【toto予想 :613回】波乱続出の2013年、最初に高額当選するのは誰だ!?

4連続キャリーでその額はなんと3億を越しました ゚(∀) ゚ エッ?

必死にお金を回そうと奮闘している安部総理さんもびっくりな停滞ぶりですw

J1勢は中2日ですが水曜日の試合で各チームのナビスコへのアプローチや選手構成も掴めたと思います

J2は今年も混戦の模様でまだまだ安定した試合をしてるところは少ないですが序列は徐々に見えてきました

そろそろ波乱も収束するはずでたまりに溜まったキャリーが吐き出されるはず

今度こそ、買い時!!今買わなきゃいつ買うの? 


613回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田532621清水1


2大分212356C大阪10

3湘南313138大宮1


4鹿島631917F東京1


5鳥栖362836名古屋1


6甲府151867横浜M1


7松本691813長崎10

8富山151768京都

2
9鳥取452827栃木
02
10北九州292843山形1
2
11岐阜222653徳島

2
12横浜C592616岡山
02
13G大阪602218千葉
02

計64口
2013年通算成績:28/52 平均:7.0/13=的中率54%
J1的中率:14/33=42% J2的中率:14/19=74%






【1 磐田vs清水】 
ナビスコの静岡ダービー
磐田は代表3人が抜けてるのは痛いが前節は大宮に2-0で勝利しており、良い状態で望めるだろう
対して清水はリーグ戦や前節のナビスコでも攻撃の形があまり見られず、バレーなどの攻撃陣が停滞気味
守備も毎試合失点しており、ここは磐田よりの予想になるのが普通かと・・・


【2 大分vsC大阪】 1・0  
前節大分は何人かの選手を休ませながら新潟と1-1のドロー、今節は森島らを起用し勝利を目指してくるはず
C大阪は藤本が負傷しており、CBの層が薄い中でさらに厳しい状態になっている
投票率ではC大阪が優位だがこれをおいしいと思ってしまうのがトトラーなのだ


【3 湘南vs大宮】 1 
湘南はハンクギョン、大宮はズラタン、ノヴァコビッチが代表で不在
湘南は胸スポが決まり、この試合に名前が入るか分からないがいまだ未勝利な事と合わせて勝利したいところ
PSMでは4-0で負けてはいるがリーグ戦を闘いながら自身を掴めて来ているのであまり影響はないだろう
攻撃は毎試合得点しており計算は出来るはず、守備も相手のエースがいない、などを考えて十分湘南に勝機はある


【5 鹿島vsF東京】    
鹿島は水曜日の試合が休みだったのでコンディション的には優位
さらにF東京は代表で権田、高橋、チャンが不在と控え選手を起用しながら前節は鳥栖にスコアレスドロー
状況的には鹿島の方が圧倒的に優位でホームの利も含めて予想の方向性は決まってくるはず

【5 鳥栖vs名古屋】
 
前節は豊田、藤田ら中心選手を休ませF東京とスコアレスを演じた鳥栖
対して名古屋は多くの主力を出場させながら、途中で藤本が負傷するなどもあって中2日で同じメンバーを
起用するとは思えない
投票率はどこも偏っていないがここは自信を持って鳥栖勝利の予想でよかろう


【6 甲府vs横浜M】 
前節は主力を多く入れ替えながら苦手な清水と1-1のドロー
良い内容の試合をしながら勝利が奪えていない状況だけにこの試合は勝利を狙ってくるはず
清水戦で途中交代した土屋の状態は不明で新外国人オルティゴサはさすがに出場しないと思われる
横浜Mは唯一公式戦4連勝を達成しており好調だが、得点減のマルキーニョスが出場停止
中村や中澤、ドゥトラなど30後半の選手が中2日でアウェイの試合に出るかはかなり懸念があるだろう
ここは客観的に観ても甲府よりの予想は波乱狙いとは言えない


【7 松本vs長崎】 1・0 
まずまずのスタートを切った松本はホームに長崎を迎える
アウェイでは2勝1分と結果は出ているのでホームでも勝ち点3をとり、多くのサポーターと喜び合いたい
長崎は前節富山に勝利しJ初勝利となったが中3日で長距離移動
しかもアウェイ感をかなり感じる松本との対戦は厳しい戦いになると予想される


【8 富山vs京都】 
前節長崎に初勝利を献上した富山は神戸を4-1と破り勢いにのってるであろう京都との対戦
過去2年間の師弟対決は富山の1勝3分と弟子に軍配が上がっているがそろそろ師匠の意地がみたいところではある
さらに4試合で9得点と攻撃陣も好調で戦力差も考えて順当に京都が勝利する可能性は高いと思われる


【9 鳥取vs栃木】 0・2 
昨季は残留争いに巻き込まれた鳥取だが現時点で勝ち点8の3位につけている
栃木は今期こそ昇格を狙っているはずだが現時点で17位とスタートダッシュは失敗
過去の2年の対戦成績は栃木が8得点1失点の3勝1敗と相性の良さを見せている
ただ鳥取も非常に好調でホームを迎えることは考慮したい 予想は0・2


【10 北九州vs山形】 1・2
北九州は前節東京V1-1のドロー、山形は栃木に2-1で勝利
山形はアウェイで2連敗スタートで心配されたがホーム2連戦できっちり連勝して最悪のスタートを回避
昨季始めて対戦となったが2試合とも1-0で山形が勝利
戦力的にみても山形が優位であろうが中3日で山形から北九州の長距離移動は厳しいはず
逆にホーム2連戦で戦える北九州は優位 予想としては両天秤の1・2


【11 岐阜vs徳島】 
4戦連続得点がない岐阜はドロー2つあるものの最下位は必然か
対する徳島は前節福岡に2-1で勝利し、今季初勝利を飾った
過去の対戦成績は5勝2分5敗と互角だがここ2年は徳島が3勝1分と相性の良さを見せてる


【12 横浜Cvs岡山】 0・2 
強力な前線を揃える横浜FCは2戦連続無得点とやや消化不良なゲームが続いている
対して岡山も4戦連続ドローとこちらも不満の残るゲームが続いている
投票率が横浜FCに偏っているのが謎でこれはある意味予想しやすくなるデータw
そろそろ岡山が勝利するだろうってことで岡山よりの予想


【13 G大阪vs千葉】 0・2 
注目の一戦
前節でもそうだったようにガンバは相変わらず守備がぴりっとしない
千葉は守備の安定感は抜群だが前線が入れ替わったのもあってまだ安定した戦いは出来ていない
遠藤、今野らが不在している影響も含めてガンバ外しは投票率的にもおいしい予想になるはず


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
なんかパラグアイから凄いの来ちゃった? | Home | 【toto予想 結果:612回】4連続キャリーで繰越金は3億を越す!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する