【2013 ナビスコカップ第2節:横浜M戦 】これが真のJ1の強さか・・・

 完敗すぎて悔しいね

これまでの戦った相手は同じJ1のチームだったのかと疑うほどに・・・・

とりあえず振り返りましょう


【最大値を出させない攻防】
この日は柏を温存し、堀米が初先発
水曜日に出ていなかったまたは出場時間の少なかった羽生、金子、井澤を中盤で起用

もちろん今は選手の組み合わせやコンディションを考慮して勝利が決して重要な試合ではないが
このチョイスは明らかに甲府にとって悪手だった

マリノスの強みはこの試合でも明らかだったように連動したプレスとボール奪取にかけた選手の多さ
パスの出し手にもプレッシャーをしっかりかけ、待ち構えたところにボールを出させてしっかりそれを奪い取る
甲府をどれだけ分析してきたかは分からないがセレッソ戦の様に前からプレッシャーをかけてくるチームに甲府は弱い

中盤で細かくつなぐのは甲府の1つの長所だが後ろからの配給が滞ると一気に良さが出なくなる

ただ、受け手の方も中澤、ファビオ、富澤にボールをキープする時間も与えられずことどとく奪われた

金子がなんとかスペースにでてボールを受けるもフィジカルで負けてしまい
ウーゴも疲れがあるのか自分のプレーを出来ずにイライラして起点になれなかったことも少なからず影響した

マリノスは自分たちの土俵で最大値が出せるところに相手から来てくれているのでこれ以上楽な事はなかったはず

その中核を担っていたのが中町と富澤のボランチ

最終ラインが安定しており、バイタルで甲府の選手をマークする必要がなかったため
この二人がどんどん自分のエリアから前に出てプレッシャーをかけてきた

シンプルな事だけど恐ろしく高いレベルで隙を作らずに実行するこの二人は素晴らしかった


さらにこの二人の献身的なプレーは俊輔を自由にプレーさせる要因にもなっていた

ボールを高い位置で奪えるので俊輔はほとんどトップ下という位置にこだわらず
自由にポジショニングして攻撃に専念できた

このことが俊輔をつかまえ切れなかった要因にもなっており、甲府が注意しなければいけないことであった

ただ、これは1つの戦術の要素であって俊輔を抑えようとしてもおそらく抑え切れなかったはず

俊輔を抑えるには、中町と富澤を後ろに前に出させないようにしなければいけないし、この二人を自陣に残すには
前線が裏をとって相手を押し込まなければいけない

全ての選手が戦術のもとオートマチックに動き、組織的にプレーし攻守にハードワークしなければ出来ないサッカーで
あれに太刀打ちできるすべは怪我人の多さも含め、そんな引き出しは甲府にはなかったかもしれないが
自分達の最大値が出させなくても相手の最大値を出させない何かしらの策が必要だったのは否めない

誰かが出ていなかった、惜しいチャンスを外したそういうレベルでなかったことは間違いない





2013_cup_kofu-yokohamaM2.jpg

【個人寸評】

河田・・・5.0
フィードの良さを出せる試合だったのに判断を間違える場面があり残念だった
やや守備範囲の狭さが気になる

福田・・・5.0
斎藤にあっさりクロスをあげられ1失点目の要因に、2失点目は中町のマークが甘くなり競り負ける
個人技に優れる選手への対応も今後の課題だ

盛田・・・5.0
つなぐところと蹴るところの判断が遅く、取られたら危ないシーンが目立った

津田・・・5.0
藤田への起点は押さえられたと思うがセットプレーで中澤へのマークが甘かった

松橋・・・5.0
厳しいプレッシャーに技術のなさが目立った
1失点目のシーンも兵藤をフリーにさせてしまった

佐々木・・・5.0
相手のボランチの圧力に押されセカンドもなかなか拾えなかった

井澤・・・5.0
フィジカルの弱さを露呈した

堀米・・・5.0
羽生へ一本惜しいパスがあったがそれ以外ではほとんどいいところ出せず

羽生・・・5.5
劣勢になりボールもなかなか出せず

金子・・・5.0
今までの相手はファールをしてくれたがこの日はファールも取れずにボールを奪われた

ウーゴ・・・5.0
ボールがなかなか回ってこず、イライラする場面も
中澤、ファビオに起点を作らせてもらえなかった

柏・・・5.5
柏が入ったことで多少、動きが出たがそれもすぐに終わってしまった
シュートを2本ほど打ったがどちらも威力がなかった

河本・・・6.0
今日唯一ポジティブな評価を与えられると言っていいかもしれない
金子より足腰の強さがあり、なんとか起点になろうと奮闘していた

平本・・・5.5
チームが劣勢でなかなか良い位置でボールはもてなかったがチャンスを作る場面も

城福監督・・・5.0
怪我人が出ていることも踏まえ選手を入れ替え、組み合わせを見極めている段階なので
采配が限られるのは致し方ないが流石にこれだけの完敗は責任がないとは言えない
大きくを変える必要はないがある程度、J1レベルのものさしが出来たのではないだろうか?
これくらいのチームに勝利して初めて”プロヴィンチアの象徴”と言うテーマに近づく


※ナビスコなのにあんなにサポが来るとは・・・・ピッチ内外で良い教えを貰ったね
ショックは大きいがこの敗戦を糧に、一歩ずつ進むべし!!良い目標が出来た


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府

ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 





関連記事
【toto予想 結果:613回】J2を制すものがtotoを制す・・・なんてことはなかった | Home | なんかパラグアイから凄いの来ちゃった?

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する