【2013 J1第20節:新潟戦 前日情報】川中島の戦い、2013・夏の陣

前節、ようやく連敗を8でとめた甲府

3421という新ステムや新加入のブラジル人2人の良さがよく出た試合で内容としても収穫が多かった

しかし、8連敗で失った勝ち点は1つの勝利で取り返せるものではなく「次が大事なんだ」と皆、口をそろえた

明日の試合で勝ってこそ本当の意味で負のトンネルを脱したと言えるのだろう



【予想スタメン】
2013_kofu-niigata.jpg

甲府
システム、メンバーともに前節と変わらず

新潟
ボランチのレオ・シルバ、左SBのキム・ジンスが出場停止で変わりに入るのは本間と藤田


【ホームで勝利を!!】

ここのところ負けが続いていた影響か、入場者数が伸び悩んでいる
ホームではいつ以来勝っていないのか忘れてしまったのでそれもいたし方ない

ただ、この時期はちょうど子供たちは夏休み、大人達もお盆休みに入ってる方もいるだろう

連敗も止まり入場者数が回復することが予想される

もちろん、リーグの順位としても勝利が欲しいところだが
それ以上にスタジアムに足を運んでもらうサポーターのために勝ち点3が必須



試合展開としてはまず、新潟のハードプレスをどう掻い潜るかが重要

その中でスピードとフィジカルに優れるパトリックとキムクナンのマッチアップを楽しみである
(もちろん、好調の川又と甲府の3バックのマッチアップも同様だ)

甲府としては相手のコンパクトな布陣を間延びさせるような組み立てが必要

ロングボールなどでパトリックがクナンとの競り合いに先手が獲ってくれば、一番楽

もし、そこで勝てないようであれば別の選択肢を考えなければいけない

幸いにもジウシーニョがデビュー戦でいきなり存在感を発揮し、巧みなボールキープから幾度も起点となった

まだ連携は浅いかもしれないが彼に預ければボールが出てくるという信頼感が既に出ているのは非常に大きい


なので、どうやってジウシーニョやパトリックに良いボールが供給できるか

特に3バック+ボランチ+WBの低いエリアでのボールのつなぎ

3バックに慣れてない影響も含めてミスが目立つ

特に相手の対戦相手である新潟は攻守が入れ替わった時の切り替えの早さは鋭い

クリアするならクリアで良いが相手のプレスが強い時につなごうとしてミスが出るのは一番やってはいけない

安易なボールロストでなかなか前線に運べない展開が今の甲府にとって一番、悪いパターン

仮にミスが出ても奪われてもこちらも切り替えを早くしてボールを奪い返せれば良いが
今の時期でそういう展開にするのは体力的に負担が大きい

だからこそ、細心の注意が必要


※2013 川中島の決戦は決着つくのか!?(前半戦は1-1のドロー) 



J’s GOALプレビュー
【J1:第20節 甲府 vs 新潟】プレビュー:MFレオ シルバ不在の新潟をホームに迎える甲府。ホームでは分が悪い今季の戦いだが連勝で8連敗の流れをくるりと変える(13.08.09)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第20節:新潟戦】2013・川中島の戦いは歴史を忠実に再現 | Home | 【toto予想 :645回】順当か波乱か

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する