【toto予想 :658回】ラスト5

J1もJ2もラスト5試合
優勝争い、残留争いも一番の佳境を向かえ、予想もよりいっそう難しいものになりそうです

今週は台風の心配もありますが今のところ日曜日の試合はあまり影響ないもよう



  
658回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1甲府181666F東京1
2
2新潟701614湘南1


3鹿島462232川崎1
2
4名古屋582418大宮10

5大分111376横浜M
02
6磐田322345清水1
2
7鳥栖171568C大阪

2
8山形651916愛媛
02
9富山293141水戸1


10群馬232354岡山

2
11京都701515札幌1


12徳島141472G大阪

2
13東京V642016北九州1



計64口
2013年通算成績:204/364 平均:7.2/13=的中率56%
J1的中率:131/229=57% J2的中率:75/134=56%

     
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 甲府vsF東京】 1・2 
甲府はなんといってもパトリック不在が今節の大きなテーマ
さらにF東京とは1勝10敗と圧倒的に分が悪い
これらを見ればこの投票率も納得だが甲府サポのトトラーとしては素直に予想するのは面白くない
指揮官の古巣への思い、小瀬劇場、魔の1枠・・・・ 波乱はないとは言い切れない


【2 新潟vs湘南】   
新潟は湘南に勝利すれば残留が確定する一戦
ホームでの相性の良さ、ハン・クギョン出場停止を考えれば新潟優位は間違いない
湘南のアウェイでの成績は3勝1分10敗、波乱を押さえるとしたドローよりも湘南勝利か?


【3 鹿島vs川崎】 1・2  
鹿島は前節浦和に敗れ優勝争いから後退、まだ可能性はあるが苦しい状況となった
対する川崎は現在6位と鹿島の下に位置しており、この試合で勝利すれば順位が逆転する
鹿島ホームとあって鹿島が優位に見えるが川崎も憲剛が先発復帰できそうなのでわからない


【4 名古屋vs大宮】 1・0    
チーム状況的には最悪の両チーム
残留争いも賞金争いも可能性はなく、モチベーションもあまりないような状態
名古屋は出場停止や怪我人などが復帰し、ベストメンバーに近い布陣が組めそうなのは何より
対する大宮は5連敗中でその間の得点は僅か2と強力2トップも今は見る影もない
難しい予想かもしれないが名古屋の方がまだポジティブな材料がある


【5 大分vs横浜M】 0・2        
天皇杯に続いてリーグ戦でも勝利した大分
なんとかその勢いを続けていまだ勝利がないホームでサポーターと喜びを分かち合いたい
ただ、対戦相手は首位の横浜M
栗原を出場停止で欠き、得点力に陰りが見えるが安定した守備で接戦をものにしている
降格が決まった大分だけに波乱はありそうだがあってもドローと予想する


【6 磐田vs清水】 1・2
静岡ダービー
ホームの磐田は今節清水に敗れ、甲府が勝利すれば降格が決まる
磐田はチョ・ビョングク、清水はヨン・ア・ピン、河井が出場停止だが代役はそれぞれいるので影響はあまりないだろう
ホーム磐田での清水戦は17勝1分6敗と相性は良い
ダービーを制して再浮上するのか、はたまたダービーで降格が決まるのか
シナリオは極端になりそうだ


【7 鳥栖vsC大阪】  
鳥栖は残留争い、C大阪は優勝争いとどちらもモチベーション高くゲームに入るだろう
この2チーム、得点力は同じくらいだが失点は鳥栖の61に対してC大阪は25と歴然の差
さらに鳥栖はヨソンヘが負傷離脱と守備には大きな不安を抱える
打ち合いになれば鳥栖に分がありそうだがJ1最小失点のC大阪がそれを許すとは思えない
ここはC大阪勝利と予想して良いだろう


【8 山形vs愛媛】 0・2 
ここに来て3試合未勝利と失速気味の山形
ロメロ・フランクが負傷したこともあってPO圏内に入るには厳しい状況だ
さらに対戦相手がガンバ、東京、岡山と試合で負けなしだった好調の愛媛
守備を軸にするチームだけに山形としては嫌な相手だ
投票率も加味して愛媛よりの予想が面白そうだ


【9 富山vs水戸】  
いっこくもはやく残留を確定させたい富山
気になる対戦相手は4戦連続ドロー中&8試合勝利なしの水戸
その水戸は攻撃のタクトを振るう橋本が出場停止と今節は厳しい試合が予想される
予想としてはも富山より


【10 群馬vs岡山】 2     
後藤選手の万引きはチームに大きな影を落としたことは間違いなく
この一戦には残留争いとは別の意味でプレッシャーが掛かる
さらに保崎とエデルを欠く状況でPO争いで負けられない岡山を迎える
岡山としてもここ2試合勝ちきれていないだけにここはしっかり勝ち点3をとりたいところ


【11 京都vs札幌】       
PO争いにからむクラブ同士の対戦
3位の京都は5位徳島と勝ち点差は5、7位札幌とは勝ち点差は12とPO争いでは一歩リードしている
札幌は6位の長崎とは勝ち点差6と厳しい状況ではあるが何とか勝利してプレッシャーを掛け続けたい
ちなみに京都はホームでドローが3回、札幌はアウェイでドロー1回と少ない傾向にある


【12 徳島vsG大阪】 2   
前節横浜Cに痛い敗戦を喫した徳島、PO出場圏の6位以内には位置しているがまだまだ情勢は分からない
さらに今節は対戦相手がG大阪と、厳しい戦いが予想されるだけに悪くても勝ち点1はとりたい一戦
対するG大阪は首位神戸を逆転するために1つも勝ち点の取りこぼしは許されない
ちなみに徳島はアレックスが出場停止


【13 東京Vvs北九州】  
東京Vは今年、北九州から三浦監督をはじめ、何人もの選手を引き抜いておりこのカードは因縁の対決になる
前半戦は1-1のドローだったが東京Vの現在置かれた立場も考えるとこの一戦では勝ち点3以外必要ない
北九州は前田と富士が出場停止と厳しい試合が予想されるがアウェイの試合は比較的得意としている


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1 第30節:F東京戦 前日情報】パトリック不在 | Home | 【サカつくプレイ日記】ヴァンフォーレ甲府2年目01

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する