【2013 J1第5節:大分戦 前日情報】死闘の予感

【予想スタメン】
2013zen_oita-kofu.jpg

甲府
前節から盛田に変わり怪我から復帰した土屋が先発
同じく怪我から復帰したキャプテンの山本が先発、その他は前節と同様

大分
深谷はベンチ入りまで復帰したが森島、チェ・ジョンハン、為田が怪我で不在
新外国人マンシャが2試合連続のスタメン


【サイドの攻防が大事だが・・・・】
柏戦の大分を観させてもらったが後半は柏以上に決定機を作り、試合をコントロールしていた
そのことだけでも脅威に感じるし、この試合には是が非でも勝利を目指してくるはず


大分の攻撃の大半はロングボールからの流れでサイドを攻略し、クロスから得点機会を見出す

森島が怪我で不在なのは甲府にとってありがいたことだがその代わりに高松が好調で
特に競り合いの強さは得点減としてだけでなく起点になる上でも重要な存在になっている

甲府としてはシステム的にサイドでは数的有利の状態ではあるが
ロングボールのこぼれ球やスローインの流れからでもどんどんクロスを上げてくるので油断できない

クロスからの失点が多いことはおそらくデータとして大分にも分析されているであろうから余計に気をつけなければいけない

ただ、こちらが主導権を握り押し込めればサイドは数的有利な状況を生かしてSBも上がりやすい状態になるはず

その為には数的不利になっている中央のエリアでどれだけ支配できるか

特に大分は最終ラインの組立てが決して上手いとは言えずロングボールが多い
こぼれ球をどれだけ回収できるかも、重要なファクターになる

そういった意味で山本の復帰は大きい
佐々木とのコンビは初めてだが中央ブロックの安定感はこれ以上に増すだろう



その他、言及したいのが大分の新外国人、ロドリゴ・マンシャだ
 
攻撃的な選手ではないが
フィジカルが強く、スタミナも豊富でプレー範囲が広い
テクニックもしっかりしており、1試合しか観ていないがいい補強をしたなという印象

この選手がアンカーに入ったことで後ろが安定し、サイドや前目の中盤の選手がより前線に絡みやすくなった

ただ、システム的にも選手のプレー的にも行動範囲が広く、時々バイタルが空くこともある

甲府のシステムはトップ下のエリアを空け、サイドやFWが自由に出入りするメカニズムになっているが
攻守においてこのエリアで主導権が握れるよう意識的に人数を掛けるのもありかもしれない


サイドの攻防が間違いなくこの試合の鍵だがそのチャレンジをどれだけ増やせるかは
やはり組立てや前線からのプレス、こぼれ球への反応といった基本的なところでの差になるはず

実力的にもおそらく近いチーム同士で死闘になることは容易に想像できる


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第5節:大分戦】全員で勝ち取った今季初勝利!! | Home | 【toto予想 :616回】キャリーもなくなり仕切りなおしといこうか

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する