【2014 ナビスコ 第2節:柏戦】進化の兆し


撤退してからの守備だけではなく、前からプレスをかける意識が強かったのは開幕の鹿島戦以来
相手によって変えたのかもしれないがジウシーニョが復帰した影響はあるだろう


前線が強烈でいかにもカウンターが強いレイソルとこういう戦い方は却って甲府の方が分が悪いと
試合の途中まで思っていたが終わってみれば1-1のドローで内容もまずまずと言っていい


もちろん前への意識が強いのでカウンター受ける前にもう少し潰す意識がないと失点の可能性は高くなるし
ジウシーニョのプレスへの意識があまりにも強いので後ろの阿部が再三、1対1を仕掛けられる状況になっていたのは
しっかりと修正してバランスを保つようにしないといけない


ただ、前からはめることによってカウンターから攻撃する回数が多くなるのは得点力不足に悩む甲府にとっては1つの手

今日の試合でそこまでカウンターがはまったシーンはあまりなかったし、得点も後ろからの組立てによるものだが
それでもクリスティアーノが直接狙えるようなFKがここ数試合、ほとんどなかったのに対して今日だけで3本はあった


それは間違いなく前から圧力をかけた良い影響


ジウシーニョが怪我から復帰したばかりというのもあるし、盛田が1トップで起用されたのもついこの前なので
まだ時間は掛かると思われるが新しいものを植えつけている意図は分かった
(開幕戦も同じように感じたもののそれ以降の試合でみられなかったのは少し疑問だった)


ボランチでの起用が初めてだった下田君に関してはおおむね好印象です
シャドーよりボランチに下がった方が前を向いてボールを持てるし、彼のスペースを見つける目と走力があれば
十分、3列目から上がった時でも機能しそうなのでこれから新井とのポジション争いに注目したいです




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :685回】順当 | Home | 【toto予想 結果:683回】J2全的中したが・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する