【2014 J1 第17節:広島戦】退場というアクシデントにも負けず

今日も感想だけ

甲府はまず前線の3枚+ボランチの1枚でパスコースを防ぎながら相手のビルドアップを阻むことに注力
ただ、なんとなくプレスをかけるのではなく一番フィード力が劣るGKに狙いを定める
広島のフィールドプレイヤーにはパスコースをきるだけでそこまで深追いさせずGKへのバックパスに上手く誘導させて
GKからのフィードを跳ね返すことでボール奪取し、試合の主導権を握る

広島はボール回しの時に一度詰まったら必ずGKに戻してやり直すのでそこを巧みに利用した

さらに高い位置でボールを奪うことによって守備への切り替えが早く、堅固な守備ブロックを形成する
広島の守備を攻略する意味でも効果的で得点シーンもまさしくその形だった

思惑通りの試合運びで進んでいくかと思われただけに石原の退場は本当にもったいなかった

一人少なくなった状況で城福監督は松橋をWBに投入しつつ、531の布陣に変更
クリスティアーノは確かに脅威になるが53の守備ブロックで守れる自信がないと出来ない布陣
特にボランチはピッチの横幅を3人でみなければならずその負担は大きかったであろう

ただ、その懸念も杞憂に終わり、同点弾はくらったもののボランチが穴になることはなく最後まで走り続けた
クリスティアーノも前線で相当な脅威になってたので10人になってからの対応としては正しかった

試合の入りも含めてしっかり対策を準備し、アクシデントが起こっても冷静に対応できたことが勝ち点をとれた要因で
出来ればその頑張りに勝ち点3というご褒美がついてこなかったのは悔しい限りである




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :713回】順当予想 | Home | 【toto予想 :711回】梅雨明けの連戦

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する