【2013 J1 第26節:浦和戦】赤い悪魔に立塞がった甲斐ナチオ

試合は予想通り、浦和がボールを保持して甲府が引いて守る展開

レッズの新システム505も甲府の541の前には差ほど効果はなく
スペースがない中でレッズの選手は終始攻めあぐねた

むしろ甲府のカウンターを警戒してか無理に攻めることはなかったので
甲府としてもやりやすい状況であったし、ピンチといえる場面もほとんどなかった

失点は不運なカタチで手を上げなければ防げたが、1点はどんなに良い試合をしても
事故みたいなもので取られることもあるから致し方ない

それ以上に失点しても慌てずに集中した守備で試合をコントロールしていたことが良かったし
2失点目をとられなかったことがこの試合、勝ち点1をとれた要因にもなった

もちろん、最後決めたパワープレーの集中力も素晴らしかったが
レッズがセットプレーやクロスからの失点が多いことは戦前から分かっていたので
1点なら追いつけるという自信は選手も監督もサポーターもあったと思う

PKは想定外だったがレッズのアウェイで甲府のシナリオ通りに試合を進められたことは
勝ち点1以上の大きな収穫になるはず




2013_urawa-kofu_20130921224920cc4.jpg


【個人寸評】

荻・・・6.0
あまり荻が脅かされるようなシュートは興梠のヘディングくらいでそれも落ち着いてセーブした

青山・・・6.5
マリノス戦を思い出すかのようなゴール
パワープレーで上がってたとはいえ、良いポジションにいた

山本・・・6.5
興梠に裏をとられる場面はあったが大半は自由を与えなかった

佐々木・・・6.5
カバーリング、1対1の守備等、集中したディフェンスが出来ていた

保坂・・・6.0
サイドのフォローにいってよくボール奪取をしていたが
甲府のビルドアップ時には浦和選手のプレスの早さに苦しんだ

パラナ・・・6.0
保坂と同様に守備では貢献していたがあまり効果的な組み立ては出来ず

柏・・・5.5
対面の宇賀神に縦を切られいつものようなドリブル突破が見られなかった

福田・・・6.0
守備に重きを置きながら左サイドでボールを配給

河本・・・5.5
ボールをキープすることや守備へ貢献は出来ているので
そこから決定的な仕事ができるようになりたい

ジウシーニョ・・・6.5
守備の時間が多かった故に抜群のキープ力はいつも以上にチームを助けた

パトリック・・・6.5
ゴールを決めたかったがこの選手の存在がレッズの脅威になっていた

羽生・・・6.0
前線からのプレス、キープ力はよく効いていた

水野・・・6.5
精度の高いクロスで得点を演出

平本・・・6.0
ゴールを決めたかったが結果オーライ


城福監督・・・6.5
試合前の準備、試合中の采配ともにしっかりチームを統率し、最低限の結果を出した


※次も鬼門だけど今の甲府なら関係ない!!


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:653回】秋の波乱祭り | Home | 【2013 J1第25節:浦和戦 前日情報】力を試すには格好の相手

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する