【2014 J1 第3節:新潟戦】1-1の痛み分け

勝ちたかったというのが正直な感想だが内容がしっかり伴っているのが救い

内容を結果に結び付けられていないのはまだ課題がある証拠だが勝ち点3は近づいている




【後半の戦い方】

前半に関してはほとんど言うことないほど完璧に近い内容だった

新潟のハイプレスも奪ったボールを早めに盛田や逆サイドのWBなど広い方向につけたことで上手く回避していた

あと、何より新潟が甲府の最も分厚い中央を崩そうとしてパラナや新井、山本の守備網にかかってくれたのが大きい

前向きでボールを奪えていたので、前線がそこまで下がらず良い状態でカウンターにつなげられた


それを新潟が修正してきたのが後半

中央を無理して崩すより、SBを高い位置に上げてサイドで起点をつくることを重視
そうすることにより、甲府の最終ラインを崩せなくてもシャドーを深い位置まで下げさせれば
相手のカウンターの脅威を受けないという目論見があっただろう

甲府の方も起点になる盛田が孤立して、クリスティアーノも守備に追われてしまったので
ボールを前線に運べなくなってしまった

それでも粘り強い対応で守っていたのでセットプレーでやられてさえいなければよかったのだが
結果は失点してしまったので何かしら手を打つ必要があったともいえる

石原と水野をいれてシャドーの運動量が上がった途端にこちらの決定機が続いたのでなおさら、そう思う

相手があれだけリスクをかけて攻めてきたので押し込まれるのはしょうがないとしても
2点目を奪う選択肢を失点する前に追求しても良かった





14_kofu-niigata.jpg

 J’s GOAL http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010220140315.html

【個人寸評】

岡・・・6.0
フィードは評判どおり上手い

青山・・・5.5
またもやセットプレーでマークを外してしまう

山本・・・6.5
カバーリング、インターセプトは圧巻
終盤は前線に上がる意欲も見せた

佐々木・・・6.5
つなぎのミスも少なくなり、安定感が増している
セットプレーでとりそうな予感はあったが次に期待

新井・・・6.0
縦の楔の精度、タイミングが良い

パラナ・・・6.0
どこにボールがこぼれるかこの選手は知っている

阿部・・・5.5
守備に気を使ってる印象で攻撃面で良いところが出せていない

福田・・・6.0
守備での安定感とパス出しはさすがの出来

河本・・・5.5
後半はスタミナ切れか失速

クリスティアーノ・・・6.5
決定機に決められなかったがドリブルでの推進力、見方を使う視野の広さとパスセンスは素晴らしい

盛田・・・6.5
今日もしっかりボールが収まっていたと思うし、得点も決めた

水野・・・6.5
コンディションが良さそうで身体がよく動いている
精度の高いクロスでチャンスもつくっているので切り札としての役目をしっかり担っている

石原・・・6.0
カウンターから2度決定機を迎えたが相手GKの攻守に阻まれる

城福監督・・・6.0
セットプレーでの失点と押し込まれたときの対応が課題として残ったが
試合全体のパフォーマンスとしては良かった


※小瀬の開幕戦で1万人行かないのはちょっとやばいね・・・


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:680回】前評判とは・・・ | Home | 【2014 J1 第3節:新潟戦 前日情報】小瀬劇場の開幕

コメント

岡が安定してきましたよね。
地味だけど大事なところかと。

2014/03/16 (Sun) 12:47 | K2 #- | URL | 編集
K2さん

ですね。
経験がほとんどないようなもんですから試合をやれば
自信もついて落ち着いてくると思います。

それにしても昨日の水野に出したフィードは凄かった。
あれだけで今後に大きな期待が持てます。

2014/03/16 (Sun) 15:25 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する