【toto予想 結果:653回】秋の波乱祭り

投票率70%超えが全部波乱で60%超えは順当というなんとも嫌らしい結果に

当たる気がしねー

案の定キャリー発生で、次回へ約5600万繰越です

それにしても、いつになったらこの傾向は止まるのでしょうか?



  
653回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田301951鹿島1
2
2広島671518新潟
02×
3大宮362539仙台
02
4川崎701416鳥栖1

×
5名古屋432334F東京

2
6浦和721314甲府10
7横浜M631720清水1

8大分332440湘南1

×
9C大阪5918231

×
10山形612019福岡10
11札幌412336長崎

2×
12松本131275G大阪
02
13水戸592120熊本1

×

計64口7/13
2013年通算成績:182/325 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:114/202=56% J2的中率:69/122=57%


toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/ 





【1 磐田 2-3 鹿島】 1・
残留争いで正念場を迎える磐田がアウェイ7連敗中の鹿島をホームに迎える
注目は鹿島がアウェイの連敗数を更新するかどうかだが
以外にもこのカードの過去対戦成績は鹿島が圧倒的に勝っている(33勝8分15敗)
ここは両天秤でいってみる
→磐田が終盤反撃を見せるも3失点は流石に重かった


【2 広島 2-0 新潟】 0・2 1
  
5試合勝利から遠ざかっている広島vs後半戦トップの成績の新潟
チームの調子からいって新潟の方が間違いなく良いはずなのになぜか広島に偏る投票率
こうなると広島外ししかないね
→内容はそこまで良くなかったが勝ちきった広島、うーん経験の差が出たかな


【3 大宮 0-2 仙台】 0・   
1勝して復調するかと思われた大宮だが前節敗れまだまだ苦しい状態が続いている
守備の建て直しは出来ているようだが強力2トップが復帰してもなかなか点が奪えていない
そんな中で守備が売りの仙台と対戦する
仙台は前節大分に6-0と勝利しており攻撃陣は好調で大宮としては厳しい戦いが予想される
→大宮はこのままズルズル行きそうだな


【4 川崎 0-1 鳥栖】
  2      
大久保と憲剛が好調な川崎
今季、ホームでは僅か1敗しかしておらず今節は豊田が出場停止の鳥栖と対戦
鳥栖も非常に好調だが怪我人が多い2列目、豊田の不在となれば流石に厳しいかな
ここはシングル予想で良いだろう
→これは予想外、鳥栖は昨年のチームに戻ったな


【5 名古屋 0-2 F東京】  
前節10試合ぶりに敗れた名古屋
闘利王を強行出場させるなどこの一戦への意気込みは強いがダニルソンが怪我で離脱
F東京は前節浦和に劣勢になりながらもセットプレー3発で勝利を掴むなど勝負強さを発揮
予想が難しいカードではあるがF東京を推したい
→自信なかったがシングルで当てられたのは良かった


【6 浦和 1-1 甲府】 1・ 
浦和はナビスコの川崎戦から新戦術を取り入れてはいるが結果が付いてこない
前節もF東京相手に内容は圧倒するもセットプレーで3失点してしまい敗戦
甲府としてはF東京のようにセットプレーやカウンターから得点の機会を見出してなんとか勝ち点を奪いたい
4試合負けなしと好調な甲府だが浦和の新システムに対応できるかは不透明
勝ち点1とれれば御の字と思って良いだろう
→内容的には甲府だったがまあ結果オーライ


【7 横浜M 1-0 清水】      
天皇杯を除いて公式戦5試合で1勝1分3敗とやや調子を落とし気味の横浜M
ホームでは無敗中の横浜Mだが7勝6分とドローが多い
対する清水は3連勝中と好調で特に新加入で入った3人の活躍が大きい
予想としては横浜Mホームで立て直してくるという期待をこめてシングル予想
→清水は運もなかったな


【8 大分 1-2 湘南】  2
  
降格が濃厚となった大分vs残留争いで厳しい立場に追われている湘南
湘南としては絶対勝利が必須の試合だが大分もここで勝たないとホーム未勝利なんてことになりかねない
どういう結果になってもおかしくはないカードでここはあえてシングル予想
甲府の為にも大分ガンバレ
→変な私情をつっこむとこうなる・・・

【9 C大阪 1-1 柏】
  0  
J1唯一の日曜開催
とにもかくにも柏のコンディションがネック
ACLはベスト4に進出したがサウジアラビアからの移動で中3日
しかも対戦相手は5位のC大阪
ここで柏勝利は予想しにくい 
→セレッソはいまいち勝ちきれんね


【10 山形 2-1 福岡】  ・0
どちらもPO進出にはもう勝ち点は落とせない
山形は8試合負けなしと安定した戦いが出来ており、福岡はここ8試合僅か1勝と対照的な両者
ただ、このカードはドローが多い(山形から見て7勝13分8敗)
予想としても余裕があればドローはおさえておきたい
ちなみに福岡は中原と三島が出場停止
→ここは順当な結果といっていいかな


【11 札幌 1-0 長崎】  1     
前節は栃木と3-4という壮絶な打ち合いをして敗れた札幌、今節はホームに4位の長崎を迎える
8位、4位という対戦でどちらもPO進出のためには勝ち点3を目指してくるだろう
前線のウェホや前俊などここに優れるのは札幌だがハードワークを武器に組織に優れるのは長崎
ホームに強い札幌を期待したかったところだが上里が長期離脱との情報が
急遽長崎に予想をチェンジ、さあこの変更がどうなるか?
→レコンビン劇場だったけど裏目に出ちゃった


【12 松本 2-2 G大阪】 ・2
 
首位をひたすら走り続けるガンバをホームに迎え撃つ松本
前半戦は0-1という接戦を演じたが反町監督がどのようにG大阪の攻撃を止めるのか見もの
満員が予想されるアルウィンの雰囲気にG大阪の選手もやりにくさを感じるだろう
一応、本命はG大阪勝利だが波乱期待でドローを押さえる
→うん、ここは何気に来るんじゃないかと思ってたから不思議ではない


【13 水戸 1-1 熊本】  0
前節はG大阪に0-5という完敗を喫した水戸mさぞかし柱谷監督もご立腹となっていることでしょう
対戦相手の熊本は前節8試合ぶりに勝利を挙げ、残留争いから抜け出すためにも連勝が欲しい
しかし、矢野と片山が出場停止と厳しい戦いが予想される
水戸もいまいち信用は出来ないが予算的にやむを得ずシングル勝負
→予算不足のためしょうがない



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :654回】9月ラスト | Home | 【2013 J1 第26節:浦和戦】赤い悪魔に立塞がった甲斐ナチオ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する