【2013 J1 第33節:名古屋戦】最後の決め手を欠く


どっちも最後の決め手に欠いた試合で0-0という結果は妥当なものだったように思う

守備に関しては序盤に甲府の高い最終ラインの裏を永井にとられるプレーは危険だったが
それ以外はいつも通りの強固な守備ブロックで相手の攻撃を阻めていた
攻撃に関しても良いカタチでボールが奪えたらカウンター、名古屋のプレスが厳しい場合は慌てずにボールを保持する
とまだまだ1つ1つの精度を上げていく必要はあるがチームとしてやろうとしてる狙いは表現出来ていた

残留というプレッシャーから解放されたことが影響することも1つの注目ポイントだったが良くも悪くもそれはなかった
最低限の守備という部分がしっかりチームに定着していることが改めて確認できたことは収穫だった

ただ、名古屋の攻撃が甲府としては守りやすいものだったので
今日の試合で無失点に終わることはそこまで難しいものではなかったはず

あとは、最後の点を取るカタチ

もっともっと攻撃の精度、パターンを多くして決定機を増やしてかなければこの勝ち点1が3にはならない
天皇杯含め残りの試合、期間は少ないが少しでもレベルアップを図り来年へとつなげていきたい




2013_nagoya-kofu_2013113019433417e.jpg

 


【個人寸評】

岡・・・5.5
最終ラインとの連携が取れていないのは経験不足もあるし、コーチングが足りないのもある
ただデビュー戦としては悪くないプレーだった

青山・・・6.0
永井のスピードにはてこずったが空中戦ではケネディや闘莉王と互角にわたる

山本・・・6.0
ポジショニングや読みでフィジカル勝負での劣勢を埋めた

佐々木・・・6.5
ケネディの高さ、闘莉王とのマッチアップ、永井のスピード
いずれも上手く対応して先手をとられることはなかった

新井・・・6.5
名前の通りちょっと荒っぽいところもあるが中盤でのつぶしからビルドアップや縦の楔、サイドチェンジと
持ち味が良く出ていたと思うし、今日のプレーが出来れば主力になれる

パラナ・・・6.0
もう少し攻撃的な部分で違いを出して欲しいという要求は酷かな?

柏・・・5.5
対面の阿部に上手く対応されてサイドを崩せなかった

福田・・・5.5
攻守ともに少し物足りな印象
サイドで起点になる回数も少なかった

河本・・・6.0
相手のプレッシャーが厳しいところでファールを受けて起点になった

ジウシーニョ・・・5.5
悪くはなかったがが決定機を演出するようなプレーは少なかった

パトリック・・・5.5
縦のドリブルはパトリックの良さだが周りをもう少し見て効果的にプレーできればもっと良くなる

橋爪・・・5.0
リーグ戦でもっと出場機会を得たいならプレーの精度を上げる必要がある

ソングン・・・-
出場時間少なく採点付加

石原・・・5.5
出場時間少なく採点付加

城福監督・・・6.0
岡と新井の起用は思い切った采配だったが最後まで選手に競争意識を与えて
2013年を締めくくると言う意味で良いチャレンジだったと思う

※ピクシーお疲れ様( ´Д`)ノ~ 


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事
【サカつくプレイ日記】ヴァンフォーレ甲府7年目 | Home | 【2013 J1 第33節:名古屋戦 前日情報】岡、新井の初先発

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する