【2014 ナビスコ 第5節:浦和戦】手ごたえを掴んで中断へ



ナビスコ決勝トーナメントが掛かっていたのでそれが絶たれる可能性が高くなったのは残念ですが
それでも昨年から浦和との試合は守るのが精一杯というゲームばかりでしたから
これだけ相手を苦しめたという意味で手ごたえを掴む試合となりましたし、単純に観ているほうも面白かったです

(最初のセットプレーでの失点がいらなかったですけどねー)

ゴール出んウィークあたりからだいぶ守りながら攻めるというのが両立してきた中で
相手のコンディションがよくなかったり、調子を落としているチームとの対戦が多かった

ただ、その後リーグで勝利した柏や今日のレッズのように調子の良い相手とも対等に出来るようになってきたのは
相手どうこう関係なくチームとして力が付いてきている証拠

それが安定して勝ちに繋げられないのが今後の課題ですが城福さんがよく言うように
牛歩のごとく成長しているのは素人ながらもよく分かりますし、今は非常にポジティブな流れに入ってますね

ここで中断期間に入るのが少しもったいないような気もしますが
昨年みたいにシステムを変えるだ、選手を変えるだで全く余裕がなくて
雰囲気もあまりよくなかったですからそれと比べれば今年は大分マシです











ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
予選敗退 | Home | 【toto予想 結果:696回】遂に止まる

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する