【toto予想 :693回】過密日程


カレンダー的にGWは終わりましたがJリーグは休むことなく中3日でもう試合

連戦の最後だけあって疲労はピークにあるでしょうし、今節も波乱が多そうです



 
   
693回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102


1名古屋492229G大阪12
2横浜M392140鳥栖10

3徳島111079F東京

2
4神戸731512甲府

2
5大宮201961浦和

2
6502624新潟02
7山形442531千葉
02
8栃木641917岡山1


9松本671518横浜C1


10京都542224長崎
02
11水戸432631岐阜10

12東京V251758北九州

2
13磐田80119大分1



計64口
2014年通算成績:90/156 平均:7.5/13=的中率58%
J1的中率:60/104=57% J2的中率:30/52=58%
         
  
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  




【1 名古屋vsG大阪】 1・2  
名古屋:前節は見事波乱を起こし、鹿島アウェイで勝利を掴む
G大阪:徳島が相手だったとはいえ宇佐美が先発復帰しての3得点は勢いにのりそう
→ 
どの結果もありそうで互角な展開になりそうだが名古屋は今季まだドローがないということで
決着がつきやすいと予想して両天秤をマーク


【2 横浜Mvs鳥栖】  1・0 
横浜M:ACLは予選敗退してるため、ミッドウィークの試合がなくコンディション面では有利
鳥栖:暫定とはいえ首位に浮上、今季いまだドロー無し

コンディション面で優位に立ち、空中戦に長けたマリノスの方が勝利に近いと予想


【3 徳島vsF東京】
        
徳島:初勝利で勢いにのりたかったがその後連敗したところをみるとやはり厳しいか
F東京:GWの連休前は好調だったがGWの連戦では3連敗と調子は下降気味
→  
F東京はここ3戦無得点だがそれでも徳島が勝利oドローに持ち込めるとも思えない


【4 神戸vs甲府】 2   
神戸:前節は2-0の前半から後半は打ち合いになり3-4で敗戦、攻撃陣は好調だが守備は課題が多い 
甲府:前節は首位浦和を堅守でドローに持ち込んだものの3戦連続無得点とこちらは攻撃陣が課題

攻撃の神戸か守備の甲府かという構図
甲府から見ると神戸のような攻撃的なサッカーをする一方で守備が緩いチームはやりやすい


【5 大宮vs浦和】 2  
大宮:3バックに変更して以来、1勝2分とまずまずの結果を残す
浦和:前節は甲府に勝ちきれず三日天下となる、3戦連続無失点と守備は安定

昨年は大宮がミラーゲームをしかけて見事浦和を撃破したが今季はどうなるか
戦い方も選手も変わってるだけに今季は厳しいとみるが・・・


【6 柏vs新潟】 0・2  
柏:前節は鳥栖に敗れて公式戦12試合ぶりの敗戦となった、
新潟: 前節はロスタイムに追いつかれるもその直後に勝ち越しゴールを決めるなど劇的な勝利を飾った

お互いにドローが多く、守備は安定しているのでロースコアになりそう
その中でどちらが勝ちきれるか、予想は怪我人が多い柏を除外


【7 山形vs千葉】 0・2  
山形:怪我人が出ていることもあってここ数試合は持ち味の得点力が出せていない
千葉:3試合連続2失点と守備に課題を抱えている
→ 
お互いに昇格候補に予想されてもおかしくはないクラブだが序盤は低迷している
予想としても難しいカードでダブルは必須


【8 栃木vs岡山】 1
 
栃木:前節は湘南の連勝を止められなかったが順位は7位と今季もまずまずの位置にいる
岡山:4戦負け無し中だがここ2戦はドローと勝ちきれていない、怪我人が多く出ているのは大きな懸念   

互いに守備は安定しているのでそこまで大崩はしないがしっかり勝ちきれているのは栃木の方


【9 松本vs横浜C】 1  
松本:2連勝で3位に浮上、湘南が独走中で2位が磐田となるとこの順位をリーグ終盤まで守りたい
横浜C:なかなか結果が出せていないことも合って順位も17位に低迷中

今のチーム状況から見ると松本優位は間違いないだろう


【10 京都vs長崎】 0・2      
京都:2連勝で順位を5位にあげ、調子は上向き
長崎:4試合勝利がなく、調子は下向き

5位6位の直接対決
ここ数試合の状態では対照的だが長崎メインの予想、根拠は特にない


【11 水戸vs岐阜】 1・0    
水戸:今年も相変わらず勝ったり負けたり、ドローがあったりと中位をキープ
岐阜:ここ3試合負け無しで調子はよさそう

闘将対決
監督としてはJ2での経験が豊富な柱谷水戸をを推す


【12 東京Vvs北九州】  
東京V:前節讃岐に勝利はしたものの順位はまだまだ20位と低迷中
北九州:3連勝中と非常に好調で順位も4位と戦力を考えたらここまで素晴らしい成績

現東京V監督の三浦監督は前北九州の監督
さらに東京Vには三浦監督が引っ張ってきた元北九州の選手が多いだけに因縁の対決
ただ、チームの状態は北九州が上で予想もそこを重視


【13 磐田vs大分】 1      
磐田:5試合負け無しで4連勝中ともうJ2の戦い方には慣れたか
大分:アウェイでまだ1勝しか出来ておらず、磐田とは相性も悪い
→ 
波乱があるかどうかの選択で波乱無しと予想した


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2014 J1 第13節:神戸戦 前日情報】キャプテン不在 | Home | 【toto予想 結果:692回】J1で波乱多発

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する