【2013 J1 第31節:大宮戦】残留へ大きく近づく勝利


先に試合が行われた湘南、磐田が敗れたため、この試合で勝利すれば大きく残留へ近づく

そういった状況がモチベーションにもなる一方、変にバランスを崩させる要因にもなりえたので
難しい試合になると予想していたが勝ち点3を奪えたことは非常に良かった


ズラタンの退場という棚からぼた餅的な利が相手からもたらされたところはあったが
しっかりと守備から入ってカウンターを狙う自分達のサッカーはやれていたと思う

ただ後半、大宮が攻めて甲府が守るという時間帯が長く続き、
その中で奪ったらパトリックへ一本で狙うプレーが結構多かったが
流れが悪かったのでもう少しマイボールの時間を増やしてほしかった


この2週間もそういうところの修正をしようとしていたはずなのでその成果を見たかったのが少し不満


まあ、なんにせよこれで湘南との勝ち点差は9、得失点差も14

残り3試合なので湘南が3連勝、甲府が3連敗しても大敗さえしなければ問題ない差になった

選手や監督はまだ確定ではないの油断できないだろうが残留はほぼ決まったとみていいだろう
(ここから逆転されたらメイクミラクルどころではない・・・)





2013_omiya-kofu3.jpg 


【個人寸評】

河田・・・6.0
ビックセーブを必要なシーンはなかったが
ハイボールや裏へ出されたボール、バックパスの処理などプレーは安定していた

青山・・・6.0
最後はプッシングで失点になるFKをとられたが空中戦の強さを90分発揮

山本・・・6.5
インターセプトやカバーリングのうまさは流石といったところ

佐々木・・・6.5
相手の起点になる縦の楔をしっかりつぶした

保坂・・・6.0
前線に絡むシーンは少なかったが中央をしっかり締めて次第点の仕事はした

パラナ・・・6.0
後半は中央にスペースがあったので持ち上がって攻撃にアクセントを与えた

柏・・・6.0
ドリブルでサイドを切り崩すシーンは少なかったが
1点目のOGになる河本へのスルーパスは素晴らしかった

福田・・・6.0
前半はよくボールを触ってサイドで起点となった

河本・・・6.5
ドリブル突破でOGを誘発しのも素晴らしかったが
左足の強烈なミドルも放つなどゴールへの意識が高かった

ジウシーニョ・・・6.0
安定したキープ力で時間を作ったが
チャンスを演出するシーンはそこまで多くなかった

パトリック・・・6.5
結果的にはあの追加点は必要だったので大きなゴールだった
もっともっとやれると思うが終始、大宮の危険になっていたのは間違いない

羽生・・・6.0
良いタイミングの縦パスをパトリックにいれたことでそれがゴールへ繋がった

水野・・・-
出場時間少なく採点付加

松橋・・・-
出場時間少なく採点付加

城福監督・・・6.5
難しい判断だったと思うが大事をとって早めに河本を交代させたのが当たった
イエローのリスクを避けるための交代も柔軟な対応をしたと思う


※菊地選手の負傷が軽症であることを祈ります


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【toto予想 結果:660回】ドローが僅か1つ | Home | 【2013 J1 第31節:大宮戦 前日情報】リベンジ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する