【toto予想 :660回】ラスト3


近年まれに見る波乱の年でしたが今年のtotoもラスト3回

各争いも依然、決着が付いておらず予想も最後まで難しいものになりそうですが
なんとか最後当てて有終の美を飾りたい




 
660回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1F東京402337C大阪10

2湘南131176鹿島

2
3鳥栖572023磐田1
2
4仙台142154浦和

2
5大宮492328甲府

2
6横浜M661816名古屋10

7大分231958新潟

2
8川崎601921清水1


9京都251857G大阪1


10水戸282448東京V
02
11千葉631819長崎1


12松本412336山形10

13札幌201565神戸1
2

計64口
2013年通算成績:213/377 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:136/236=58% J2的中率:79/140=56%
   
     
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 F東京vsC大阪】 1・0 
6位、5位の直接対決ということだけではなく優勝争いが厳しくなっていることや
来期の監督交代が決まってることなどチーム状況が似ている同士の対戦
1枠ということもってトリプルを使っても良いくらい予想は困難
ちなみにF東京は高橋が出場停止


【2 湘南vs鹿島】   
残留争いでがけっぷちに立たされた湘南
甲府との勝ち点差は6だが得失点差で大きく負け越しているのでもう敗戦は許されない
そんな状況でホームとはいえ4位の鹿島を迎えるだけでも厳しい状態なのに
古林、ハン、ウェリントンが出場停止とさらに難しい状態でこの一戦を迎える


【3 鳥栖vs磐田】 1・2  
15位甲府との勝ち点差が11の磐田はこの試合でドローもしくは敗戦で降格が決まる
対する鳥栖は湘南との勝ち点差が9なのでドロー以上で残留が決まる
ただ、前節もセレッソを破るなどホームで強いことを加味すれば鳥栖優位の可能性は高い
磐田の藤田が出場停止


【4 仙台vs浦和】 2   
ナビスコ決勝で敗れたレッズだがマリノスとの勝ち点差は2で十分優勝の可能性は残されている
試合開始の時間が19時のためマリノスの結果を見て試合を行う
マリノスがどういう結果になろうと追いかける立場なので変わらないと思われるがモチベーションは非常に高くなるだろう
仙台はホームのアドバンテージはあるが監督交代が決まり、順位的にも明確な目標が見出せない位置にいるので
予想としては難しいものになるだろう


【5 大宮vs甲府】         
復調の兆しがないままズルズル来てしまっている大宮、今節は残留争いを戦っている甲府をホームに迎える
その甲府は湘南や磐田の試合を観て戦うので結果によっては戦い方を変える可能性はあるが
アウェイとはいえ低調な大宮には勝利して残留を確実なものにしたい


【6 横浜Mvs名古屋】 1・0 
首位を走るマリノスだが俊輔が突如急病になり、この試合も出場は厳しい状態のもよう
守備の安定は計算できるがこのアクシデントを埋めるには容易ではない
相性も良く調子を落とし気味の名古屋が相手なのがまだ幸い


【7 大分vs新潟】  
降格が既に決まった大分だがホームではいまだ勝利がなく残されたチャンスもあと2回
新潟とは今年リーグ戦でも天皇杯でも勝利しており相性は良いのでなんとかホームで勝利をあげたいところ


【8 川崎vs清水】 1
7位と9位の中位対決
前節は鹿島に敗れたがホームで9勝4分2敗と強さを見せる川崎が優位に試合を進めると思われる
清水はヨンアピンが出場停止


【9 京都vsG大阪】  
今節注目の一戦
PO進出を決定させた京都だが相手がガンバと言うこともあってモチベーションは高いだろう
ガンバも前節首位に返り咲いたが1つでも取りこぼせば再逆転される可能性が高い
予想としてはどの結果になってもおかしくはない
過去の対戦成績や京都のホームでのデータからいうとドローは外して良さそうだが・・・


【10 水戸vs東京V】 0・2     
ドローは多いが10戦勝利なしの水戸と前節の敗戦でPO進出が厳しくなった東京Vとの一戦
モチベーション的にもチームの状態的にもあまり良くない両チームだが
直近9試合では東京V6勝3分と相性の良さを見せている


【11 千葉vs長崎】       
4位、5位の直接対決
PO進出もそうだがホームで戦える4位の位置を争う対戦でもある
どちらもインテンシティの高いゲームをするチームなので好ゲームが期待できるが逆に予想は困難


【12 松本vs山形】 1・0   
松本は得失点で下回っているものの6位徳島との勝ち点差はなく十分PO進出を狙える位置にいる
対して山形は勝ち点差5とまだ可能性は残されているがかなり厳しい状況
山形との過去3戦して勝てていない松本だが今の状況やホームの利を考えれば今回は松本優位に思える


【13 札幌vs神戸】 1・2 
札幌はPO進出の6位まで勝ち点差3と1試合でひっくり返せる位置にいる
神戸はまだ昇格は決まっていないがほぼ確定でむしろ目指すべきところは優勝
どちらも勝ち点1では許されない一戦で熱い試合が期待できる
力的には神戸が優位だと思われるがホームの札幌はまた別の強さを見せるので予想としても難しい
両クラブともドローが少ないことは一つデータとしてある


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2013 J1 第31節:大宮戦 前日情報】リベンジ | Home | 【サカつくプレイ日記】ヴァンフォーレ甲府3年目02

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する