【2013 J1第7節:鹿島戦 前日情報】ダヴィとの再会

【予想スタメン】
2013_kashima-kofu_zen.jpg

甲府
前節に引き続き同じイレブン

鹿島
大迫が先発復帰し、本山はベンチから
サイドはジュニーニョと野沢が濃厚
ボランチと最終ラインはほぼ不動で左SBのみ前野か中田どちらかの選択になると思われる


【強力な前線を揃えるが守備には付け入る隙あり!】
ダヴィ、大迫の2トップに加え、中盤のジュニーニョと野沢
さらにボランチから柴崎、サイドから西らがあがってくるなど攻撃面は非常に強烈

特に甲府側から考えれば昨年昇格の原動力になったダヴィの怖さは鹿島の選手達よりも知っているつもり

強引なドリブル突破やゴール前の嗅覚、前線からのプレスも欠かさず、ハングリーにゴールを奪う姿勢

その中でも甲府の選手や城副監督はこぼれ球への反応を最も警戒している

フィジカルを生かしたドリブル突破や前線からのプレスはある程度、対策できるが
何故かゴール前でダヴィの足元に転がってくるあの嗅覚は防ぎようもないところがある

ハイラインのコンパクトネスはこの試合に限ったことではないがいつも以上に徹底していきたい

とはいえ、90分間の中でも流れによってはゴール前に張り付いて守備をせざるを得ない状況も出てくるだろう

柏戦では土屋、青山を中心として跳ね返し続けたがその収穫はこの試合にもしっかりみせてもらいたい


強力な攻撃に対して守備は大いに付け入る隙があると思っている

野沢、ジュニーニョの中盤はそこまで守備が上手くなく
柴崎、小笠原もボールハントを必ずしも持ち味にしている選手ではない

それはデータでもしっかり出ている

岩政、青木が組む中央のブロックは強固だがそれ以外では甲府も十分やれるんじゃないかとみている

特に野沢はありばいな守備が多く、こちらのサイドはねらい目であろう


鹿島といったら、落ち着いた試合運びや勝負強さが伝統的で
クラブとしての経験の差は比べ物にならないが、こちらが先行すればそうはいってられない

柏戦のようにまずは相手の出鼻を挫いて、自分達のペースで試合を進めたい


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第7節:鹿島戦】河田の活躍もあり、なんとか勝ち点1を持ち帰る | Home | 【toto予想 :620回】投票率=勝つ確率ではない

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する