【2014 J1 第16節:C大阪戦】狙いは良かったが最後の詰めが・・・

今日は時間がないので感想だけ


この試合、盛田を外してクリスティアーノを1トップ

ガンバ戦で盛田のコンディションが良くなかった影響もあるだろうが
今日の戦い方を観れば戦術的な選択であったことは間違いない

今日の甲府は相手にボールを持たせる事とボールを奪っても相手のプレスが来る前に
ロングカウンターを発動させることでセレッソのゲーゲンプレスを無効化させることを徹底

その狙いは正しかったと思うし、実際に甲府が主導権を握ってゲームを進めていた

ただ、カウンターの精度が低く、特に前線へのフィードで相手のGKやタッチラインに割ることが多かったのは
非常にもったいなく、自分達の攻撃回数を減らすだけではなく前線の選手を疲労させてしまっていた
それでも何度か決定機はつくれていたのでもっともっと精度があれば簡単にチャンスはつくれたはず


後半も狙いは前半と変わらずといった展開だが相手の運動量が落ちていくにつれて
ボランチやCBが攻撃参加して2次攻撃、3次攻撃につなげていき
ミドルやセットプレーで徐々にゴールに近づくも相変わらず決定力を欠く


交代枠も残っていたし、盛田や水野など打つ手はまだあったので全部やりつくしたとは思わないが
おおむね狙い通りにいった試合だけに悔しさの残るドローだった




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :711回】梅雨明けの連戦 | Home | 【toto予想 結果:709回】中断明けも波乱続出

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する