【2013戦力分析】名古屋グランパス・柏レイソル

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

6回目の今日は3年前と2年前の優勝チームでありながら好対照な2クラブです。


【名古屋グランパス】

・補強
IN
DF:牟田雄祐、ハーフナー・ニッキ、本多勇喜
MF:ヤキモフスキー、望月嶺臣
FW:矢野貴章、チアゴ ペレイラ

OUT
DF:三都主アレサンドロ
MF:吉村圭司
FW:永井謙佑、金崎夢生、吉田眞紀人、巻佑樹(引退)

まず補強に関して述べなければいけないのは金崎と永井の退団。
どちらも名古屋の攻撃において武器になっていた選手、矢野を獲得したがこの放出の穴は大きい。
守備に関しては即戦力の牟田が取れたことは良かったが全体として名古屋の補強としては寂しい。


・予想フォーメーション
nagoya-formation.jpg     

最終ライン
闘利王が1トップで起用される可能性はあるがダニエル、増川、牟田の4人で回していくことになるだろう。
牟田の使える計算が立てば3バックの模索もあるかも
SBは昨季と不動で田中隼磨、阿部、石櫃を中心になるか

中盤
田口が一本立ちしたので、磯村が怪我から復帰すれば藤本をサイドに回したい。
ダニルソンが怪我がちなのは気になる点だが・・・

前線
ケネディの状態が芳しくなく、選手層も薄くなった今シーズンは若手の頭角が欲しいところ。
ヤキモフスキーがある程度計算できる選手ではないと苦しくなりそう。


ベテラン選手の怪我が多く、ピクシー体制もマンネリ感と閉塞感が出てきている。
闘利王の個でなんとかごまかしてきたが戦術的にも新たな進化が欲しい。
世代交代もそろそろ必要な時期で場合によっては問題をいろいろ抱えそうな1年になりそう。
良い意味で若手が期待を裏切ってくれればと思うが一番重要なのはピクシーの采配だろう。
結果も大事だが魔法が解けてしまわないうちに新たなチームへと生まれ変われるかの方が大事な1年になると思われる。

・注目選手
藤本淳吾
名古屋に加入し3年目になるが清水時代よりゲームメイクでの役割が多くなり、本来のサイドでのポジション
ではなかなか起用されていないのが残念だが、名古屋の攻撃をつかさどる選手で心臓部。
この選手が怪我すると本格的にやばくなるかも・・・。

闘利王
良くも悪くも闘利王で勝ち点をもぎとれるのは名古屋の最大の強み。
今年の残留は決まったが来年移籍してもおかしくはないほど心が揺れているのは確か。
もしかしたら今年最後のJの舞台になるかもしれない・・・・



【柏レイソル】
・補強
IN
GK:中村航輔
DF:キム・チャンス、鈴木大輔
MF:太田徹郎、谷口博之、狩野健太、中川寛斗、小林祐介、秋野央樹
FW:クレオ、木村裕

OUT
GK:川浪吾郎
DF:福井諒司、クォン・ハンジン、那須大亮
MF:安英学、水野晃樹、中川寛斗
FW:ネット・イアーノ

那須の移籍は痛かったかもしれないが戦力を整理しつつ、大型補強に成功。
欧州でも実績のあるクレオや韓国代表のキム・チャンスの外国人から谷口、狩野、鈴木と日本人も実績のある選手を確保。
バランスを保ちながら戦力値は大幅に上がると予想できる。
懸念は3バックにした場合のCBの層の薄さ。
ACLなど期間限定であれば良いのだが・・・・


・予想フォーメーション
kashiwa-formation2.jpg        
正直、なんで3バックなのかは不明。
ちばぎん、ゼロックスでこの布陣を採用してるので一応こちらで書く。
ACLなどでのOPの可能性もあり、通常であれば昨年までの4-4-2(4-2-3-1)だろう。
OPとはいえ、こんな短期間でものに出来るわけがない。

最終ライン
鈴木を加えたものの3バックでは層が薄すぎる。
どの選手も3バックはあまり経験しておらず、未知数が多い。

中盤
谷口、狩野を加え、中央は質、量ともに高い。
サイドも強力な選手を揃え、控えもまずまず計算できる。

前線
1トップはクレオ中心に工藤や田中順らでフォローすれば回せるだろう。
2シャドーも澤や狩野と計算できる選手が控えにいるので問題はなさそう。

これまでのシステムを変えることによって序盤戦の戦いに大きな影響を与えそう。
ACLの負担もあり、ここで躓けば優勝争いから脱落する可能性はある。
コンディションが上がっていないのもあり、チームとしてまだまだ仕上がっていない印象だが戦力はJ1で1,2を争う陣容。
十分、複数のタイトルを狙える。


・注目選手
クレオ
昨季は広州恒大に在籍し、ACLでは柏と対戦している。
中国と日本のサッカーは違うが文化の違いや環境面への適応は問題ないだろう。
ヨーロッパCLやELでの実績も豊富で来日1年目でいきなり得点王をとってもおかしくはない。

茨田陽生
昨季完全に独り立ちし、年間通してコンスタントにプレーできるようになった。
高いテクニックとサッカーセンスを持ち合わせており、今後の更なる成長が期待される。
3列目だが得点も今後は積極的に狙っていくべきだろう。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2013戦力分析】サガン鳥栖・横浜F・マリノス | Home | 【2013戦力分析】清水エスパルス・川崎フロンターレ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する