【toto予想 :655回】10月も流れは同じ


はい、またもやキャリー発生

難しすぎる

J2全部外したし、∩(・∀・)∩ モウ オテアゲダネ


     

655回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田282448仙台

2×
2新潟522226鳥栖1

3浦和631818大宮
02×
4広島661618清水1

5大分141472C大阪
02
6湘南242155名古屋10
7F東京432235鹿島1

×
8甲府181864横浜M1

×
9川崎6018211

10愛媛262054東京V
02×
11札幌731413群馬1

×
12富山363133熊本10
×
13横浜C392338山形1
2×

計64口5/13
2013年通算成績:195/351 平均:7.2/13=的中率56%
J1的中率:125/220=57% J2的中率:72/130=55%

toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 磐田 1-1 仙台】  0 
いよいよ降格が現実味を帯びてきた磐田、もう対戦相手がどこであれ、勝利が絶対に求められる
その中で山田の出場が微妙ということでより厳しい状態に追い込まれそう
さらに対戦相手の仙台はここ3試合無失点と守備が安定しており、相手のミスを期待出来る相手ではない
過去の対戦成績で8勝8分3敗という結果だけはせめてもの救い
→怪我人が多い中で磐田は粘ったけど残留争い的には厳しい結果


【2 新潟 3-1 鳥栖】 
  
アウェイ連戦は勝利が出来ず、いまひとつ力不足を露呈してしまった新潟
今節は好調の鳥栖が相手だがホームできっちり勝利してまた良い流れをつくりたい
対する鳥栖は前節広島に敗れてしまったが残留争いは依然リードを保ている状態で大きな連敗さえなければ問題ない
連敗だけは避けたいがキム・ミヌと菊池が出場停止と戦力的にはやや厳しい予想が見込まれる
→川又凄いねー、試合はちょっと荒れそうだったけど結果には問題なし


【3 浦和 4-0 大宮】 0・2 1   
どちらも悪い状態で迎えるさいたまダービー
レッズは優勝争いをしている中でここ3試合勝利なしと追いかける立場としては是が非でも勝利が欲しい
大宮は前節もF東京に敗れ、いまだ泥沼の状態を抜け出せない
優勝争いをしており、ホームの利もあり、大宮ほどの悪い状態でないことを考えればレッズが優位とみるのが自然
ここ最近の相性は大宮の方が良いのでギャンブルを狙っても面白い
もちろん狙うは後者の波乱だ
→ダービーだけは違うかなと思ったけど流れは変わらず、退場が痛かったのは間違いないけど


【4 広島 3-1 清水】       
2試合連続で2-0の勝利と攻守に安定した試合を見せてる広島
今節の対戦相手はあまり相性が良くない清水
ただ、優勝へのモチベーションやホームの利を考えれば広島が有利か
→ゴラッソ連発の広島、首位奪還で連覇も見えてきた


【5 大分 0-2 C大阪】 0・
今節敗れれば降格が決まる大分
対戦相手はリーグ最小始点を誇るC大阪が相手だがなんとしてでもホームでの降格決定は避けたいところ
ホームでは1勝も出来ていないがセレッソとの相性は悪くない(大分からみて4勝5分5敗)
大分の最後の意地を期待したいところだがセレッソの守備の安定感は抜群でここ9戦負けなし
ただ、点が取れずにドローで終わることは多いのでそこは気をつけたいところ
→最後も粘れずあっさり降格決定


【6 湘南 1-1 名古屋】 1・
前節、レッズに2-2のドローを演じた湘南
優勝争いをしているレッズから勝ち点を奪ったことは良かったが試合展開からみれば勝ちたかったのが正直な感想
今節はホーム連戦で調子を落としている名古屋が相手ということでここはきっちり勝利してプレッシャーを掛けたいところ
対する名古屋は玉田、ケネディの2トップやダニルソンが欠場濃厚でさらに中盤の要である藤本が出場停止と
非常に厳しい台所事情となりそうで劣勢は必至か、ピクシー退団の影響は不明
→どちらも決定機はあったんだけど痛み分け


【7 F東京 1-4 鹿島】  2       
5位、4位の直接対決、優勝争いを厳しくともACL圏内はまだまだ現実的に届く範囲
F東京は4連勝中と好調で鹿島も甲府に0-3で負けたゲームがあったとはいえここ2試合は連勝で調子を上げている
難しいカードではあるがホームの利、鹿島のアウェイでの弱さを考えるとF東京を推したい
ちなみに鹿島は西が出場停止
→結果以上にスコアにも驚き、F東京はこういう波があるのが悪いところ


【8 甲府 0-0 横浜M】  0
 
残留争いでは優位な立場にはいる甲府だがまだまだ気を抜けない状態
湘南の結果が分かってからの試合ということで多少プランの変更はあるかもしれないが
チームの調子は良いので勝利を狙ってくるだろう
対するマリノスも優勝争いは混沌しておりアウェイとはいえ勝利して2位以下を離したい状況だが富澤の出場停止は痛い
ファビオをボランチで起用する案も報道されているが吉と出るか、凶とでるか
もちろん予想は贔屓目でいかしてもらう
→本気で勝てると思ったんだけどねえ、中澤・栗原コンビは流石でした


【9 川崎 3-1 柏】  
7位川崎と10位柏の対戦
川崎はまだまだACLを目指せる位置にいるが柏は上も下もやや目標を見失う位置にいる
さらにACLでの敗退を考えればこの試合にコンディション含めしっかり準備するのは酷
ここは川崎勝利を予想して良いと思うが中村憲剛の状態が良くないと聞いているのでそこはやや気になるところ
→大久保が得点王に向けて勢いが止まりません



【10 愛媛 4-0 東京V】  0・2 1
前節ガンバ相手に金星を勝ち取った愛媛、残留争いからは一歩抜け出しとりあえず一安心できる差になった
今節は村上と石井が出場停止ではあるが今季ホームでは良い成績を出しているので連勝を飾りたい
対する東京VはPO件争いでは厳しい位置にいるが勝ち点を積み重ねてして少しでも差を詰めていきたい
→この時期の愛媛は強すぎ


【11 札幌 1-3 群馬】  2     
8位の札幌は6位千葉との勝ち点差は4、まだまだ追いつく差ではあるが一戦必勝であることには間違いない
対する群馬は降格圏から抜け出したものの21位の岐阜とは勝ち点差なし、22位の鳥取とは勝ち点差3
どちらも勝ち点はシビアになっており予想は難しくなりそうだが力関係でいけば札幌が優位
群馬はアウェイで今季わずか1勝しかできていないのが推せない理由のひとつ
→札幌としては厳しい結果、群馬は残留に向けて大きく前進


【12 富山 1-2 熊本】 1・0 2
   
19位と18位の直接対決、残留争いから抜け出すためにはどちらも勝ち点3が欲しい
富山は前節福岡に4-1で快勝、熊本はここ3試合負けなしとどちらも調子は上向き
予想としても決め手に欠く対戦でどの結果になってもおかしくはない
ちなみに富山は池端、熊本は蔵川が出場停止
→難しいカードだったけどダブルで外したらダメ


【13 横浜Cvs山形】 1・2 0   
横浜Cは4試合負けなしの3連勝中と好調だが6位千葉との勝ち点差は11とPO進出は絶望的
対する山形は前節北九州に痛い敗戦を喫したが勝ち点50の勝ち点差は5とまだまだ十分可能性はある
秋葉の出場停止は痛いがこれ以上千葉に話されるのは許されない
→やっぱりそう来るかー、どちらが勝ってもおかしくはないゲームはドロー抑えるべし


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :656回】意外と難しい天皇杯 | Home | 【2013 J1 第28節:横浜M戦】甲斐ナチオと浜ナチオ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する