【2013 J1第12節:広島戦 前日情報】初めてウーゴが先発を外れる

【予想スタメン】
2013_hiroshima-kofu_zen.jpg

甲府
ここまでリーグ戦全試合スタメンだったウーゴが外れてオルティゴサと平本の2トップが先発濃厚
おそらく怪我などではなく戦術的な変更と思われる
その他は特に変更なし

広島
前節からの変更はない模様


【ミシャサッカー】
いわゆる普通の3バックとは異なり、361(3421)の陣形から攻撃と守備でシステムが変形していきます

ビルドアップ時:ボランチの森崎和が最終ラインに下がって、4バック(4141)を形成する
2013_hiroshima-kofu_zen2.jpg


守備時:前からプレッシャーをかけることは少なく5バックになって541のブロックで守備をする
2013_hiroshima-kofu_zen4.jpg




攻撃に関してまず千葉、森崎和、青山のトライアングルで数的優位をつくり
相手のプレスを無力化して攻撃が始まります

そこから前線3人の動き出しに合わせて縦の楔を打ち込んだり、サイドに展開して相手の穴を伺います

このときサイドは普通の3バックであれば数的不利ですが左右のCBが実質SBの役割を担っていますので
そういうことはありません


さらに足元に長けた選手が多いので相手は守備に回る時間が多くなり、
ボールを回されながら次第に体力や集中力を奪われていき
最後はマークを外すことが日本一上手いFWと対峙しなければいけない((((;゚Д゚))))


じゃあ、どうすればいいの?っていうのがまあ明日の1つの焦点

大宮はボランチを1枚下げることでほぼマンマーク気味で対応してレッズを完璧に押さえ込みました
これは大宮の選手の守備意識が一人ひとり徹底され、1対1でも負けない強さがあったから出来たとも言えます
甲府にできるかどうかは分かりませんが上手くいった例なので参考になるかと

その他にも浅野監督が率いてた頃の福岡は佐藤寿人を無視して2シャドーに最終ラインを設定するという戦い方で
広島を封じ込めました

甲府がどのような対策をしてくるかは分かりませんが
ミシャのサッカー自体は分析する材料もたくさんあるので対策が全く立てられないということは考えにくいです



次に守備に関しては
高い位置で奪うというより、守備のブロックをつくってじっくり守ろうという傾向が強いです

なので守備ブロックを形成する前にカウンターでしとめられればベスト
(その為のオルティゴサ)

それが無理なら攻撃から守備に移り変わったとき一番穴になりやすいサイドがねらい目
(その為のオルティゴサ)

WBが最終ラインまで戻ることはそれを想定してタッチラインを往復できるスプリントとスタミナのある選手を
起用しているので問題は少ないですがシャドーの選手はなかなかそうはいきません

戻るのが遅れたり、単純に1対1で負けたりと流石にそこは致し方ないという部分になっています

あと、空中戦に強い選手が少ないのでセットプレーはもちろん
流れの中からでも佐々木あたりは積極的にボックス内に入って行きたいです



という事で平本とオルティゴサの2トップはこれらもろもろの分析をした上での選択と考えています



※後半ロスタイム盛田の恩返し弾、期待してます


J’s GOALプレビュー
【J1:第12節 広島 vs 甲府】プレビュー:Eスタでの対甲府戦、10年ぶり勝利なるか。広島はリスクをコントロールし、攻撃サッカーで勝負する(13.05.17)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第12節:広島戦】不様な敗戦 | Home | 【toto予想 :627回】勝負どころの見極め

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する