北朝鮮vs日本 試合直後の雑感

うん、この試合の為に時間を空けてよかった。

TVで見ていただけの1サポーターだがこの歴史的1戦を観戦出来ていい経験になった。

選手やサポーター、取材陣にとっても良い経験になったのではなかろうか。

結果は残念ながら負けてはしまったもののこれはしょうがない。

いろいろ戦術的な話をしてもいいが今日の試合ではそんなもの全く無意味。

何せ相手は生活、いやサッカー人生、ましてはそれこそ国の威信をかけて
命を投げ出す思いでこの試合に臨んでいた。

それはいろんな部分での日本への対応を観る限り明らか。

この試合の前で既に北朝鮮はW杯の出場が不可能になり、もう残すところは
憎き敵の”日本”を倒すことしかなかった。
ただ北朝鮮の選手及び国のモチベーションを上げるのはそれだけで充分だった。

慣れない天然芝や競技場の雰囲気、主力を大幅に入れ替えた事など様々要因は
あると思うが一番はこの試合に懸ける重みだろう。

口で言うのは簡単だが当事者でなければこの重みは理解できないはず。

それは日本の選手にとっても。

だからこそこう思う。

仮に日本がベストのメンバーで戦ってたとしても勝てただろうか?

絶対に勝てたとは到底思えない。

なぜならホームで北朝鮮と戦った事を思い出して欲しい。

試合は日本が優位に進めたが結局ロスタイムにようやく得点を奪い勝利した。

大きく力の差があるわけでもなく、こんなアウェイの中でも非常に特殊な環境下で
100%の力を出せる選手なんて世界中見渡しても少ないだろう。

まして、非常に恵まれた環境下でやっている日本の選手ならば。

見ている側がこれほど異様な雰囲気を感じるのだからいくら選手達が冷静を保てた
として体がそれを受け入れるだろうか?

ザッケローニが言うようにこのチームは若い選手が多い。
さらに言えば日本のサッカーはまだ若い。

それにこの試合日本にとっては只の消化試合。

いろんな選手を起用したり途中でシステムを変えたりと最終予選を見越した
テスト的な部分が大きかった。

ただこれを言い訳にするつもりもない。

そういった大きくマイナスのファクターがあってもそれを大きく凌駕出来るような
チーム力がないのが今の現実。


だが、こういった経験が本当の意味での”経験”になるのではなかろうか。


それは日本と北朝鮮という全く国交がない国同士のレベルで考えても。


TBSの土井アナウンサーが言ったようにそれこそサッカーしかできない事だった。

そう考えれば多少荒れたとはいえ試合がしっかり成立したことは喜ばしい事。


負けたとはいえこの負けを良い反省材料とできるようにするにはこれからが大事。

ザッケローニの不敗神話も崩れた事だし潔く負けを認め、今後に期待したい。


kitachosen-japan.jpg

あっ言い忘れましたけど日本の代表の試合分析やこのような雑感を書くのは
こちらで書きます。あとtoto関係も。

主にミラニスタのガッピルログはACミランをはじめ、セリエA、欧州リーグなどの
事柄を扱っていきたいと思います。


ブログランキング参加中です。応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)mにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
543回 toto予想 | Home | VFKがJFKにオファーを出した理由

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する