【2013 J1第10節:新潟戦】これぞ、川中島の合戦!!

お互いに自分達の良さも出しながら、課題もあり結果はドローと
あの川中島の合戦らしく、両者とも最後まで勝利を目指した上での雌雄を決せずだった


甲府としては新潟のプレスが強烈なのは分かった上で
相手にボールを持たせて自陣でのボールロストとカウンターのケアに注意した

ポゼッションはさせつつも結局シュートを1本も打たせない組織的守備は甲府の思惑通りで
攻撃でもチャンスは少なかったものの隙を上手くついて、得点を奪うことが出来た

もちろん、新潟のプレスは手を焼いたが徐々に
どこにボールを運べばリスクにならないか、どの程度の判断の速さでプレーすれば問題ないのか
前半は時間がたつに連れ、慣れていったと思う


しかし、後半はギアを1つ上げた新潟に対して甲府はギアを下げてしまった


特に新潟の功→守の切り替えが早くなり、甲府がマイボールにしたところを積極的に奪いに来て
サイドからの速い攻めを徹底していった

甲府はそれに対して対応できず一人ひとりがボールを持ってる時間が長くなり
どんどん相手のプレスの標的になり、最終ラインに相手の攻撃がダイレクトにくる展開にしてしまった

新潟のプレッシャーはマリノスでさえも手を焼くほどなので相手のレベルが高いことは間違いないが
甲府としては前線や中盤の動きがなくなってしまった事とボールを奪われたあとの切り替えが遅かった事が
大きな原因だったと思われる

ただ、後半は一方的に押し込まれる展開ながらもGKの河田を中心にこの日も最小限の失点で押さえられた
この点はここ7試合負けなしの成果であり、甲府の今の強みでもある

その後、オルティゴサ、マルキーニョス・パラナ、保坂と新しい選手を入れ、盛り返そうと新しい選手を投入


その中で大きかったのは保坂の存在


終盤は相手に疲れが出たのもあるがボールを積極的に受けようといろんなところに顔を出してリズムをつくった
仮にボールがつながらなくても相手の裏に走りこめば後ろもパスも出てくるし、相手にとっても嫌なはず

それを前線の選手や攻撃の選手に気が付いてやって欲しいところではあるが
ああいった選手をもっと早くに入れとければ・・・・と城福監督も思ったことだろう

あと、その交代によって突発的であろうが発生した松橋の右SBもおもしろいなと感じた
特に、ああいうハイプレッシャーのチームに対して一人で前に運べる選手は貴重で
今後試したい選択肢の1つになりそう


これで甲府は7試合無敗、昨年から続くアウェイ無敗も継続
とはいえ、今日の試合をみてもまだまだ課題は多いし、いつ連敗してもおかしくはない
疲れの見える選手もいるのでいろんな選択肢を考えながら中断期間までの3試合を戦って欲しい





2013_niigata-kofu.jpg


【個人寸評】

河田・・・6.5
後半は厳しいシュートも多く飛んできたが落ち着いたセービングで1失点におさえた

福田・・・5.0
得点シーンでは縦パスをいれて得点の起点になったが
後半は足元でつなごうとしてボールロストをしてしまい、それと同時に守備でも同サイドを狙われ対応できなかった

青山・・・6.0
身体は重そうだったがハイボールはしっかりと持ち味を出す

土屋・・・6.0
失点シーンは相手の早いクロスと動き出しに付いていけなかったが
粘り強く守って最終ラインをコントロールした

松橋・・・6.0
走るチームにはこちらも走れる選手が有効であるのを身を持って証明した
パスミスやクロス精度に改善の余地は大いにあるが・・・

佐々木・・・6.5
フリーではあったが落ち着いてシュートしJ1初ゴール

山本・・5.5
前半は徐々に相手のプレスになれていったが
ギアを上げた後半は対応できず、ビルドアップの段階でボールロストし相手の起点になってしまった
終盤は素晴らしいミドルを放ったが相手GKの好守に阻まれる

羽生・・・5.0
相手の早いプレスにミスを連発
体力的な面でもチームの負担になってしまった

柏・・・6.0
劣勢になっている時間にもう少し貢献して欲しい気持ちはあるが
アディショナルタイムでも勝負できることは大きな強み

ウーゴ・・・6.0
前半はよくボールをおさめ起点にもなったし、積極的にミドルからでもシュートを打つ姿勢もあった
欲を言えばせっかくボールが収まるので裏やサイドに流れてボールを引き出してチームを助けたい

平本・・・5.0
良いプレーもなくはなかったが継続性がなく、身体の切れがなかった

オルティゴサ・・・5.5
ボールを持ったときの期待感はあるがいかにボールのないところでチームに貢献するか
得点を決めたい気持ちは分かるがそこのところをもっと突き詰めないと先発の座も遠い

パラナ・・・5.5
可もなく、不可もなく
もう少し長い時間みたい

保坂・・・6.0
出場時間が短かったが存在感は非常にあった
ボールを受けるところはしっかり引いて受け、スペースに走るところは積極的に行く
メリハリのある動きで前線に勢いをもたらした

城福監督・・・5.5
後半の入りと新潟の攻勢に対しての対応が遅れてしまったが
前半は悪くなかったし、終盤も最後まで勝ち点3を狙いにいった姿勢はよかった


※決着は真夏(8月10日)の甲府盆地で・・・・


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:624回】ハードスケジュールは難しい | Home | 【2013 J1第10節:新潟戦 前日情報】急戦か、持久戦か

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する