【2013 J1 第27節:清水戦】これが相性という見えない力か・・・

考えられないようなクリアミス
クロスバー、ポストに嫌われること2回
不可解な判定によるゴール取り消し
これでは勝てませんね┐(´д`)┌

どれか1つでも甲府の良い方向に転んでくれれば・・・・って感じで
負けたとは思えない試合でしたが運もありませんでしたね




・試合は・・・

電光石火の攻撃で甲府がいきなり先制点を奪う

相手が集中する前だったのもあるかもしれませんが

ジウシーニョのターン、柏のクロス、河本の飛び込み、パトリックのシュート


良い得点でした


ただ、試合展開は1点とって余裕が出来たものの清水のチェイスに苦しむも場面が多かった

戦前の城福監督のコメントから察するとここ数試合に比べてボールをつなぐ意識があったことは
プラン通りだったのかもしませんでしたが相手のプレスを掻い潜るようなボール回までは出来ず
決定的ピンチとまではいかないもののボールの失い方がよくありませんでした

前半はどちらかというとそういった清水のハードワークが光ったような印象をもちましたが
守備ではオーガナイズされた守備ブロックが崩されるようなシーンは少なかったと思います

逆に攻撃の方で狙いのカウンターがあまり出せなかったことは多少物足りなかったですが
相手の中盤3枚にイエローを出させたことが後半の猛攻に繋がる種まきになったともいえます


佐々木のミスに関してはプレスがなかったのでただの集中力の欠如だと思います
日差しがまぶしかったなどの可能性は考えられますが流石にあれは擁護できません



・後半は・・・

終始、動きの多い展開となりました

これまでの甲府であればもっと泥試合を挑んでましたがこの日は積極的な姿勢が目立ちました
そういった中で再三、決定機を迎えるものの決めきれず、カウンターから失あっさり点

まさしく、決める時に決めなければ・・・・という
サッカーのセオリー通りの展開でしたが、追いかける立場となった甲府はさらに攻勢を強めます

レッズ戦では徐々にギアを入れて最後にフルスロットルになりましたが
この日は早い時間帯から羽生、水野、平本を投入してギアをマックスに近い状態にしました

さらに2トップで前からの圧力を強めることで相手DFを混乱させましたがやはり決定力を欠く展開

最後は青山を前線に送り込み前節の再現を狙いましたがそう何度も上手くはいかずそのまま敗戦


清水としては終始、後半は守ってカウンターという展開でしたがそれが狙ったものなのか
はたまた中盤の3人がイエローをもらってプレスが緩くなったからかは分かりませんが
甲府の決定力のなさに助けられた感は否めません


その中でしっかりとチャンスを決めきった大前は見事
内容は良かったものの決定力で負けたマリノス戦とは裏腹に今節は決定力で甲府に勝利したと言えるでしょう


サッカーとはつくづく不思議なもんです・・・・


甲府としてはもちろん安易なミスやカウンターのケアなど課題はありますが
これまで追いかける展開でもなかなかチャンスをつくることができないことが最大の課題だったので
相手が引いた中でもしっかり崩して決定機をつくれたのは収穫

あとは決定力と正当なジャッジがあれば・・・と思うような悔しい試合でしたが
悲観する必要は全くありません

十分勝つチャンスはあったし、内容としてもポジティブに捉えて良いと思います

湘南が勝ち点1を加え差が5に縮まりましたが
やっているサッカーには何の疑問もありませんしこれを続けてしぶとく勝ち点を積み重ねていくだけ


・ジャッジに関しては・・・
城福監督のコメントと同意見です

1つのジャッジミスとしての問題というより日本サッカーの根幹に関わるような判断なので
これまで判定に泣かされてきたジャッジとは次元が異なります

ああいった判定が果たして日本サッカーの成長に繋がるのか?
外国人選手の質の低下が言われているJリーグで彼らがプレーしたいと言える環境なのか?

これまで誤審に関しては一定の擁護の気持ちはありましたが今回は全くありません

この判定で負けたとは思いませんが日本人では表現できないフィジカルの強さによって
サッカーの面白さを体現するパトリックが正当な評価を受けられないことが何より残念です




2013_simizu-kofu.jpg


【個人寸評】

荻・・・5.0
失点シーンに関してはノーチャンス
ただ、それ以外にDFと連携が取れてないシーンがみられピンチを招く場面があった

青山・・・6.0
ラドンチッチとの空中戦はしっかり対応できていた
最後は前節と同じくパワープレーに前線に上がるも同点弾は奪えず

山本・・・5.5
正確な配給は今日も光ったがラドンチッチの対応は流石にミスマッチとなっていた

佐々木・・・5.0
90分良いプレーをしても1つのミスで全てが変わるポジションだということが分かっただろう

保坂・・・5.5
相手のプレスが強かったため最終ラインに下りてビルドアップをサポート

パラナ・・・5.5
楔のパスなど気のきいたパスはあったものの決定的なプレーはあまりだせず
後半は攻勢に強めるチーム事情で守備に専念

柏・・・6.0
対面する河井を攻撃で圧倒
先制点のアシスト以外もチャンスを多く演出

福田・・・5.5
タイミングを見計らって上がりフリーになる事も多かったがボールが回ってくることは少なかった

河本・・・5.5
前半は村松の横のスペースでボールを受け劣勢になっていたチームをよく助けた

ジウシーニョ・・・5.5
良く動いて守備にも貢献しているゆえんだが最後のシュートやラストパスに余裕がなかった

パトリック・・・5.5
1点では満足できないほどのチャンスはあった

羽生・・・5.0
後半からの投入ではゲームをつくることよりも決定的な仕事が求められる

水野・・・5.5
ロングスローやクロスでチャンスをつくったり、ミドルでゴールを狙うも相手の好セーブに阻まれる

平本・・・5.5
サイドや中央で起点になったり、高い位置からのボール奪取で決定機をむかえるも相手の好セーブに阻まれる

城福監督・・・5.5
負けはしたものの試合全体の評価は悪いものではない
采配としてもレッズ戦より早めの采配をしたがいける算段があってのことであろう
あとはそれぞれのプレーの正確さを突き詰めていくだけ


※まだまだ恩返しが足りないようですね・・・・


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:654回波乱の秋 | Home | 【2013 J1第27節:清水戦 前日情報】富士山ダービー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する