【2013 J1 第28節:横浜M戦】甲斐ナチオと浜ナチオ

どちらも決定機がなかったわけではないが守備で得た勝ち点1といって良いだろう

試合はマリノスの出鼻を挫こうとする甲府のセットプレー以外は予想通りの展開
特に前半は甲府の引いた54のブロックにマリノスがほとんど突破口を見出せなかった事は印象的だった

俊輔に対してもマンマークつけることなく、貰い手の方の潰しに重視していたこともプレビューで予想していた通り


甲府としてはプランどおりに試合を進めれたので勝ちたかったところもあるが
首位相手や中澤、栗原という存在を考えれば勝ち点1で良しとも思える

マリノスとしてもなんとか序盤のピンチを潜り抜けたので勝ち点3を取りたかったが
決定機は終盤しかなかったし、頼みのセットプレーもなかなかもらえなかった事を考えるとドローは止む無し


どちらにとってもこのスコアは妥当なものだったと思う


ただ、甲府は今までにないセットプレーをいくつか試してみたり
相手のハイプレスに動じることなく、ボールを保持できたことは
今までにないプレーで驚きがあった

徐々に連携が深まっている事もあってか1試合1試合成長を感じる

守備的過ぎるという批判はあるかもしれないが442の時より
シュート数も決定機も多いので個人的にはあまりそう思わない


残留争いという立場ながらも早く次の試合が観たいって思えるゲームをやってるし
いち早くそこから抜けてもっともっと上の目標を目指せるチームでもあると確信している

湘南も粘り強く勝ち点を積み重ねているのでまだまだ気が抜けない状態ではあるが
今日掴んだ手ごたえ含め、どんな相手とも自信を持って戦えるチームになってるので
意識しすぎることなく戦っていきたい




2013_kofu-yokohamaF2.jpg



【個人寸評】

荻・・・6.0
セービングは◎、フィード×

青山・・・6.0
玉際の粘り、空中戦の強さ、持ち味がしっかりだせていた

山本・・・6.0
マルキーニョスに厳しくマークし、自由を与えなかった

佐々木・・・5.5
守備だけではなく攻めに参加しようとする意思もあった
ただ、つなぎのパスミスが少し目立つ

保坂・・・6.0
俊輔のケアだけではなく、相手のハイプレスにも落ち着いてボールを回せていたことは
この試合において非常に助かった

パラナ・・・6.0
保坂と同様パスミスが少なく、落ち着きと時間をつくっていた

柏・・・6.0
ドゥトラサイドを何度も崩せたことは素晴らしかったがあとは最後の精度
守備においても齋藤と互角に渡り合った

福田・・・5.5
良くも悪くもリスクの少ないプレーを選択

河本・・・5.5
カウンター時の起点になっていたが少し物足りない
守備で穴にならなかったことは評価

ジウシーニョ・・・5.5
ここ最近の試合の中ではチャンスをつくる場面は少なかった
終盤のパスミスも危ないところだった

パトリック・・・5.5
中澤の厳しいマークで十分な起点となることは出来なかったが
サイドに流れて中澤を釣りだす動きは良かった

羽生・・・6.0
縦の楔を受け、そこで起点になりながらチャンスを伺う

土屋・・・5.5
出場時間少なく採点付加


城福監督・・・6.0
就任後初の非公開練習をしただけあって序盤のセットプレーは良かった
マリノス相手に守備で試合をコントロールしていたのは評価できるが
今後はこういう試合でも勝ちきる強さが求められる


※1位~5位との5試合で勝ち点11、得点7、失点1(PK)→15位→世界よこれがJリーグだw


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 :655回】10月も流れは同じ | Home | 【2013 J1第28節:横浜M戦 前日情報】BS劇場+小瀬劇場=首位撃破?

コメント

甲府上位に強いですね(´∀`)

試合0-0でしたが非常に見ごたえがありました。

浦和戦も凄かったですし…本当甲府は面白いチームですよね(^O^)

鳥栖とは順位的にもライバルですが…

来年もJ1で戦いましょうね!!

2013/10/06 (Sun) 22:11 | TAMA #- | URL | 編集
TAMA さん

最終節はお互い残留を確定状態で戦いたいですねー

お互いこれからが正念場でしょうか

2013/10/07 (Mon) 02:34 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する