【2013 J1 第22節:湘南戦】3つの采配


今日の勝利に大きく影響した3つの采配があった

1つ目は3バックの中央に山本を選択したこと
2つ目は左WBに石原ではなく福田を起用したこと
3つ目は途中交代で入った水野を途中で下げるという勝利のために非情になったこと




まず、山本の3バック起用について

今節までに土屋が負傷し、盛田も直近の試合で良くなく、3バックのてこ入れが求められていた

その中で城福監督はいろいろな選択肢がある中で山本をボランチから下げることを選択

フィジカルの強いウェリントンに対してやや不安もあったわけだが
空中戦は青山・佐々木に任せ、足元に入ってくるボールには強くプレスをかけてインターセプトを狙う
というように各々の特徴を活かして上手く役割を分担させ、相手のエースを封じ込んだ

パトリックの対応に苦しみ慌てて後半修正し始めた湘南と比較すると
そこの部分は甲府が準備の時点で優っていたといっていいだろう

それ以外についてもビルドアップや最終ラインの統率など佐々木が中央に入るよりも安定したと思うし、
今後のことも考えると山本をリベロの位置に置くことは試せたことは非常に大きい



・2つ目の福田について

これまで先発で使われていた石原は新システムで見事復活したかのように調子を上げていた

今日の試合に関しては、もちろんコンディションなどの理由で控えに回った可能性もあるが
プレー面で代える必要があったとはそこまで思えなかった

ただし、城福監督は福田を起用

福田といえばこれまで右のSBを完全に定位置にしていたわけで左のWBというポジションは慣れていない

左足でも器用に扱える石原と違って福田はほとんど右足でプレーする

福田の左WBにも山本同様、不安がなかったわけではない

しかし、蓋をあけてみれば甲府では珍しいミドルシュートでのファインゴール、しかも決勝点

右足一本でここまで来たとは言わないが右足から繰り出されるパスやクロスを持ち味にしていた選手だからこそ
成しえたゴールであの場面で石原だったら入っていなかったかもしれない

それまでアーリークロス気味で右足にもちかえてクロスを上げるシーンはあったが
どうしても後ろから巻くように入ってくる軌道では中も合わせづらい

正直、あのシーン以外では福田の右足が活きる場面はCKのキックくらいしかなかった

それでも1つのチャンスを見事決めたその集中力と勝負強さは左WB起用への疑問を払拭させるのに十分だった



・3つ目の水野への采配

水野が投入された時はスコアは1-1ではあったが
前線でボールが収まらず、後ろからの押し上げもなくなり、試合の流れは湘南だった

その中で水野には攻撃の部分でその流れを変えることがまず求められていた

結果的に10分後にチームが勝ち越しゴールを奪い、2-1というスコアになり
次に考えることはこの試合をこのまま終わらせるかに移行

ゴールした直後にパラナに変わって伊東を入れるなどベンチの采配もこの1点を守りぬけという指示

つまり水野も守備での貢献が求められる

そういった状況の中で城福監督は最後の交代枠にCBの津田を選択

相手がパワープレーに来ることも想定した上での津田の選択は至極まとも

しかし、そこで以外だったのは下げる相手

普通なら疲労がありそうな柏やジウシーニョを考えるものだがあえて体力的に全く問題なかった水野を選択

交代直前は良い対応をしていたがその前にサイドを突破されピンチになった場面がある

そこに不満を感じて下げさせた可能性も大いにあるが
勝利に非情になること、この試合は何が何でも勝つんだということを
最後の数分でも改めてピッチの中にいる選手に伝える目的もこの采配に含まれていたと想像できる


どちらにせよ、途中で入って途中で下げさせられた水野は決して良い思いをしてない

それでも、最後まで決して隙を見せないという城福監督の強い意志を選手は感じ取り
結果、勝ち点3を手にすることが出来たので水野自信も観ているサポーターとしても納得しているはず




2013_shonan-kofu_201308242320477b1.jpg



【個人寸評】

荻・・・6.0
ビックセーブはあまりなかったが(ビックセーブが必要なシュートもあまりなかったが)
ミスなく安定していた

青山・・・6.5
空中戦では負けることはほとんどなかった

山本・・・7.0
いくらCBが出来るといってもこのシステムでの3バックの中央はあまり経験がないはず
それでも落ち着いたビルドアップ、インターセプト、最終ラインの統率、素晴らしいパフォーマンスだった

佐々木・・・6.5
ファールも少なくないが玉際の強さと空中戦の強さで相手の攻撃を封じた

保坂・・・6.0
最終ラインに下がってボールをよく受けてさばいていた

パラナ・・・6.0
何度か良い縦の楔を入れていたが後半は運動量が低下

柏・・・6.0
攻撃はいつもより少し物足りなかったし、失点の原因になってしまった判断も良くなかった
守備では亀川との1対1は良く抑えていたが高山の飛び出しには付いていけなかった

福田・・・6.5
勝ちある決勝点を奪う
途中でボランチにも入ったがよくやっていた

河本・・・6.0
バイタルで受けようとする動きやパトリックーへのフォローなど動き出しは良かったが
そこからの展開だったり、突破だったりの精度を高めたい

ジウシーニョ・・・6.5
先制点を演出するなどパトリックの持ち味を活かそうと奮闘
守備でのファールやそれに伴うイエローは少し控えたい

パトリック・・・7.0
1得点1アシストという結果以外もハイボールはほぼ競り勝っていた
もう1つあった決定機を決めれば最高だった

水野・・・ー
出場時間少なく採点不可

伊東・・・6.0
中盤でのプレスやボールが詰まった時に動いて受け手になってあげたりと
やるべきことをしっかりこなした

津田・・・ー
出場時間なく採点不可

城福監督・・・6.5
この試合への準備を含めた采配は適格だった
後半チームが劣勢になり、前線にボールが収まらなくなった時の次の選択肢が
見出せなかったことは今後の課題


※福田のミドルシュートはベストゴールにノミネートされるかな?


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:648回】8月の終わりも波乱祭り | Home | 【2013 J1第22節:湘南戦 前日情報】死闘・激闘・熱闘

コメント

お久しぶりです。TAMAです(^O^)

甲府、勝利おめでとうございます。

直接対決に勝って、一安心ですね、
福田のシュートは見事でしたぁ、、

水野…前好きだった選手の一人なので頑張ってほしいです。

来年もJ1で甲府-鳥栖が見れるの楽しみにしています。

2013/08/26 (Mon) 19:42 | TAMA #- | URL | 編集
TAMA さん

お久しぶりです

鳥栖も調子良さそうでお互いこのまま降格圏のチームを突き放したいですね

くれぐれもライバルチームに勝ち点を与えないようお願いします!!

2013/08/26 (Mon) 20:25 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する