【2014 J1 第5節:仙台戦 前日情報】叩けるうちに叩きたい

手倉森路線を引き継ぐような発言をしていたと思われるがポゼッション主体でシステムもいじるなど
自分の色に染めようと試みて上手く入ってないアーノルド新監督の仙台

甲府戦では2トップに戻し、柔軟な姿勢で準備しているようだが果たして・・・

調子の上がっていないチームだが未勝利ということで間違いなく甲府戦へのモチベーションは非常に高いだろうし
上記の通り、開幕から続けてきたサッカーの軌道修正をするようなので良い意味でも悪い意味でも読みにくい

マリノス戦の勝利でつけた勢いをさらに大きくするに甲府としてはやはり連勝したい

こういうゲームでもしっかり勝ちきれる強さが出てくればより高みの目標に目指せる


【予想スタメン】

14_zen_sendai-kofu2.jpg

 
甲府
前節スタメンで決勝点をあげた石原に代わって下田が先発起用
怪我で離脱していたジウシーニョは全体練習に合流したが先発は回避するよう

仙台
慣れ親しんだ2トップに戻し、ウイルソンと角田が先発復帰
右SBには菅井に代わって石川大徳が予想スタメンに上がっている


【どちらの仙台か】

手倉森時代に培った堅守速攻かアーノルド新監督の掲げるポゼッションサッカーか

大宮戦の仙台を観るとボランチがCBやCBとSBの間に下りてSBを高い位置にあげ
そこからショートパスで組み立てるというオーソドックスなボール回しをしていたが
選手の個性と監督が考えるものに大きな隔たりがあるように感じられ、完成度は非常に低いもだった

カウンターの対応もどう考えているのよく分からなかった


そういう状態から甲府戦では2トップの布陣に戻す布陣が予想がされている

その変更が単純に前線の並びを変えるだけのものなのか?もしくは戦術自体を大きく変えるものなのか?・・・・・

どちらにせよ甲府の戦い方は変わらないが選手個々が「思っていたのと違う」と
虚をつかれる可能性もあるので仙台がどういう準備をしてくるかは1つの注目点

アーノルド監督が相手のサッカーをどの程度分析するのかも分からない


選手の面々は昨年から変わっていないが監督が全く読めないのでそういう意味では
マリノス戦よりやりづらい可能性もあり、対応力が求められる試合になりそう

もちろん楽観視は出来ない


J’s GOALプレビュー
【J1:第5節 仙台 vs 甲府】プレビュー:開幕4戦未勝利の仙台。迷いを振り切り、甲府の守備を攻略できるか?(14.03.28)

ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2014 J1 第5節:仙台戦】ともに消化不良 | Home | 【toto予想 :683回】2億チャンス

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する