【2013戦力分析】サガン鳥栖・横浜F・マリノス

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

7回目の今日は間違いなく水沼さんが応援しているだろうクラブですw


サガン鳥栖

・補強
IN
DF:金正也、金井貢史、岸田翔平、坂井達弥
MF:ジョナサン、末吉隼也、清武巧輝
FW:ディエゴ、ロニ、平秀斗、

OUT
DF:黒木恭平、 キム・クナン、守田創
MF:岡本知剛、犬塚友輔、黒木晃平
FW:トジン

豊田や藤田が残留したのが最大の補強と言っても過言ではない。
主力で抜けたのはキム・クナンと岡本。
CBにはG大阪から金正也、ボランチには末吉を獲得。
金の方はまだ経験が少ないので未知数だが末吉は福岡で実績を積んでいるので計算できる。
その他、助っ人外国人としてジョナサン、ディエゴ、ロニを補強。



・予想フォーメーション
tosu-formation.jpg      

最終ライン
クナンの穴は少なくなく、新加入の金正也やベテランの小林で埋めるしかない。
金井をどのポジションで起用するかは分からないがCB、SBどのポジジョンでも起用できるのは大きい。

中盤
岡本のポジションには高橋が濃厚だが末吉やジョナサンらも控えている。
両サイドは不動だが野田も十分力のある選手。
新卒の清武にも十分期待したい。


前線
ロニやディエゴが未知数であるが豊田が外れることはまずない。


昨年は魂のハードワーク(解説の水沼氏より)で昇格チームながら5位の大躍進。
今年は各チームのマークや研究にあうことが予想され、厳しいシーズンになるはず。
資金的に余裕のあるクラブではないので昨季のベースを継続するだろうがそれがどう転ぶか。
変に変える必要はないが勝てなくなった時や悪い状態になったときの対応が今年の焦点になりそう。


・注目選手
豊田陽平
昨季は得点ランキング2位。
フィジカルを活かしたポズトワークから前線のプレスと貢献度は絶大。
厳しいマークも予想されるが2年連続結果を残せば代表への道も開ける。

藤田直之
正確なキックで攻撃をつかさどる鳥栖の司令塔。
ロングスローも鳥栖の大きな武器でスローイングからたくさんの決定機をつくる。
鳥栖のキャプテンでもあり、チームの中心的支柱。





【横F・マリノス
・補強
IN
DF:ジョン・ドンホ、ファビオ、田代真一、奈良輪雄太
MF:喜田拓也、佐藤優平
FW:端戸仁、藤田祥史

OUT
DF:青山直晃、金井貢史、那須大亮
MF:谷口博之、狩野健太、森谷賢太郎、松本翔、松本怜
FW:大黒将志、小野裕二

計算できるバックアッパーと貴重な若手をことごとく放出した。
レンタルもいるがほとんどは完全移籍での流出。
逆に入ってきたのはJ2やJFLからの加入と新卒組。
ベテランが多いチームだけに怪我人が出た場合は厳しくなるか。


・予想フォーメーション
Fmarinosu-formation.jpg         

最終ライン
レギュラーは不動だがバックアッパーはかなり未知数。
ナビスコなどで起用しながら経験値をはやくあげたい。

中盤
ボランチは富澤、中町、小椋と層が厚い、アンドリューも期待の若手で楽しみな選手。
大卒の佐藤も評価の高い選手ということを耳にしている。
2列目は兵藤、俊輔、齋藤が濃厚だが代役になれそうな選手が端戸以外いない。


前線
マルキーニョスと藤田で回していくことになるだろう。
2列目の層が薄そうなので2トップで端戸や齋藤と組ませる考えも良いかもしれない。

主力に長期離脱がなければ安定した守備と俊輔やマルキーニョスなどのタレント力で
上位を狙えそうだがやはり怖いのは主力の離脱。
特に攻撃で良いアクセントであった小野が抜けたのは非常に大きい。
財政難も深刻であり、夏も大きな補強を望めないのが余計に厳しいシーズンとなるものを予感させる。


・注目選手
富澤清太郎
加入1年目ながらボランチに定着し、クラブになくてはならない選手まで評価をあげた。
ボランチが本職になるが緊急事態はCBでも起用され、今年もその可能性はある。
30歳を超えてベテランの域だが今後も成長が楽しみな選手。

端戸仁
レンタル先の北九州で経験を積み、帰ってきた選手。
左足からのシュートだけではなく、ボールキープやチャンスメイクも出来る。
まずは控えからのスタートが予想されるがチーム事情ゆえ、十分出場の機会はある。
「小野が抜けても端戸がいた」と言わせるようなシーズンとなることを期待したい。

ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2013戦力分析】浦和レッズ・ベガルタ仙台・サンフレッチェ広島 | Home | 【2013戦力分析】名古屋グランパス・柏レイソル

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する