【2013 J1第11節:清水戦】次のステップに行くために・・・

正直、終わった後の感想としては上手く試合を運ばれたなと言う印象

これまでの甲府は城福監督が言っていたように
J1で対等にやれる最低限の守備は出来てきた、これから攻撃の精度をより高めていく」

もうひとつ上のステップへ行くための課題をこの試合の前に口にしていたが
今日の試合はものの見事にそれがが出てしまった

そういうことでは意義のある敗戦だったがここまで清水が割り切ったサッカーをやってくるのは以外だった

バレーの良さを最大限出すためなのか?
ジュリオという素晴らしい分析官が導き出したものなのか?

は分からないがゴトピ監督の哲学とは方向性が違うし、今の清水はこうなのかという驚きがあった

柏が新潟戦後に「最後までプレッシャーをかけてくるチームは初めてだった」
というようなコメントをしていたが

今日は「これだけ前線のプレッシャーがなくて最終ラインがボールを持てる展開は初めてだった」
というコメントが出てもおかしくはないほど甲府としては稀な展開

ただ、稀な展開だからこそ、甲府としてはつらいところだった



序盤は積極的にオルティゴサに最終ラインの裏を付かせたり、サイドに流れさせて
そこに中盤がサポートにはいって攻撃をしかけていった

まだまだ精度は足りないし、連携も出来ていないがペナルティエリアに入っていくシーンは何回かあったし
得点になってもおかしくはない決定機もあった

ただ、段々時間が進むに連れ、ボールを持てる展開に気持ちよさを感じたのかは分からないが
後ろでボールを回すばかりでチャレンジするパスが減っていった

パスミスしてしまってカウンターを食らうシーンがあればまた選手も考えるんだろうが
今日はそういう横パスのミスはあまりなかったからこそ逆にあせらなくて良いというような思考になってしまった

普段の守ってる展開なら0-0のスコアでも問題ないんだが今日はその逆


それでも、守備は良く押さえていたし、2失点したもののとられ方は悪くない

先制点をあたえたのも展開を考えれば痛かったがあれは相手の選手をほめなきゃいけないだろう

対応した柏もイ・キジェの左足を警戒してそちらを消しに言ったが守備としては中央にいかれる最悪な対応になった

イ・キジェの左足の精度は清水を分析すれば警戒しなければいけないポイントになり
あの対応が必ずしも間違っていたとも言い切れないのがまた歯がゆい


その後は清水側に退場者が出て、展開としてはより甲府にとって望ましくないものになっていく

1点リードで退場者まで出てしまえば清水に免罪符を与えたようなもの
清水はより中央を固めて割り切ったサッカーが出来るし、前線はバレー頼みになるがバレーもそれが一番活きる

結局、カウンターから恩返し弾も食らってしまって万事休すな状態に・・・・・

2失点目も保坂、井澤でカウンターのケアをしていたがバレーの強さをしっていれば
フィジカルに劣るあの二人を後ろに残すことはなかなかのリスクである

正直、井澤でなくて松橋が後ろに残っていれば・・・・と思えるプレーだったので采配も裏目に出た


終盤は、青山も上げてパワープレー気味にしかけるも相手のDFラインとGKの頑張りもあり1点も奪うことができず



甲府としては一人多い状態で点を奪えなかったことは大きな課題と捉えられるかもしれないが
それ以上に前半の戦い方に問題があっただろう

積極的に裏を狙ったり、こぼれを拾ってゴールに向かう姿勢は途中まで可能性を感じていたのに
急に出来なくなり徹底できなかった

もちろん、清水が自分達の背後を消しにかかってきたことも1つの理由ではあるが
1つダメだったら次、またダメだったら次、とチャレンジしていく姿勢が足りなかった

チャレンジしなければ
どこだったら縦パスが通るのか、どこだったら通らないのか
どのポジショニングだと受けられてどのポジションだと受けられないのか

その基準も見えてこない

とはいえ、序盤の佐々木のポストに当たったシュートや
オフサイドで取り消された(スローでみると微妙なジャッジ)オルティゴサのシュートが
決まっていれば・・・・また違っていたのでは?と思えるので多少運もなかった



歯がゆさは残るが7戦負けなしを途絶えたことをプラスにとってまた次につなげて欲しい

時間は掛かるかもしれないが高いレベルを目指すなら乗り越えなければいけないハードルである






2013_kofu-shimizu2.jpg


【個人寸評】

河田・・・5.5
2失点はいずれも責任はない
嫌な位置でのFKは多かったが落ちついて対応していた

福田・・・5.5
サイドに流れるオルティゴサによくパスを入れていったが時間がたつにつれ少なくなった

青山・・・6.0
ハイボールの強さ、1対1の強さは良く出ていた

土屋・・・6.0
カバーリングは今日も効いていた

松橋・・・6.0
足元の技術は改善の余地大いに有りだが
スピードやフィジカルを活かしたカバーリングや玉際の強さはもはや欠かせない

佐々木・・・5.5
ボールを良く触っていたがまだまだ組立てやチャレンジのパスはレベルを上げていきたい

山本・・5.5
一本惜しいミドルシュートはあったがもっと打ってもいいし
プレーでもコーチングでも積極的な姿勢をチームに与えなければいけない

羽生・・・5.0
縦パスをいれらる貴重な選手で序盤はよかったが徐々に消えていった
ボールロストも多かったのは気になる

柏・・・5.5
クロスで決定機をつくったが持ち味のドリブルは鳴りを潜めた

ウーゴ・・・5.0
ポストワークは十分計算できるのでもっと相手のマークを外す動きやパスコースをつくる動きが欲しい

オルティゴサ・・・6.0
初先発だったが一番得点の匂いがしたし、サイドでのキープや裏への飛び出しもよかった

平本・・・5.5
後ろからきた難しいボールをしっかりミートしてシュートを打ったが相手GKの攻守に阻まれた

保坂・・・5.0
引かれた状態では前節のように飛び込むスペースもない

井澤・・・5.0
攻撃で期待をされてはいるが相手のブロックを崩すようなシーンは作れず
逆にカウンターの対応でのリスクになってしまった


城福監督・・・5.0
攻撃の課題が出るのは致し方ないとして後半の采配はやや疑問もある
ポジションをごちゃごちゃ入れ替えるより、得点を狙える選手をいれた方が良かったのでは?


※それでも富士山は山梨の方がきれいだ( ー`дー´)キリッ


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:625回】せめてあと1つ・・・ | Home | 【2013 J1第11節:清水戦 前日情報】富士山を制すのはどっちだ!?

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する