【2013戦力分析】清水エスパルス・川崎フロンターレ

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

5回目の今日は飛躍と同時に一歩間違えば低迷をあると予想されるクラブです。


【清水エスパルス】

・補強
IN
GK:高原寿康
DF:廣井友信、岡根直哉、三浦弦太、
MF:高木純平、竹内涼、橘章斗、イ・ミンス、藤田息吹、六平光成
FW:樋口寛規、バレー、加賀美翔、瀬沼優司

OUT
GK:山本海人、碓井 健平
DF:三吉聖王、
MF:小林大悟、姜成浩
FW:金賢聖、高原直泰、大前元紀

例年に比べると抜ける方はまだましだが入ってくる方は多い。
補強の目玉はなんと言ってもバレー。
昨年課題だった1トップの候補として期待がかかるがチームの戦術に落とし込めるかどうかは
これまでのバレーのプレースタイルを考えるとやや疑問。
その他、レンタルバック組や六平や瀬沼ら新卒組が昨年の河井や八反田のようにレギュラー争いに
加われるか注目。


・予想フォーメーション
shimizu-formation.jpg    

最終ライン
最終ラインは昨年から不動。
GKは林に一本化したようだ。

中盤
3センターかボランチ2枚かはまだわからないが真ん中のポジションは選手層が厚い。
河井をサイドで固定しても全く問題なさそう。

前線
大前の抜けた穴は大きいが将来性のある石毛と白崎の成長を見越して大きな穴埋めはない。
バレーにも期待したいが瀬沼や伊藤翔らの活躍もないと厳しそうだ。


サイド攻撃は確実にこのチームの武器であるが最後のフィニシャーや中央からの攻撃に課題を残す。
得点力はあるがポストプレイヤーではないバレーが上記の課題を克服できる存在になるかで
今年のシーズンの行方を左右しそう。
ただ、楽しみな若手が多いだけに成長しだいでは上位進出も十分考えられる。



・注目選手
バレー
5年ぶりのJ復帰となるが年齢はまだ31歳。
中東ではしっかり結果を出しておりまだまだ、スピードや得点力が衰えてなさそう。
通訳は甲府から親友でもあるジュリオを引き抜くなどクラブもしっかりサポートをしている。

石毛秀樹
大前の穴を埋める期待が注がれている。
高いテクニックと戦術眼をもっており本職ではないポジションでもすぐに適応する。
守備の部分はまだ課題は大きいため、攻撃的なポジションで1年固定させて個人的には思う。
その為にはゴールへ直結するプレーが求められる。



【川崎フロンターレ】
・補強
IN
GK:新井章太
DF:中澤聡太、薗田淳
MF:森谷賢太郎、山本真希
FW:大久保嘉人、パトリック、棗佑喜、安柄俊

OUT
GK:安藤駿介
DF:森下俊、
MF:楠神順平、杉浦恭平、山瀬功治、レネサントス
FW:黒津勝、小松 塁

補強は前目の選手の入れ替わりが大きかった印象。
特に楠神は攻撃の中心になっていただけに代償は大きいと思われる。
ただ、補強は元日本代表の大久保や評価の高いパトリックなど期待を抱かせるものになった。


・予想フォーメーション
kawasaki-formation.jpg      

最終ライン
小宮山が離脱している左SBとCBジェシの相方は熾烈なレギュラー争いがありそう。
3バックの可能性もあるか。

中盤
筑波大学の教え子である森谷が加入したがやや選手層は薄い感じがする。
憲剛が中心であるのは間違いないがそれ以外は流動的。

前線
1トップはパトリック、矢島、小林・・・・など選手層は厚い。
サイドはレナトと大久保に代わる選手の台頭が期待される。


風間監督にとって今年はキャンプから指揮できるのは大きな強みだろう。
戦術的には非常に特徴的で興味がわくが理想とするサッカーを追求するばかりに出る
マイナス面も大きいのが現状でもある。
理想を貫いて結果で黙らせるか、ファンの姿勢が批判に変わるか両局面どちらも可能性がありそう。


・注目選手
レナト
昨年の後半からそのポテンシャルを見せつけ、川崎の勝利に貢献した。
2年目のジンクスも考えられるが日本サッカーへの慣れや川崎のスタイルに適応によって更なる活躍が見込める。

森谷賢太郎
横浜Mではなかなか出場機会がなかったが筑波時代の恩師でもある風間監督の下へ完全移籍。
戦術だけではなく高い技術を持ち合わせているので風間監督の考えを体現できる選手。
ブレイクが期待される。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013戦力分析】名古屋グランパス・柏レイソル | Home | 【2013戦力分析】鹿島アントラーズ・FC東京

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する