【2013 J1 第9節:磐田戦】相手の良さを消す安定した守備

前節、素晴らしい内容で初勝利し勢いにのる磐田相手にしっかり自分達の試合をして勝利出来たことは非常に自信になる

不安されていたシステム間のミスマッチもしっかりとマークを受け渡しながら
高い集中力とチーム全体の守備意識でほとんど問題になることはなかった

特に相手の3バックにはある程度ボールを持たせてWBやボランチにはしっかりプレスを掛ける
このメリハリがしっかり統一されていたしロングボールを蹴ってきたらCBが跳ね返しつつ
ボランチがこぼれ球を拾うということが徹底出来ていた

終盤のパワープレーと時折、個人技で危ないシーンはあったがそこは河田がセーブで救ってくれた


攻撃では相変わらずシュートが少ないながらも流れから何回か良い崩しで決定機をつくれたので
あとは守備に費やしているエネルギーをどれだけ攻撃にシフトしてその回数を増やせるか

観ている人はやや物足りなさを感じている人もいるかもしれないが監督自身が一番それを感じているはず

ただ、結果が出ているので大きく変える必要はないし、あせる必要もない

現時点でこのチームが一番大事にアプローチしているのは守備

そういうことではしっかり試合にも現れているのでチームは間違いなく良い方向に進んでいるはず






2013_kofu-iwata.jpg


【個人寸評】

河田・・・6.5
河田がセーブしなければいけないシーンはそれほど多くなかったが1度決定的なシーンをセーブで救った

福田・・・6.5
比較的フリーで受けられたこともあるが柏との連携で右サイドの崩しの起点になった

青山・・・6.5
コンディションはよくなかった様だが前田をしっかり押さえ込んだ
失点シーンは相手に振り切られてしまったが全体通してパフォーマンスはよかった

土屋・・・6.5
足元の強さと早い反応でボールをしっかり奪い取って攻撃につなげた

松橋・・・6.0
攻撃ではなかなか貢献できなかったが守備では身体をはって粘り強く対応してたし
駒野に決定的なクロスを送らせなかった

佐々木・・・6.5
バイタルでの守備に加え、カバーリングもよかった

山本・・6.5
攻守において落ち着いてチームをコントロールした

羽生・・・6.0
目立ったプレーは少なかったが起点になることとプレスはしっかりこなした

柏・・・6.5
1点目のPKを誘うドリブルから2点目のPKでも裏へのパスで起点になった

ウーゴ・・・6.5
流れの中からも2回ほど決定的なチャンスはあったが2つのPKはしっかり決めた

平本・・・6.5
ジャッジに関しては言及する立場ではないがゴールに向かう姿勢がPKを誘ったといえる
守備の意識も高かったし、攻守においてよく貢献している

オルティゴサ・・・5.5
点をとることが主な役目とはいえチームが劣勢になっている場合はプレスで後ろを助けなければいけない

水野・・・5.5
身体のキレは感じたがシュートで終われずボールロストしてしまったことが結果的に失点の原因になった

盛田・・・-
出場時間乏しく採点不可

城福監督・・・6.5
チーム全体の高い守備意識と集中力で相手の良さを出させなかった
攻撃はまだまだ物足りないが良い崩しは少ないなりにもあったので増やしていければ


※ホリのゴールはチームの勝利と同じくらいうれしいですね


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:623回】前節とは一点ドロー少なく順当に・・・ | Home | 【2013 J1第9節:磐田戦 前日情報】前節と同じように首位と戦う姿勢で

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する