【2013 J1第7節:鹿島戦】河田の活躍もあり、なんとか勝ち点1を持ち帰る

うーん、河田に助けられた試合でしたね

ダヴィを抑えるというこの試合の大きなテーマの1つはある程度クリア出来たが
柴崎、小笠原を中心とした落ち着いたボールポゼッションに高い位置で奪えなかった

サイドから決定機を何回か作り出せたのはよかったが
中盤でのプレスがあまりかからず、ラインが下げざるを得ない状況になってしまい、終始苦しい試合展開でした

個々のプレーもミスが目立ち、試合内容としてはあまり良いものではなかったです

でも、そんな悪い内容でも勝ち点1をアウェイで取れたことは次につながる試合だったとも言えますので
この結果をポジティブに捉え、次のマリノス戦に向かっていって欲しいです




2013_kashima-kofu2.jpg


【個人寸評】

河田・・・6.5
珍しくフィードはいまいちだったがセービングは非常に安定していて劣勢のチームを救った

福田・・・6.0
前半は何度か崩しの起点になったが後半はあまり上がる回数も少なかった

青山・・・6.5
ダヴィを封じ込めこめるという難しいミッションをこなした

土屋・・・6.5
玉際の強さで強力な前線に極力自由を与えなかった

松橋・・・5.5
後半唯一の決定機を作り出したが守備に回ることが多かった

佐々木・・・5.5
ミスもあったり前節のような攻撃面での仕事は出来ず
守備でも巧みなポゼッションに高い位置で奪えなかった

山本・・6.0
展開はまずまずだったが中央よりによる相手のサイドハーフを捕まえきれなかった

羽生・・・5.0
ミスも多く、精細を欠いた

柏・・・6.0
サイドでの1対1は当たり前のように通用するようになってきたのであとは決定力

ウーゴ・・・5.5
惜しいミドルは1本あったが岩政に競り負けることが多く起点になれなかった

平本・・・6.0
前半は前線からのプレスや縦の推進力で存在感を見せたが後半は消えている時間の方が多かった

オルティゴサ・・・6.0
劣勢の展開の中、一人で打開しようとする姿勢は光るものがあった

水野・・・5.5
守備に回ることが多く、持ち味のクロスを上げる場面は皆無だった

井澤・・・-
出場時間乏しく採点不可

城福監督・・・5.5
最後のところで踏ん張ったが相手のボールポゼッションと中央にポジショニングするサイドの対応に苦労した
あとは、後半になるとボールを運べなくなる展開が多いのでそこも改善したい



※甲府サポの大半は終盤、一昨年の試合が頭によぎったでことでしょうw


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:620回】当選数は僅か2口 | Home | 【2013 J1第7節:鹿島戦 前日情報】ダヴィとの再会

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する