【toto予想 :657回】直接対決

今節は直接対決が多い

J1では優勝争いをしている2カード
J2ではPO圏を追いかける2カード

どのカードも死闘になるのは必至か



 
657回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1仙台542224名古屋1


2鹿島462331浦和

2
3横浜M402832広島10

4F東京611821新潟1


5C大阪761311湘南10

6川崎691615磐田1


7552322甲府

2
8清水592120鳥栖

2
9大宮701614大分10

10札幌442432山形10

11岡山502525愛媛
02
12栃木392536東京V10

13福岡671815鳥取

2

計64口
2013年通算成績:195/351 平均:7.2/13=的中率56%
J1的中率:125/220=57% J2的中率:72/130=55%

     
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 仙台vs名古屋】 
仙台は公式戦6試合負けなし中、ここ3試合はドローが続いている
得点力に課題は残すものの安定した守備で勝ち点を拾っているが今節は鎌田が出場停止
対する名古屋は公式戦6試合勝利がなく、攻守ともにピリッとしない
ダニルソン、玉田が17日に練習復帰したようだが代表召集のケネディともにコンディションに懸念はある
さらに最終ラインでは闘莉王が出場停止と名古屋の方が不安材料は多い


【2 鹿島vs浦和】   
3位、4位の直接対決、同時に1位と2位の直接対決があることを考えればどちらも勝利して差を詰めたいところ
ホームで圧倒的に強い鹿島は西が出場停止だが公式戦4連勝中とチームは好調
対して浦和は水曜日の天皇杯で主力を温存するなどこの試合に掛ける意気込みは相当強い
予想もそこにかけて浦和勝利をおさえる


【3 横浜Mvs広島】 1・0  
1位、2位の直接対決、優勝を決めるといっても過言ではない大一番
マリノスは主力で臨んだ天皇杯から中2日とコンディションは気になるが移動はないため、差ほど影響はないか
それよりドゥトラ出場停止の方が痛く、対面のミキッチをどう押さえるかが1つのが鍵になる
マリノスは今季いまだホームで負けていないが引き分けが結構多く
1,2位の直接対決ということを含めてもドローは押さえた方が良いだろう


【4 F東京vs新潟】 1   
7位と9位の中位対決
どちらも、目標を定めにくい位置におり、試合へのアプローチが読みにくい
ポゼッションのF東京、カウンターの新潟という構図は試合前から予想できるが新潟はレオシルバ不在が気になる
ホームよりの予想をした方が無難に思えるがF東京もそこまで信頼がおけないのがまた難しいところ


【5 C大阪vs湘南】 1・0        
5連続ドローはあったものの堅い守備で9試合負けなし中と安定した試合運びをしているセレッソ
柿谷、山口が代表で不在となった天皇杯でも神戸に4-0と快勝し、チームの好調さを保てている
対する湘南は残留争いのためには勝利したいところではあるが厳しい戦いになることは間違いないだろう
過去の対戦成績では湘南が上回るが直近の4戦はいずれもセレッソが勝利している


【6 川崎vs磐田】 1
甲府が勝利して磐田が負けると磐田は降格へリーチが掛かる
磐田は間違いなく勝利を目指すはずだが怪我人が多く、松浦や金園らが練習に部分合流したが
いずれもコンディションは万全とは言いがたく山田の出場も微妙な状態で今節はカルリーニョスが出場停止
対して川崎も憲剛が腰痛で天皇杯も休んでおり、出場が難しそう
川崎優位だと思われるがかつての指揮官に恩情から勝ち点を与える可能性も考えられるが・・・


【7 柏vs甲府】  
柏は天皇杯から中2日だが移動はなかったので、影響は少ないかもしれない
前半戦は1-3と敗れている相手だけにホームで勝ちたいところではあるが
甲府もあの頃のチームとは大きく変わっているのでネルシーニョがどんな采配をするか注目
広島やレッズとやるように同じシステムを引いてくる可能性があるが甲府は
その2チームに内容、結果ともに勝っている ので下手したら甲府の方がやりやすくなる可能性もある
どちらを押さえるにせよ、シングルはやや危険(と言いながら予算不足によりシングルでいきますw)


【8 清水vs鳥栖】 2 
清水は本田とラドンチッチが出場停止とまず自チームの事情で厳しい試合が予想される
鳥栖は天皇杯で勝利したもののリーグ2連敗中で残留争いも優位な位置にいるとはいえまだ分からない
予想としては鳥栖を押さえるのが自然だと思われる


【9 大宮vs大分】 1・0 
後半戦、最も勝ち点が少ないチーム同士の対戦で大分は既に降格が決まってるとあって
モチベーションが難しい試合だが逆にこういうカードはかえって予想しづらい
大宮もズラタン、ノヴァコビッチ、ニールが代表帰りとあって懸念は少なくない
投票率は大宮が圧倒しているが波乱を押さえても面白い


【10 札幌vs山形】 1・0     
9位、10位の直接対決だがPO圏内に入るためにはどちらも勝ち点3が必須
どちらも天皇杯でJ1勢をやぶったが山形は中3日とコンディション面で不利
ホーム、アウェイのそれぞれの強さを考えると札幌が優位か


【11 岡山vs愛媛】 0・2      
天皇杯は柏に0-1で敗れた岡山
中3日というコンディション面と相手がG大阪、東京Vに連勝しているだけに難しい試合になりそうだ
PO争いに入るためには負けられないが近藤が出場停止


【12 栃木vs東京V】 1・0   
両者ともに水曜日の天皇杯ではJ1勢に敗れた
中3日と日程的には厳しいがどちらもPO圏を追っかける立場なのでそうは言ってられない


【13 福岡vs鳥取】  
突如、経営面の問題が浮上した福岡
なんとか勝利して援助の活動を広げたいところだが岡田、阪田、金森が出場停止
対する鳥取は残留争いでは一番苦しい位置におり、公式戦15戦勝利がない
ドゥドゥも出場停止と厳しいチーム状況だがなんとか勝ち点3をとりたい


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1 第29節:柏レイソル戦 前日情報】甲斐ナチオの最終試験 | Home | 【toto予想 結果:656回】延長乱舞

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する