【2013 J1第2節:C大阪戦】お客様ではなく、同じ土俵で戦える喜びと厳しさ

試合開始前、セッレソサポからのお帰りコールに乗せられ良い気分になり、25℃という暖かさも手伝って
J1に戻ってきたんだという感傷に浸っていたらいつの間にか失点していたw

冗談はさておき
選手や監督がどれほど予想していたかは分からないがこの入り方は予想外というか面を食らった感じ

最終ラインが押し込まれ、つなぐことも出来ず、セカンドも拾えない

なんとかつなごうとしてたが相手DFラインの裏に蹴るようなロングボールで1度ラインをあげて
セットし直す判断はなかったのかな?っていうのは率直に思う

とはいえ、何回もチャンスの起点になった杉本には負けた敵チームながら賞賛を送りたい

試合開始直後の扇原のシュート、柿谷の得点、山口の得点

いずれも起点になったのは杉本であり、甲府の守備陣はそこをつぶせなかった

同じチームでは柿谷が期待の若手ストライカーでは大迫が注目されることが多いが
杉本も間違いなく今後、日本を代表するストライカーとしてフューチャーされるはずだ


あと、杉本の活躍以上に驚いたのはセレッソが甲府をしっかり研究してきたこと

若い選手を積極的に起用し、攻撃に重きを置き自分の信念を貫く監督だと思っていたが
以外にも上記に書いたように

積極的にプレスをかけてきたり・・・
攻撃では甲府のプレッシャーを警戒してそれを外すロングボールを多用していたりと・・・

インタビューでもそう言っていたのでリスペクトかどうかは分からないが

甲府の対策をしてきたんだなと・・・・
お客様ではないんだと・・・
J1で同じ土俵に立てているんだと・・・
しかし、それは同時に甲府もそれを越えるプレーを出していかないという厳しさもあるということ

ファイナルサードの精度、強さ、迫力と言う課題はこの先も続くであろうし、それ以外にも課題はたくさんあるだろうが
改めてJ1という舞台で戦えること、その戦いが決して簡単なものではないことを監督、選手、サポーターが実感したはずだ





2013_kofu-Cosaka.jpg 

【個人寸評】
荻・・・5.5
大きなミスはあまりなかったがキックの精度はもう少し改善したい

福田・・・5.0
柏と動きがかぶるときも多く守備では対応が遅れることも、セットプレーのキック精度も良くなかった

盛田・・・5.5
高さや左足のフィードは良かったが個のある選手たちにギリギリで対応することが多かった

土屋・・・5.5
足元に入る楔はつぶせていたが杉本のポストは一人では厳しかった

松橋・・・5.0
玉際や体を張った守備はいいがパスミスが多い、クロスは1本良いのがあったが・・・

佐々木・・・5.0
アシストは良かったが杉本に突破を許し、南野のシュートもブロックできず失点に関与 
臣や輝さんのような危険察知能力もなく、本職ではないところが出てしまった

井澤・・・5.0
シュートまでは良いが肝心のシュートが・・・、守備ももっとプレスバックするなり挟み込まないとダメ

柏・・・5.5
得点のクロスは持ち味が良く出ていたが福田との連携が良くなかった

羽生・・・6.0
動き出しはもちろんプレスを外せるキープ力と技術はやはり高い

金子・・・6.0
積極的な姿勢が○、普通に出来ているので遠慮せずもっとボールを呼び込んで良い

ウーゴ・・・6.5
タイプは異なるがダヴィの存在を忘れさせてくれる活躍、欲を言えば裏の動きが欲しい

河本・・・5.5
裏で起点になる動きは良かったがそこからの展開がまだまだ

平本・・・-
ウーゴを残したほうが良かったのでは?

新井・・・-
甲府デビューだったが時間もなく試合には入れていなかった

城福監督・・・5.0
仙台戦とは逆の入り方になり、ロングボールからのプレスに手を焼いた
縦の楔はよくケア出来ていたが時間が進むにつれ、長いボールが収まったときのプレスバックも遅れた
ただ、こちらの時間帯もありチャンスもあったのでそこは自身を持っていい


※無敗記録と言う幻影を払拭できて良かったとポジティブに捉えよう、負けることはやはり悔しい><



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:610回】今年も波乱続出!!開幕から連続キャリー発生 | Home | 【2013 第2節C大阪戦 前日情報】仙台戦で掴んだ自信を結果に!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する