【2013 J1第11節:清水戦 前日情報】富士山を制すのはどっちだ!?

【予想スタメン】
2013_kofu-simizu_zen.jpg

甲府
足首に痛みを抱える平本に代わってオルティゴサがリーグ初先発

新潟
負傷離脱していたヨンアピンが3戦ぶりの先発
それに伴い杉山がボランチに戻り、2列目は河井、高木、竹内が先発濃厚


【オルティゴサ初先発の意図】
もちろん平本が出れない状況であれば代わりに出る選手で一番最初に名前の挙がるのはオルティゴサだが
清水を分析した結果やこれまでの甲府の課題を見極めた上でのしっかりとした意図があるはず

まず、清水に関して述べると非常にパスを丁寧につなげるチームという印象
その中で多く経由するのはサイドでボールサイドのSBは必ず高い位置にとって組立てに参加する

相手のSBが高い位置をとるということは甲府がボールを奪ってときは間違いなくスペースがある

そのスペースにオルティゴサを走らせてキープさせるという狙いがまず一番の狙い

清水としてはサイドの裏のスペースをCBが潰すことが出来なければカウンターの脅威を抱えることになる

ここ数試合、特に横浜M戦ではサイドに流れて劣勢になっていたチームに時間を作り
CKや相手陣地でのスローインを獲得し、それが結果的に同点弾につながっていた

明日の試合でヨンアピンが復帰しそうだがオルティゴサなら十分対等に渡り合える

もちろん得点も期待しているであろうがヨンアピンのチャージに負けず、ゴリゴリと前へ運べることを
城福監督は一番期待しているんじゃないだろうか

ここ数試合、守備に回る時間が多く、なかなか攻撃にまで費やすエネルギーがないことが多かった

オルティゴサがスペースのあるサイドで時間をつくれば中盤が攻撃に移れる回数も増えるはず



守備に関しては上記でも書いたとおり清水はサイドの崩しが非常に上手い
ただ、サイドを崩しても中で点取れる選手があまりいないので思ったほど点につながっていない
サイド奥深く抉られた場合は流石に対応しにくいがボールを回されても慌てず
最悪、中で跳ね返せば良いくらいのスタンスでも良いだろう
(もちろんハードワークを怠っていいということではない)

プレスをかけられた場合はバレーにシンプルに蹴ってくるがおそらく空中戦勝負になれば青山に分があるはず
身体は強いがそこまで足元は上手くないので土屋でもトラップの瞬間を狙って対応できるであろう

ただし、オルティゴサ起用が守備に関して懸念になる可能性はある
これまで平本がこなしてきた相手最終ラインやボランチへのプレスをオルティゴサに担わせるのは少し荷が重い

これまでの試合を観ても途中出場でさえ守備をサボることが多く、何度も城福監督に指示されていた

俊輔や憲剛みたいな決定的なパスを出す選手がいるわけではないが相手の早いパス回しを前線で限定できないと
ダイレクトにボランチや最終ラインに負担がきてしまう

そうなると、ラインも高い位置を取りにくくなるのでそこは不安視されるポイント


※吉田、松橋のサイドのせめぎ合い(どちらが高い位置をとれるか)も注目


J’s GOALプレビュー
【J1:第11節 甲府 vs 清水】プレビュー:雨中の清水戦で甲府は勝点3を取れるチームに脱皮できるか(13.05.10)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第11節:清水戦】次のステップに行くために・・・ | Home | 【toto予想 :625回】難解の回

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する