【2013 第2節C大阪戦 前日情報】仙台戦で掴んだ自信を結果に!!

【甲府予想スタメン】
2013_kofu-Cosaka-zen.jpg

CBの青山は怪我のようだが体調不良から盛田が復帰したので問題はない。
盛田が復帰したことでビルドアップの安定は確実に増すだろう、その他は仙台戦と同じ。


【C大阪予想スタメン】
2013_kofu-Cosaka-zen02.jpg 
新潟戦から選手、システムともに変更がありそう

まず、システムは3ボランチ3トップの4-3-3
選手の方は前節、柿谷のゴールを演出した扇原がアンカーに入り、18歳の南野に変わって杉本が先発予定。

このシステムを試合を観てないので確かなことは分からないが
扇原をアンカーにするということはビルドアップの強化は1つ重きにおいているだろう。
新潟戦では相手のハイプレッシャーに、なかなか苦労して前線まで運べなかった。

前線に杉本を入れたのも、最悪ロングボールでも前線で収めて欲しいという期待が伺える。

後ろのつなぎがよくなれば攻撃に持ち味がある両SBが上がる時間を作れる。

重心はやや後ろに下がるかもしれないが組み立てを安定させれば主導権を握って自分たちのゲームが出来る
という意図での変更だと思います。


【扇原と縦パスを潰せ!!】
おそらくC大阪のビルドアップは両CBが開いて扇原がそこに落ちてきてボールを受けて組立ての始点となる。
CB二人はそれほど足元が上手い選手ではないので2トップのどちらかは必ず扇原にプレッシャーを掛けたい。

で、C大阪と新潟の試合で感じたことはC大阪の選手は足元で受けることが非常に多いこと。
縦の楔が入った瞬間に攻撃のスイッチが入るがそれが入らないと攻撃は停滞する。
新潟は前線から早いプレッシャーとシンプルに攻める攻撃でC大阪を押し込んだ。

甲府も同じように前線からハイプレスを掛けれるし、左右に揺さぶられても機動力とスタミナが豊富な2列目が
スライドして対応できるのでボールをもってくれるチームのほうが却ってやりやすい。

仙台戦を観ると守り方もまず縦パスを入れさせないポジショニングとプレスの仕方なので今の甲府にとっては
これらはそれほど難しくないタスクだと思う。

ただ、個々のクオリティは高いので少しのスペースや隙を与えると1点を取る力はあるのでそこは気をつけていきたい。

南野に代わって入る杉本と新外国人のエジノは強さと高さで勝負するような選手なのでそういった選手がサイドに
流れた場合、松橋や福田ではミスマッチになる可能性がある。

出どころを潰すことが一番大事だがそれでも何回かは上手く回されることもある。
その時に福田と杉本のマッチは分が悪くなるのは間違いないのでここは佐々木が積極的に右サイドのフォローを
することが重要。身長差は10センチあるが佐々木であれば互角の勝負が出来るはず。

まあ、決して守備に重きを置くようなチームではないので得点のチャンスはある。
セットプレー含め1失点で抑えれば勝ち点0で終わることはない・・・・・・(という願望w)



koufu-GIANT-KILLING.jpg
(サンニチより 粋な広告だすね~、ちょっと手を加えてご紹介)

勝ち点3という結果を手にプロヴィンチアの挑戦をJ1に示せ!!


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第2節:C大阪戦】お客様ではなく、同じ土俵で戦える喜びと厳しさ | Home | 【toto予想 :610回】開幕戦のキャリーで早くも高額当選のチャンス!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する