【2013戦力分析】鹿島アントラーズ・FC東京

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

4回目の今日は戦力でいえば優勝を狙える両クラブです。


【鹿島アントラーズ】

・補強
IN
DF:前野貴徳、植田直通
MF:中村充孝、野沢拓也、川島大地
FW:ダヴィ、豊川雄太

OUT
DF:新井場徹
MF:ドゥトラ、レナト、増田誓志
FW:岡本英也、 興梠 慎三

主力級の退団を豪華な補強で賄ったかたちだ。
特にJ2で大きな実績を残したダヴィや中村などには大きな期待がかかる。
植田も高卒とはいえ、十分レギュラーをとれる力はすでに備わっている。


・予想フォーメーション
kashima-formation.jpg   

最終ライン
CBは岩政を中心に山村、青木、中田、昌子がレギュラーを争う。植田も十分その中に割って入っていける。
左SBは新戦力の前野、右SBは西となりそうだが選手層に不安を残す。
CBは豊富な駒が揃っているだけにマルチローラーの選手を回して補うか。

中盤
ボランチは小笠原、柴崎、本田が中心核となるだろう。
2列目は1年で復帰となった野沢と新加入の中村が濃厚だが遠藤やジュニーニョら実績のある選手も控えている。
柴崎を1列あげるOPもあるかもしれない。

前線
大迫、ダヴィの2トップがベースだが駒はあまり揃っていないので1トップの模索もありそう。
または中村を前線で起用するのも良いと思われる。


トニーニョ・セレーゾが8年ぶりに復帰。
当時のチームを知る人は少なくなり、大型補強によって選手もだいぶ変わった。
優勝候補にあげられる声も上がっているがまずは新たなチームを作り上げる年と考えた方がいいだろう。
その中でポテンシャルの高い若手選手が多いので世代交代も進めればベストだ。



・注目選手
ダヴィ
J2では別格の存在で得点王を獲得。
毎年J2で得点王をとった選手はJ1でも結果を残している。
その流れにダヴィも当てはまるのか?
なかなか扱いにくい選手だが同じ母国の監督の下どんなシーズンを送れるのか甲府サポとして注目せずにはいられない。

柴崎岳
いつ代表にはいってもおかしくはなさそうだが同ポジションは代表の中心である遠藤。
その遠藤が今年はJ2でプレーすることはある意味柴崎にとって大きなチャンスになるかもしれない。
遠藤を超えるためにもゴールやアシストなど目に見える結果もこれから



【FC東京】
・補強
IN
DF:阿部巧
MF:東慶悟 、野澤英之、三田啓貴
FW:李忠成

OUT
GK:常澤聡
DF:椋原健太
MF:羽生直剛 、梶山陽平
FW:エジミウソン

今年はACLがないため、戦力をスリム化し微調整するような補強だったがきっちり抜けた穴を
きっちり補強しており、層の厚さはACLに出場するクラブ以上。
キャンプ中に決まった李だが機嫌は夏まで。
それでも獲得したのは戦力としてすぐにフィットできるという確信があるのだろう。


・予想フォーメーション
Ftokyo-formation.jpg     

最終ライン
太田、森重、徳永はおそらく不動。
CBの一枚はチャン・ヒョンスか加賀チーム事情によって昨年のように高橋もある。

中盤
ボランチは高橋、米本、長谷川が中心。
2列目は2チーム分つくれる選手層がある。
コンビネーションやコンディションなど含めて監督の選択が問われそう。

前線
1トップも2列目同様レギュラー争いが熾烈。
李は連携において不安なところはあるがコンディションはシーズン中のイングランドからの加入なので
全く問題ないだろう。
実績や能力から考えてルーカスと李が一歩抜けているか?


ポポヴィッチ体制2年目。
昨季はACLもあって、なかなか厳しいシーズンだった。
今年はリーグ選に集中でき、昨年からの継続性も見込め、上位進出が期待される。
ポゼッションサッカーは観ていて楽しいが少し偏りすぎている印象はややある。


・注目選手
李忠成
意外性のあるゴールが多い印象で昨年抱えた得点力を補える選手。
夏までのレンタル契約や日本代表のこともあって意気込みもきっと高いはず。

東慶悟
ドリブルやスピードのある選手が多い2列目の中では異端な存在。
だからこそこれらの選手を活かせると期待できる。
ポポヴィッチとは大分時代でも一緒になっており、すぐに適応出来るだろう。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013戦力分析】清水エスパルス・川崎フロンターレ | Home | 【2013戦力分析】大宮アルディージャ・ジュビロ磐田

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する