【2014 J1 第10節:徳島戦】これがサッカー

試合は序盤から甲府がボールを保持して相手の敵陣に押し込む

ただ、徳島も3バックで中央を固めていることもあってなかなか盛田やシャドー二人が
フリーでもてるような状況は少ない

それでもサイドからの攻撃やショートカウンターでチャンスをつくるも決めきれずという展開

その展開は終始90分続くのだが甲府は普段やりなれていない試合展開なのもあって
最後の精度や連携に欠く場面が多かった

相手のブロックを崩すのが無理ならでは高い位置ではめようと考えるのが普通で
城福さんの采配もはやい時間帯でジウシーニョ、下田と動きのある選手を投入

その采配はズバリ的中して相手の背後取ったりや高い位置で奪ってショートカウンターから
あとは決めるだけという決定機を何回かつくるもシュートはとことん枠外へ


こうなるとまあ台本どおりの展開といいますかサッカーのセオリーといいますか
点を取ることに意識が行き過ぎてカウンターでぽろっと失点

橋内が横パスをインターセプトしただけではなくそのまま上がって行ったのが得点になった最大の要因で
甲府をその意外な攻め上がりに対応できなかったのはひとつの反省点

甲府としてみればパラナの横パスをインタセープトされたのがまずは問題になるのだが
攻撃にシフトしていたのもあってボランチが下田とパラナのコンビ

どちらも新井のように3バックの前でポジショニングをとるファーストボランチではないので
あの場面だけ見れば橋内の上がりにボランチのフィルターが全くない状態になってしまっていた

(下田をシャドーに投入してそれがあまり良くなかったと判断してかボランチに下げたという布石はあるが)


ただ、どちらにせよ今日の試合ではカウンターで失点するリスクよりも攻撃で点取るほうに注力しなければいけないので
あの失点を悔いるよりも点が取れなかったことを悔いるべきであろう


結局、終盤は佐々木と青山を前線に上げて超パワープレーで得点を狙うも今日はやはり決定力に泣く日なのか
どちらの選手もヘディングでシュートを狙う場面はあったものの決めきれずそのままタイムアップ




2014_Kofu-tokushima.jpg



徳島の試合を調べてみたら甲府が放ったシュート19本はどの対戦相手よりも多い

ポゼッション率も63%、CKも1本も与えなかったし、シュートもわずか2本におさえた

実際、ペナルティエリアに入られたシーンも得点以外でほとんど記憶にない

それほど甲府が圧倒していたし徳島に何もさせなかったと言っていいくらいの試合

野球でたとえるならヒット19本打ってるのに点が入らず相手のホームラン1本で負けるようなもの
野球ならまずそんなことはありえないだろうがそれでも負けるのがサッカー

選手も監督もなかなか敗戦を受け入れがたいというのが本音だろうがこういう試合は往々にしてよくある

どんな素晴らしいストライカーでも決めれない時は決めれないし
どんな素晴らしいチームでもこういう負けは絶対に避けられない


守備的な戦い方がベースのチームなので攻撃に課題我が多いのはもちろん承知の上だが
それでも選手が最後まで得点を狙ってチャレンジしてくれたのは評価しなければいけない

チャレンジするからこそ課題が見えてくるし、シュートを打たなければ決定力があるのかないのかも分からない

甲府vs横浜Mでマリノスの選手がほとんどチャレンジしなくて敗れたがああいうのが一番よくない


結果的にカウンターで1チャンスをモノにされてしまったけれど
きっと今日の課題や悔しさが後半戦になってプラスに働くはず


そういう意味では敗れたことは非常に残念だが大きな連敗を経験してことがある甲府だからこそ
相手をリスペクトしなければいけないし、甲府の選手も出来ることはやってくれていたので大きな不満はない


むしろ、次節からは川崎、浦和、神戸と甲府本来の戦いがで出来ると予想されるチームとの対戦が
すぐに控えるので今日の結果に落ち込まず次の試合へ切り替えて欲しい



 J’s GOAL  http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010220140429.html


【個人寸評】

岡・・・6.0
今日はほとんど出番無し

青山・・・5.5
守備では問題なかったが攻撃の精度が求められ試合ではやはりビルドアップの場面で苦労する

山本・・・6.0
守備の組織はほぼ完璧だったが失点シーンだけほころびを見せてしまった

佐々木・・・6.0
攻守において良かったが3試合連続ゴールとはいかず

新井・・・6.0
セカンドを回収してボールをよく散らしたが・・・

パラナ・・・6.0
高い位置でボールを奪いショートカウンターにつなげた

阿部・・・5.5
2度あった決定機のどちらかは決めたかった

福田・・・5.5
ボールの出し手として注力していたがその次の動き出しが足りなかった

河本・・・5.5
気持ちは見せていたがやや空回りしていた

クリスティアーノ・・・5.5
ドリブルでの突破は良かったが点が取れていない焦りからか
周囲との連携や最後の精度がいまひとつだった

盛田・・・6.0
繊細なタッチで面白いフリックなどはあったが相手のマークにも苦しんだ

ジウシーニョ・・・6.0
流れを変えることに関しては次第点だったが点が取れる決定機は生み出せず

下田・・・5.5
動き出しは良いがそのあとに繋げるプレーでミスがみられた

石原・・・5.5
得点を狙う姿勢を見せたが点にはつながらず


城福監督・・・6.0
チームとしても選手個々のパフォーマンスとしても悪いものではなかった
決定力は課題だが今日の試合は割り切りも必要だろう



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:690回】連戦は難しい | Home | 【2014 J1 第10節:徳島戦 前日情報】3連勝を賭けて

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する