【toto予想 :685回】順当


水曜日にナビスコがあったため、J1は全て日曜日開催です

今週はなんとなく順当になるんじゃないかと・・・・



      
685回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田81109群馬1


2名古屋302545広島
02
3徳島10981川崎

2
4292348C大阪12
5甲府332641清水

2
6浦和691813仙台1


7新潟332245横浜M2
8大宮422533神戸1
2
9F東京392140鳥栖
02
10G大阪211861鹿島
02
11大分332839京都

2
12山形602317愛媛1


13横浜C681814熊本10


計64口
2014年通算成績:36/65 平均:7.2/13=的中率55%
J1的中率:23/44=52% J2的中率:13/21=62%
                
     
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 磐田vs群馬】 1 
磐田:開幕戦では不覚をとったがやはり実力的には抜きに出ている
群馬:3勝2敗と好調な滑り出しをきった、磐田相手にどれだけやれるか注目

ホームとアウェイが逆なら波乱を予想しても良いんだが・・・。


【2 名古屋vs広島】  0・2 
名古屋:ナビスコはターンオーバーしているのでコンディション的で問題になることはない 
広島:ACLでの不可解なジャッジに対してしっかり切り替えが出来ているか

チームの成熟度では広島が間違いなく優位だがコンディション面を考えるとシングルでの予想は危険か


【3 徳島vs川崎】
         
徳島:ナビスコは試合がなかったので調整出来る時間はあるだろう
川崎:ACLでは2-1の逆転勝利、公式戦3連勝とエンジンが掛かってきた
→  
広島戦ではセットプレー3発に沈んだ徳島だが徐々にJ1の戦いに慣れてきた感じはある
ただ、今回の相手はリーグで最も得点力がある川崎だけに予想は厳しいものにならざるを得ない


【4 柏vsC大阪】 1・2  
柏:1トップ工藤、2シャドーにレアンドロ×2という布陣を試しているがカウンターの色がかなりつよくなっている 
C大阪:ACLでは山下の2得点でドロー、タイから戻っての試合ということで調整は難しいだろう

開幕前の評判ではかなり大きな期待が集まっていた柏だがなかなか結果が出ない
セレッソも長距離移動の連続アウェイということでこちらも難しい状況だ
どういう結果になってもおかしくはなさそうなカードなので予想は両天秤


【5 甲府vs清水】 2   
甲府:開幕戦で敗れた以外ナビスコ含めて無敗を継続中 
清水: ナビスコでは連勝しているもののリーグでは降格圏に沈んでいる

甲府はいまだ清水に勝利したことがなく、Jリーグの中で最も相性が悪い相手
チームの調子や状況関係なくなぜか勝てないので今回も勝てるイメージが沸かない
甲府勝利を願っていはいるがtotoはシビアに予想しよう


【6 浦和vs仙台】 1  
浦和: ナビスコからホームで連戦、調子が上がってこない仙台だけにここはきっち勝ちきりたい
仙台: 公式戦7試合いまだ勝利がなく、苦しい状況が続いている 

仙台は浦和アウェイで勝利がなく、相性的にもよくない相手
ここは浦和シングルで行くべし


【7 新潟vs横浜M】 2 
新潟:ナビスコでは3点リードから追いつかれると試合運びに課題を残した 
横浜M:ACLはホームで勝利、新潟とは昨年優勝を阻まれた相手だけにそのリベンジを図りたい  

ここはかなり悩むカードでどの結果もありそう
マリノスにとって昨年の悔しさが残る相手だけにモチベーションは高いだろうと予想してマリノス勝利を買う


【8 大宮vs神戸】 1・2 
大宮:ナビスコでは敗れたがリーグ戦では2勝1分2敗意外と前評判よりは良いスタートをきった大熊体制  
神戸:リーグもナビスコもアウェイでまだ勝利がない

ここもなかなか予想が難しいカード
どちらも攻撃陣が好調なので打ち合いになったら予想はさらに困難


【9 F東京vs鳥栖】 0・2  
F東京:前節ようしゃく初勝利を飾ったがナビスコでは仙台にドローとまだまだ波に乗りそうな感じはなしない
鳥栖:

F東京は前節清水に勝利したが試合展開としてはどちらに転んでもおかしくはなく
まだまだチームとして確立している印象はない
ただアウェイの鳥栖もシングル予想出来るほどの信頼感はなさそうなのでドローはおさえる


【10 G大阪vs鹿島】 0・2       
G大阪:ナビスコでは決定力不足が響き、清水に敗れた。守備は非常に安定しているが前線の迫力不足は課題
鹿島:リーグ首位を走る若鹿、アウェイ3連勝中と昨年の内弁慶はどこへいったやら 

どちらも守備が安定してるだけにロースコアになりそうな展開が予想される
ドローを本命で好調の鹿島をおさえるがあまり自信はない


【11 大分vs京都】 2
     
大分:開幕戦では敗れたが5戦を終えて1勝3分1敗と可もなく不可もなくという結果  
京都: こちらも2勝2分1敗とまずまずの滑り出しをきれている

投票率から観ても分かるように確かにこのカードは迷う
際立って悪いわけでもないし、だからといってシングル予想できるチームでもない
こういうカードは開き直って山勘、外れてもしょうがないというスタンスで


【12 山形vs愛媛】 1   
山形:昇格と狙えるだけの戦力は整っていると思われたが開幕5試合は1勝2分2敗とスタートダッシュは失敗
愛媛:5試合で3得点4失点という数字が物語っている、どれだけ攻撃の質を上げられるかが課題

実力的には山形が優位でホームでは愛媛に負け無しと相性も良い
そろそろエンジンが掛かるのを期待して山形のシングル予想


【13 横浜Cvs熊本】 1・0
横浜C:新加入のドウグラスの貢献もあって5試合で4失点と守備は安定している
熊本:ここ2試合アウェイでは3失点と守備が不安定になっている

普通に予想したら横浜C勝利だと思うのでこの投票率におかしいおころはないと思われるのだが
それでも何か腑に落ちないのはなぜだろうか?
横浜Cもそこまで計算して勝てるチームではない 


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2014 J1 第6節:清水戦 前日情報】相性は最悪 | Home | 【2014 ナビスコ 第2節:柏戦】進化の兆し

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する