【toto予想 :656回】意外と難しい天皇杯

今週は代表weekなので天皇杯とナビスコが対象カードです

ナビスコを勝ち上がっている一部のクラブを除いて通常のタームなので
主力を出してくることが濃厚ですがそうはいっても必ず波乱があるのでそこをどこまで押さえるかポイント

J1vsJ2というカードもありますが安易な予想は避けるべきです

A代表はもちろんのことU世代も代表召集で不在になっていますのでそこは要チェックです

ちなみに天皇杯は延長戦、PKがあります
ドローになる確率もリーグ戦よりは高くなる かもしれません



     
656回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1横浜M5224241


2大宮312247G大阪

2
3磐田681715札幌1


4仙台79129水戸10

5新潟701614大分
02
6浦和442333川崎1


7湘南362935甲府

2
8松本252253鳥栖
02
9鹿島771211京都1
2
10広島8398熊本1


11千葉231958F東京
02
12川崎761311東京V1


13浦和771211山形10


計64口
2013年通算成績:195/351 平均:7.2/13=的中率56%
J1的中率:125/220=57% J2的中率:72/130=55%



toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 横浜Mvs柏】 
ナビスコ2ndleg、1stlegは柏が4-0と勝利しているのでマリノスは5点差をつけた勝利が必要
流石にこの点差をひっくり返すのは容易ではなく、ここ4試合で2得点しか奪えてない横浜Mの状況を考えるとかなり厳しい
ただ、この試合に関しての勝敗はそこまで難しいものはならないと思われる
守備が安定しており、ホームで強いマリノスの優位は揺るがないはず


【2 大宮vsG大阪】 2
  
大宮は代表召集でニール、ズラタン、ノヴァコビッチが不在、前節リーグ戦で退場した今井も出場停止
G大阪はおなじみの遠藤、今野、内田が代表で不在
J1vsJ2というカードだがガンバの実力、大宮の不調を考えると同じカテゴリー同士の試合と考えて良いだろう
さらにどちらも中心選手不在で怪我人も抱えており、さらに予想が難しい


【3 磐田vs札幌】 1   
磐田は伊野波が代表召集で不在、札幌は河合が出場停止のほか榊、阿波が代表で不在
リーグ戦では下位に低迷し、怪我人も多い磐田なので安易に予想は出来ないが
意外と天皇杯では2回戦でも大勝しているようにプレッシャーがないので伸び伸びサッカーが出来そうで
勝ち上がってくる可能性が結構高いと思われる
過去の対戦成績をみても磐田が9勝2分1敗と優位に立つ


【4 仙台vs水戸】 1・0       
仙台はリーグ戦で負傷退場したウイルソンの出場が微妙だが代表召集での不在はいない
このカード過去30戦の対戦成績があるが仙台は水戸に敗れたのは1回のみ
ここ4試合僅か1失点と安定した戦いを見せる仙台が負けるとは予想しづらい
ただ、曲者の水戸だけに粘って延長とかはありえそう


【5 新潟vs大分】 0・2
新潟はキム・ジンスと鈴木武蔵が代表で不在
大分に代表で抜ける選手はいないが降格決定した影響と怪我人が多いところは気になる
今季大分の1勝を上げたのが今回の対戦相手である新潟であり、相性も悪くない
新潟シングルはかなり危険と思われる


【6 浦和vs川崎】 
ナビスコ2ndleg、1stlegは川崎が3-2で勝利
浦和が勝ち上がるには2点差をつけた勝利、もしくは2-1での勝利
浦和も川崎も代表召集や出場停止はいないが川崎の大久保が神経炎症で別メニュー調整している
出場するかは不明だが万全の状態とはいかない可能性が高い
今季のリーグ戦ではいずれも川崎が勝利しており、浦和としてはなんとか天皇杯で勝ちたいところ


【7 湘南vs甲府】 2 
天皇杯とはいえ残留争いをしているクラブ同士の対戦でどちらも勝って勢いを付けたいところ
甲府に目立った選手の不在はないが湘南はハン・グギョンが代表で不在
控え選手で臨む可能性も考えられるがどちらにせよ予想は難しいカード


【8 松本vs鳥栖】 0・2 
どちらもハードワークするクラブ同士の対戦、ちなみの今回が初対戦
システムは異なるのでこの勝負にはならないが鳥栖に分があるのは間違いないだろう
ただ、松本も侮れないクラブでホームの利もある
慎重な予想が必要だろう


【9 鹿島vs京都】  1・2
鹿島は植田が代表で不在、京都は杉本、高橋、原川が代表で不在
どちらもアンダー世代なので影響はほとんどないだろう
鹿島はリーグ戦3連勝中で京都は5連勝中とともに好調同士なので楽しみな試合になりそう
ちなみに京都は2011年の天皇杯で鹿島に1-0で勝利している


【10 広島vs熊本】 1    
広島は西川、浅野、川辺、宮原が代表で不在
J1で首位の広島とJ2で18位の熊本というカードだけあって投票率に大きな差がある
広島は昨年、天皇杯で地域リーグのクラブに敗れ、2回戦でも大学生に苦しんで勝利しているので
油断はなさそうに感じられる
ここは3連勝中と好調の広島がしっかり勝ちきってくれるだろう


【11 千葉vsF東京】 0・2      
千葉はケンペスが出場停止でF東京は権田、森重が代表で不在
ケンペス不在が千葉にとってはかなり痛いがJ1vsJ2というカードでは結構楽しみな対戦
F東京も結構波があるチームなので波乱がってもおかしくはない


【12 川崎vs東京V】 1
   
同じクラブが2つの対象カードになるのは珍しいがこの川崎の試合は天皇杯
ナビスコの試合の結果も多少影響してくるだろうし、スケジュール的なことも含めると
ある程度、ターンオーバーをする可能性もある
東京Vも畠中、高木が代表で不在になり、高原も出場停止
リーグ戦のことも考えると何が何でも勝利を目指すとは思いにくい


【13 浦和vs山形】 1・0 
川崎と同じくこの浦和の試合は天皇杯
浦和も同じくリーグ戦への影響を考えてターンオーバーをしてもおかしくはない
山形もリーグ戦では負けられない試合が続くのでメンバーを落としてくる可能性がある
ちなみにこのカード以外にも対戦成績は五分に近い(浦和からみて7勝2分6敗)


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【サカつくプレイ日記】ヴァンフォーレ甲府1年目01 | Home | 【toto予想 :655回】10月も流れは同じ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する