誤算(マリノス目線)

今回はあまりにも守備が完璧だったので相手目線で試合を観てみる

マリノスの攻撃は俊輔を中心とした高いポゼッションを軸にサイドに数的優位をつくって
連動したオフザボールの動きとパスワークで相手の陣形を崩すのが定石

ただ、3バック、ボランチ、WB、シャドーと最大4人の選手が終結してくる甲府にサイドで主導権を握るのは難しい

また、中央もスペースがなく伊藤翔がもともとポストを得意としないタイプなのもあってやはり断念せざるを得ない
逆に下手につけて奪われるとクリスティアーノを中心とした甲府のカウンターの脅威にさらされるのは目に見えている
CBが中澤、栗原とスピードがない選手なのでなおさらリスクになる


・では、どこに攻撃の起点を見出そうとしたかというと・・・甲府最終ラインの裏

伊藤翔や兵藤、佐藤優平といったオフザボールの動きに長けた選手を走らせることによって
相手の最終ラインに揺さぶりを与えてペースを握ろうとしていた

ただ、もともと甲府の最終ラインは高いライン設定をしているわけではないのでそもそも後ろにスペースがなく
よっぽど良いボールではないとGKの守備範囲かタッチラインを割ることになる

それでもマリノスが突こうとしたのはそこにしか攻撃の可能性を見出せなかったから

その中で狙いを定めたのは佐々木のサイド

おそらく空中戦に強い青山より佐々木を狙うことによってミスを誘おうとしたと思われるが
昨日の佐々木は自分の後方に蹴られたボールに対して全く苦にせず対応していたし
山本もしっかりサポートしてたのでほとんど脅威にはならず

それでも、マリノスとしてみればそこで起点が作れなくとも苦し紛れにクリアしてきたところを
すぐ奪い返して2次攻撃、3次攻撃につなげれていれば良かったのだがそこで誤算が生まれた


クリスティアーノと河本の存在
(盛田の不在がマリノスにどの程度影響を与えたかは不明)

強さと上手さを兼ね備えたクリスティアーノは五分五分に中澤、栗原と対峙し、河本は下平を完全に制する
相手に良い攻撃をさせないという意味ではマリノスの守備陣は役割は全うしていたが組み立てが上手くないのも含めて
糸口が見出せない攻撃陣をサポートできるような貢献が出来ず、攻撃が単発に終わってしまった


それでもマリノスのようなチームなら慌てずにセットプレーや相手が疲労した時間帯から勝負をかけて
勝ってしまうのが本来の姿だが昨日はセットプレーにおいてもほとんどチャンスが作れなかった

実際、セットプレーの数は前半はおろか後半も終盤に何本かあった程度
(リスクを賭けてチャレンジするプレーがなければセットプレーも生まれないのが必然ではあるが・・・)

しかも、その少ないセットプレーの中でも相手のGKが予想以上にハイボールに対して飛び出していたので
シュートをまで至らないことが多かった


選手のコメントみると明らかにこういう我慢比べの試合になることは想像していたに違いないが
想定した以上に甲府の守備が堅かったのと先に失点してしまったのが痛かった

我慢していればセットプレーなどでいつかは取れるだろうという安易な読みがあったのは間違いないが
昨日の甲府が特別な戦い方ではなく、普段どおりの戦術だったことを考えるとあまりにも無策だった

むしろ盛田のアクシデントによって全く準備していない状態で戦わなければいけなかったのは甲府の方で
その甲府に対してこの内容なのだから試合前に勝負が決まっていたようにも思われる

齋藤、藤本が最初から起用できていれば・・・どうだったかという疑問はあるが
ジウシーニョと盛田を欠き、ルーキー3人がベンチ入りしている甲府の方が
よっぽどやりくりは難しかったはずなのでそういうみかたはフェアではない




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :683回】2億チャンス | Home | 【toto予想 結果:682回】連続キャリー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する