【2013 J1第22節:湘南戦 前日情報】死闘・激闘・熱闘

お互い、新外国人が加入して一ヶ月前とはチームに変化があるが
残留争いという面ではより深刻な状況になっている

間違いなく明日の試合は死闘になる

それだけは確定事項!




【予想スタメン】
2013_shonan-kofu.jpg

甲府
前節、より最終ラインと中盤に変更がある
ミスが多かった盛田を外し山本を3バックの中央に落として佐々木を左に回し、ボランチには保坂
左のWBも石原に代わって福田が先発予想されている

湘南
湘南も前節より変更がありそう
磐田戦で退場したアレックス・サンターナに代わって安藤が先発濃厚、
前節、左のシャドーに入っていた高山を本来のポジションである左のWBに戻し
シャドーにはF東京から加入した大竹がスタメン予想されている


【2人のフィジカルオバケ】
お互い、得点力が緊急の課題で
湘南はウェリントン、甲府はパトリックというフィジカルのあるストライカーをこの夏に獲得した
(本日登録されたステポはまだ湘南での試合に出てないのでなんともいえません)

どちらも身体能力を前面に出すストライカーだが
高さ、強さ、速さという単純なフィジカルはおそらくパトリックの方が上

(あまり試合を多く観ていないが)
流石にウェリントンもキムクナンの上からヘディングして、CKから70m近く一気に駆け上がって
シュートはできないでしょう

ただ、ボックス内でのシュート技術はウェリントンの方が良さそう
(エルゴラの評価も20歳でホッフェンハイムと契約した事実から評価は一番高かった)


とはいえ、どちらのストライカーもフィジカルに頼りすぎている印象は否めなく
自分のカタチ以外ではなかなか活かしくい

なのである程度、周囲のお膳立てが必要


どちらがこのストライカーにより多くのチャンスを作れるか

明日の試合の焦点はそこになると思われる


奇しくもこの一ヶ月の間で甲府はシステムも湘南と同じ3421に変更し、それぞれのポジションでマッチアップする
(もちろん同じ3421でも戦い方は少し異なるが・・・)

特にポジションどおりマッチアップする形になれば上記のストライカーをみるのは湘南は遠藤で甲府は山本

どちらもフィジカルが強い選手ではなく、ウェリントンやパトリックとはミスマッチになる可能性が高い

だからこそ、そのほかのマッチアップする選手同士の1対1が重要

どれだけ相手より走れるか、どれだけ相手より先手を取れるか

それがシュートという最終局面につながる

バチバチとした熱い1対1がどこもかしこも起こることは必至!

優れた技術や優れた戦術が出来ないチーム同士の対戦だからこそ
サッカーの本質の部分が問われる試合になる


※くれぐれも監督同士は熱くなりすぎないでね・・・(;^ω^)


J’s GOALプレビュー
【J1:第22節 湘南 vs 甲府】プレビュー:「技術や戦術を超えるものを」「入れ込んでいく」――熱戦必至、上回るのはどっちだ。(13.08.23)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1 第22節:湘南戦】3つの采配 | Home | 【toto予想 :648回】J2に気をつけろ!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する