJでも一番の迫力だろう。
守備もベルデニック監督が就任後、整備され終盤は堅守で残留を掴み取った。
今年こそは上位に食い込みたいという意気ごみだろうが果たして・・・・。


・注目選手
カルリーニョス
昨年の活躍が認められ、完全移籍となった。
巧みなボールキープと広い視野から繰り出されるミドルレンジのパスが逸脱。
前線のフィニッシャーにどれだけ精度の高いパスが配給できるか注目。

高橋祥平
J1での実績はないもののまだ21歳ながら実績は100試合を超える。
CBの他にSB、ボランチと守備的なポジションならどこでも対応可能と起用しやすい選手。
東京V出身らしく足元の技術も高く、得点力もある。
ただ、相手選手を挑発して揉め事を起こすことが玉に瑕。




【ジュビロ磐田】

・補強
IN
GK:牲川歩見
DF:伊野波雅彦、
MF:チョン・ウヨン、田中裕人


OUT
GK:竹重安希彦
DF:千代反田 充
MF:ロドリゴ・ソウト、黄誠秀
FW:ハン・サンウン、押谷 祐樹

こちらも戦力の入れ替えは最小限に抑え、ピンポイントの補強。
中でも日本代表の伊野波獲得は大きい。
チョン・ウヨンもJ1での実績はないがJ2京都で見せたパフォーマンスから大いに期待できる。


・予想フォーメーション
iwata-formation.jpg    
フォーメーションはどうなるかまだ不明だがここでは3バックを想定

3バック

伊野波が最も活きるポジションでその為に3バック変更は理に適う。
藤田とあわせて後ろからのビルドアップに期待できそうだがまずは3バックという布陣への慣れが必要か。

中盤
チョン・ウヨンのビルドアップ能力がかなり鍵を握る。
右サイドは不動の駒野、左サイドは宮崎と山本脩がレギュラーを争う。
前目の二人は山田、小林が有力だが層は厚いのでコンビネーションみて模索していくだろう。

前線
前田は外す理由が見当たらないのであとは誰と組むか。
それだけに前田不在の場合はやや不安。

昨季は序盤から快進撃を続け、ACLも狙える位置にいたが後半けが人が多発し、大失速。
森下監督の経験不足が出たように思う。
今年はコンディション面に注意し、昨季の継続をすれば良いように感じるがキャンプは3バックを模索中。
それがどう出るかはわからないが3バックに慣れるまでの序盤の戦いは難しいものになると予想される。


・注目選手
チョン・ウヨン
システム上、一番のキーポジションであり、ここを潰されると両サイドも前目の選手もポジションがあいまいになる。
J1初挑戦ながら重要なタスクを1年こなせるか注目したい。
磐田には駒野という名キッカーがいるがセットプレーのキッカーとしても非常に優秀。

伊野波雅彦
十分実績のある選手だが高い身体能力と両足からを扱える起用さを存分に発揮できる3バックは絶好のポジション。
同じく代表経験のある駒野との右サイドは今期、磐田の大きな武器になりそうだ。
3バック以外にもボランチや4バックであればCB、SBとユーティリティ性もあり、1年間フル回転での活躍が期待される。



ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2013戦力分析】鹿島アントラーズ・FC東京 | Home | 【2013戦力分析】アルビレックス新潟・セレッソ大阪

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する