【toto予想 :652回】ファイナル10

J1は残り10試合
J2も残り10試合

いよいよ終盤戦突入でtoto予想もこれから難解を極めます

なんとか3等でも良いから当てたい


 
652回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1清水362242名古屋1


2F東京262153浦和1


3仙台681715大分10

4横浜M542224C大阪1
2
5鳥栖621919湘南10

6甲府191665鹿島1


7川崎392239広島1
2
8新潟392734大宮1


9G大阪81109水戸1


10長崎292150神戸10

11栃木282250札幌

2
12富山332740北九州

2
13福岡542224横浜C10


計64口
2013年通算成績:167/299 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:102/185=55% J2的中率:66/113=58%


toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/ 





【1 清水vs名古屋】 
清水はラドンチッチ、大前、高木のトラインアングルが機能しはじめ、得点も増えチームの状態は上り調子
名古屋はリーグ戦9試合負けなしだが天皇杯ではJ1唯一の敗戦となってしまった
その試合で退場した石櫃と累積警告でダニエルが今節出場停止
負傷中の闘利王とあわせて最終ラインには多くの不安を抱えることになる
予想としても清水勝利

【2 F東京vs浦和】 1
  
今節注目カード①
F東京はレッズとの相性は良くないものの前節広島に勝利した通り、
3バックでミラーゲームに持ち込めるためミシャの戦術を苦にしない
通常の日程で戦えるF東京に比べてレッズは中2日と日程面でもF東京が有利


【3 仙台vs大分】 1・0    
赤嶺が復帰した前線は整ったが依然、守備陣に多くの負傷者を抱える仙台
相手が最下位の大分とはいえ前節も湘南に破れており、簡単な試合にはならないだろう
とはいえ、今季わずか2敗しかしていないホームの後押しがある

【4 横浜MvsC大阪】
 1・2     
今節注目カード②
マリノスはターンオーバーをしたとはいえ中2日と厳しい日程
富澤が復帰したことは大きいがナビスコでは柏に0-4で負けるなど懸念も少なくない
対してC大阪は日程面で有利だが丸橋が負傷中の上、酒本が出場停止と両SBが不在となる


【5 鳥栖vs湘南】 1・0 
今節注目カード③
残留争いを占う一戦で14位の鳥栖と16位の湘南の勝ち点差は7で鳥栖が勝利すれば残留に大きく近づく
天皇杯もお互い、格下が相手とはいえお互い快勝しており、良い試合が期待される


【6 甲府vs鹿島】  
クラブの大きさからいって鹿島が大きく勝ち越しても良さそうなカードだが以外にも互角(甲府からみて3勝2分4敗)
前半戦もホームで圧倒的な強さ(10勝2分)をみせる鹿島にスコアレスドローを演じるなど相性は悪くない
ここ3試合負けなしと調子も上々で引いて守る戦い方がはまれば十分勝つチャンスはあるだろう
贔屓目予想でもあるが若干、自信有


【7 川崎vs広島】 1・2    
ホームでは僅か1敗の川崎にここ4試合勝利から遠ざかっている広島が挑む
前半戦は広島が4-2というスコアで打ち合いを制したもののここ数試合マルチ得点がないだけに
前回のような展開にはならないだろう
川崎がホームの利を活かして攻勢に出る中で広島はカウンターから好機を見出したい

【8 新潟vs大宮】 1
 
オレンジダービー
このカード、過去の対戦成績は15勝14分15敗と全くの五分
レッズに敗れたもののチームの状態は好調の新潟に対し、マリノス戦で連敗を8で止めた大宮
予想が難しいカードではあるが大宮のスロベニアンコンビはA代表帰りでコンディションが思わしくないと思われる

【9 G大阪vs水戸】
   
前節は長崎に久しぶりの敗戦を喫したガンバ
今節は曲者の水戸が対戦相手がきっちり勝利して悪い流れにはならないようにしたい
対する水戸は12勝のうち7勝がアウェイとアウェイとを全く苦にしていないチーム
ただ、ガンバ相手では流石に厳しいかな


【10 長崎vs神戸】  1・0
勝ち点差は離れているが2位と3位の直接対決
長崎は前節ガンバに勝利しており、神戸からも勝利を挙げて昇格争いを難しいものにさせたい
対する神戸はここで勝利して昇格を確実なものにしてその先の優勝を目指したい
どちらもリーグ戦は3連勝中と好調で楽しみな一戦になりそう


【11 栃木vs札幌】 2   
天候の関係で中止試合を水曜に消化した栃木は日程面で不利だが連続ホームなので負担は最小限に抑えられるか
対する札幌は公式戦4試合負けなしと調子は良さそうでコンディション的にも有利なので勝利が期待される
対戦成績も札幌が5勝2分1敗と勝ち越している


【12 富山vs北九州】 2
 
下位に低迷する18位の富山と16位の北九州という対戦
富山は4試合勝利から遠ざかっている一方、北九州はここ5試合で3勝2敗と勝ち星が先行
チームの調子で言えば北九州に分がありそう
ちなみにこのカードまだドローがひとつもない(富山からみて3勝4敗)


【13 福岡vs横浜C】 1・0 
福岡は公式戦4試合勝利がないという状況でパク・ゴンと中原が出場停止
横浜Cは天皇杯で金澤に苦杯をなめ敗れてしまった
予想を決めるデータがなかなかない上に両チームとも順位が中位と読みづらい
ここはセオリー通りにドローとホームチームを押さえるか



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1第25節:鹿島戦 前日情報】継続 | Home | 【2013 天皇杯 2回戦:福島戦】鏡に映った甲府の課題

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する