【2013戦力分析】ヴァンフォーレ甲府

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

最後は我が愛するヴァンフォーレ甲府です。


ヴァンフォレー甲府

・補強
IN
GK:河田晃兵、岡西祐
DF:青山直晃、土屋征夫、本多勇喜
MF:羽生直剛、水野晃樹、金子昌広、新井涼平
FW:平本一樹、ウーゴ、レニー 、河本明人、橋爪勇樹

OUT
GK:木下正貴
DF:富田大介
MF:永里源気、畑田真輝、フェルナンジーニョ
FW:ダヴィ、レナト、高崎寛之、片桐淳至、青木考太 、藤牧祥吾、重松健太郎

チーム事情もあってダヴィやフェルナンジーニョを筆頭に大きな入れ替わりがあった。
特に前線は羽生や水野といったJ1で実績のある選手を獲得したとはいえ、ほとんど総入れ替えの状態。
逆に守備はこれまでのベースに土屋、青山、新井とさらに戦力を上澄みさせた。


・予想フォーメーション
kofu-formation2013.jpg       

最終ライン
両SBは佐々木と福田だが控えは本職がおらず、コンバートやユーティリティのある選手で補う。
CBは昨年の盛田、津田、ドウグラスに加えて青山、土屋と実力者が加入したことでレギュラー争いは相当厳しい。
誰が出てもおかしくはなく、連携や二人の相性などでメンバー選定が行われそう。


中盤
ボランチは山本と井澤がレギュラー争いを一歩リードしている。
控えには期待の大型ボランチ、新井と百戦錬磨の伊東が控える。
2列目は柏、羽生、水野が濃厚だが新卒の河本、金子、橋爪や若手の堀米らがキャンプで猛アピールをしており
前者の3人の状態によっては序盤から出場機会が掴んでもおかしくはない。
FWの平本も左サイドで起用は可能。

前線
新外国人のウーゴが一番手の候補。
フィジカルを活かしたポズトプレーが特徴で守備もしっかりこなす。
控えには平本やタイプは異なるが1トップでも起用可能な金子や河本もいる。

昨年はダヴィというストライカーから逆算してチームを作り上げたが今年はそのFWを失い
新たにチームを作り上げることになった。
ただ、城福監督の理想としたサッカーに昨年より近づくのは間違いなく、前線の選手の特徴もより活きるだろう。
守備の部分は昨年からの継続があり、J2との違いがあるとはいえ、一定の計算が出来る。
CBのスピード不足はあるが前線と中盤の組織的なプレスとGK荻の守備範囲の広さでカバーする。
(昨年は被スルーパスがJ2で最小)
ダヴィが抜けたことによって周囲の評価は低いがそれをモチベーションに変えてしまうのが城福監督である。
とはいえ、当面の目標は残留であることは言うまでもない。


・注目選手
柏好文
地元出身のアタッカーで今季から副キャプテンを担う。オフには名古屋から獲得の話も合った。
スタミナはチームトップであらゆる局面に顔をだし、自慢のドリブルでチャンスをつくる。
守備への意識も高く、インターセプトからカウンターの起点にもなる。
課題はクロスの精度と得点力。

河本明人
新人ながら3年契約とフロントからの期待も厚い。
キャンプでは7戦で7得点と高い決定力を見せつけた。
スピードにのったドリブルも持ち味で、攻撃で違いを作れる選手。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事
【2013J1第1節:仙台戦 前日情報】新人金子が大抜擢!? | Home | 【2013戦力分析】浦和レッズ・ベガルタ仙台・サンフレッチェ広島

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する