【2014 J1 第1節:鹿島戦】まさかの4失点

試合開始前から横断幕やエールによってお互いが開幕戦を迎えられたことに安堵すると同時に
甲府の状況を理解してくれたこともあってかバチバチとした雰囲気があまりない

というか思ってたより東京寒かった:(;゙゚'ω゚'):
朝起きた時の甲府の方があったかかった気がする

そんな鹿島からの暖かい対応を察したのかピッチ内では極上のお・も・て・な・しで昨季の倍返し!!

清水のようにいろいろ応援してくれるクラブには力が出せないんだ・・・・・(と思いたい)



こういう試合を評価するのは正直、難しい
時間帯、点の取り方など鹿島にとってこんな楽な展開はなかったんじゃないかと思う
あんだけ効率よく取れば失点だけ気をつけていれば良いし、逆に守備からチームを作っている甲府には最悪の試合展開
セットプレーの課題はきっちり修正する必要はあるがあまり引きずりたくはない



【セットプレー】

1失点目
ダヴィが自らとったCK、ああやってサイドに流れてCKとって自分で決めちゃうのは甲府でもよくあった
青山がマークしてたけどダヴィの腕力に負けたかポジションの取り合いで勝負有
手でカードしながら良いポジション取れる日本人のストライカーはなかなかいないよね
そして、なぜか倒れてる岡君
相手選手と交錯したようだが鹿島の選手が妨害してるわけでもないのでボール見すぎたのかもw
良い体勢取れててもダヴィにドンピシャだったので防ぐのは難しかったがああいうのみると何か安心できない

2失点目
これもCKからだが山本が不用意にとられた流れで渡ったCK
ダヴィに警戒するあまりにマイナス気味に待っていた遠藤がドフリー
なんとか掻き出そうとするも結局、遠藤に決められてしまう

3失点目
結構距離があって角度もないところだったが上手くヘッドで合わされて逆サイドに流される
これもフリーだったし、マークの確認が出来ておらず┐(´д`)┌
後半開始直後という時間帯も含めてこの失点で試合が決まってしまった

4失点目
さすがダヴィといったところ
ああいう距離のあるところから上手くコースに狙って頭で決めるのも上手かった



セットプレーで1点くらいはどの試合でも取られるかもしれないくらいの気持ちで見てるんですが4点は擁護できないです

前半は特に、互角にやれていたわけですからなおさら悔やまれます

昨年まではニアにパトリックがフリーマンでいて青山、佐々木、パラナ、山本あたりが相手選手に付くという
対応の仕方でしたが今年はニアにクリスティアーノ

パトリックほど身長も高く、空中戦に強くないのでキッカーから見える景色は違ったかもしれません

青山が再三ダヴィに競り負けるシーンが続いたのでもちろんそこにも原因がありますが
今年は空中戦に強いと言える選手が青山と佐々木くらいしか先発にはいません
セットプレーの対応は昨年以上に気をつけていかなければいけないという教訓になりましたね


【サイドの崩し】

サイドからの攻略は現状でもかなりカタチになっていました
柏という個で突破する選手はいなくなったが阿部、福田とも組み立てが上手くクロス精度も高い
クロスにジウシーニョや阿部、福田が合わせるのは果たしてどうなのか?という疑問はあるが
見方がいないとんでもない方に蹴るクロスは殆どなかったので後は相手の選手より先に触れるかどうか
広島やレッズのようなチームもサイドからのクロスで点取ってるので精度をより高めていくしかない
長身のストライカーがいないことを嘆いても何も始まらない


クリスティアーノがサイドに流れすぎている事に関してはそこまで問題ないように思う
特に右サイドに流れる時は福田と良い連携が築けていて、崩せそうなシーンが観られた

1トップに関しても違和感はない
むしろパトリックより収まるのでボールを保持する時間は長くなりそう

ただ、もうちょっと裏を取るような動きをシャドーの2人含めて欲しかった
鹿島のタックルを苦にしない技術の高さでボールを収めていたが縦の奥行きを上手く活用すれば
もっと楽にボールを受けれると思う






14_kofu-kashima.jpg

 J’s GOAL http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010220140301.html 

【個人寸評】

岡・・・5.0
失点に責任はないし、大きなミスがあったわけでもないが経験のなさが風格というかオーラに出てる
甲府のシュートを良いポジショニングでなんなくキャッチしてしまう曽ヶ端とは対照的な差

青山・・・4.5
組立てでミスが出るのは致し方ないが持ち味の空中戦で競り負けるのはダメ

山本・・・5.0
要所を潰すプレーは流石だったが2失点目のCKにつながるミスは不用意だった

佐々木・・・5.0
前半、左サイドを崩されるケースが何度かあり阿部との連携を深める必要がある

新井・・・5.0
もっともっとボールを引き出してリズムをつくらないと

パラナ・・・5.5
クリスティアーノがサイドに流れた時、何度か中に入る動きは良かった

阿部・・・5.5 
クロスや組立てのパスは素晴らしかったが守備で裏を取られるシーンがあった

福田・・・5.5
やっぱり右サイドの方がキック精度の高さが活きる

下田・・・5.5
視野の広さや、ポジショニングの修正、動きの質、左足のキックをみると確かに高いレベルにある
コンタクトプレーを避けるというか苦手にしていることは課題

ジウシーニョ・・・5.5
相変わらずよくボールを収めてくれるがクリスティアーノや下田とパス交換で崩すようなプレーは少ない

クリスティアーノ・・・5.5
ボールを収めながらサイドに活路を見出そうとする
ヒールで流すようなプレーが後半多かったがあれは少し疑問(もう少し確実なプレーを)

河本・・・5.5
ドリブルでの突破やクロスに飛び込むプレーで活性化させるも得点までは至らず

盛田・・・5.0
OPという前提だけど思ったよりは悪くないかも

稲垣・・・-
出場時間少なく採点付加

城福監督・・・5.0
セットプレーでの4失点はどこかに問題があったと言わざるを得ないので修正が急務
流れの中では昨季よりもプレッシングとポゼッションを高める意識は伺え、収穫もあったが
まだまだ阿吽の連携を取れるようには時間がかかりそう


※昨日も書いたがやっぱり今年のダヴィはやるね 


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:678回】一発目からキャリー、今年も波乱の年か | Home | 【2014 J1 第1節:鹿島戦 前日情報】国立での開幕戦

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する