【toto予想 :610回】開幕戦のキャリーで早くも高額当選のチャンス!!

いきなり開幕でキャリーが発生し、早くも高額当選のチャンスです。

今年も全く予想のつかないシーズンになりそうで、toto予想のほうも苦慮しています

ただ、まだまだどのチームも作っている段階なのでドローは多くなる傾向にあるかと・・・ 


610回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1新潟221959広島1


2鹿島522622仙台1


3F東京292150
02
4甲府302446C大阪1


5清水332740横浜M
02
6湘南302248鳥栖
02
7川崎701519大分1


8磐田611920大宮1


9浦和601921名古屋1


10群馬282547鳥取
02
11岡山512524北九州1


12水戸582022富山10

13愛媛582121松本10

totoX削減 賞金200万以上 引分2~5 計64口
2013年通算成績:11/13 平均:11/13=的中率85%
J1的中率:7/9=78% J2的中率:4/4=100%





【1 新潟vs広島】 
新潟は開幕戦C大阪に敗れたものの内容は圧倒、選手個々の動きもよく、チームも非常に組織的だった
対して昨季の王者・広島は弟分でもある浦和に敗れ、ACLから2連敗
投票率は広島が優位だが 新潟の前からのプレスに広島は手を焼くはず
しかも魔のビックスワン&魔の1枠、経験則から波乱の可能性は高いと踏んだ


【2 鹿島vs仙台】 
両チームとも開幕戦はドロー、鹿島はまずまずの内容だったが仙台はほとんど良い所がなかった
この試合においてまず言及しなければいけないのは仙台の怪我人の多さ
開幕戦から富田も欠場濃厚になり後ろの選手たちが揃って怪我している状況で厳しい台所の状況
ダヴィはまだまだフィットしていないが大迫を中心とした攻撃に耐えられるかという懸念は持たざるを得ない


【3 F東京vs柏】 0・2 
どちらも開幕戦を勝利しており、良いスタートを切れたという印象
豊富な戦力を揃え、攻撃に魅力をもつ両チームだけに好ゲームが期待される
ただ、柏は鈴木を加えた守備も昨季から良くなっており、隙のないチームになっていいる
スペシャルな選手をそろえているのも加えて柏の方が有利とみるがドローは念のため押さえる


【4 甲府vsC大阪】 
開幕戦は内容は良かったが結果はドローで終わった甲府に対してC大阪は内容が悪かったものの結果は勝利
前からプレスをかけ、早い攻撃を仕掛けるスタイルはC大阪が開幕で圧倒された新潟と似ている部分は多い
セレッソが1週間で修正できなければ甲府が優位と見る
報道によると扇原や椋原など選手を少し入れかえ、3ボランチのシステムをとるようだが急造システムで
甲府の組織的な守備を打開できるか?やや願望も入っているが甲府のシングル勝負



【5 清水vs横浜M】 0・2
清水はバレーを上手く活かすことが出来ていないが石毛が結果を出したことはポジティブな材料
横浜Mも湘南に対して一時はリードを許し、敗れる可能性もあったが藤田と斎藤でひっくり返した
どちらも守りには一定の計算ができ、堅い試合になると予想されるが横浜Mの方が点取れる要素は多い


【6 湘南vs鳥栖】 0・2
ザ・走る両チーム、どちらもハードワークが特徴だが湘南は攻撃にその色が鳥栖は守備に出る
点の取り合いになったら湘南だがロースコアになったら鳥栖が有利
特に高さで鳥栖は絶対的有利になる可能性が高い
予想はドローも押さえているが鳥栖が有利とみる


【7 川崎vs大分】 
守備のもろさを見せた川崎だが攻撃はあまり悲観する内容ではなかった、あとは憲剛が復帰すればさらに良くなるはず
対する大分は先制点をとるも、ミスもありひっくり返されJ1の底力をいきなり見る羽目に
戦力的にもホームの利なども考えて川崎の予想で間違いはないだろう


【8 浦和vs名古屋】 
良い内容で広島を破り、一気に自信を強めそうなレッズ、ホームの大声援を受け2連勝といきたい
名古屋は3バックを今期から模索しているが、要である闘利王が怪我で離脱してしまった
現状ではレッズ以外の選択肢はあまり考えられないかな


【9 磐田vs大宮】 1 
磐田、大宮ともに開幕戦はドロー、特に大宮は2-0という展開までいったので悔いは残る
磐田は今年から3バックに変更し、試行錯誤を繰り返している段階なのでチームの完成度としては大宮に分がある
ほこ×たてとして注目される一戦なので何が起こるか分からない雰囲気があり、予想は難しいw
ただ、その注目される前田が過去・大宮戦で5得点と相性が良いというデータがある
もう、これを信じるしかない!!(テキトーw)

【10 群馬vs鳥取】
 0・2
群馬は新戦力の青木が得点したことはポジティブなものだったが、後半ロスタイムに失点し勝ち点2を取りこぼした
鳥取は小村監督の結果にこだわる采配が見られ、逆転に成功し、開幕白星でスタートを切れたことは大きい
チーム力的に信頼出来るチームではないカードので予想は難しい
願望含め鳥取は今年期待しているチームなので鳥取の予想


【11 岡山vs北九州】 
岡山は初参入の長崎に先制を許し、後半ロスタイムにようやく得点すると言う展開で結果はドロー
北九州はホームで富山に1-2で敗れ、まだまだチームとしては改選すべき点が多い
戦力、チームとしての完成度、ホームの後押し、相性それをとっても岡山の方が上


【12 水戸vs富山】 1・0 
水戸は富山とのホーム戦で過去4戦3勝1分と負けなし
さらに富山はトップの木本が出場停止で黒部も怪我で離脱と前線に不安がある
ドローは一応押さえるが水戸が本命


【13 愛媛vs松本】 1・0 
どちらもハードワークを武器に守備を重視しながら少ないチャンスを狙うスタイルを掲げる
こういう対戦はドローがよく起こるが流石にドローシングルはあれなのでダブルでいく
どちらを押さえるかという問題だが決め手があまりなく迷うのが正直なところ
安易だがとりあえずホームを押さえることにした


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 第2節C大阪戦 前日情報】仙台戦で掴んだ自信を結果に!! | Home | 今宵はレイニーブルーでも歌って彼の再スタートを祈ろう・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する