【2014 J1 第18節:徳島戦】大雨のドロー

ここまでボールが走らない試合は久しぶりでしたね

こういう試合は技術や戦術云々よりも空中戦や、玉際の強さなどが重要になることが多い
甲府が攻め込む時間が多かったし、そこの部分は相手より上回れていて、内容的にも良いゲームだったと思う

ただ、簡単にプレーすべきところをつなごうとして相手に奪われた2つの失点が勝ち点3への厳しいハードルとなった

時間帯も最悪だったし、ああいう失点の仕方をする試合は基本負けるゲーム

そういう意味でドローという結果は可もなく不可もなくと評価すべきだろうか




14_tokushima-kofu.jpg

序盤から両チームともピッチコンディションを考えてプレー

ただ、玉際やフィジカルの強さでボールを前線に運ぶ回数が多い甲府が押し込む展開

セットプレーから決定機もつくり、流れの中からもシュートチャンスを増やしていったが
31分新井がボールをつなごうとプレーした瞬間にボールを奪われ、その流れから失点

それでも前半終了間際にCKから青山が得点を奪い、良い流れで前半を終えると思いきや
アディショナルタイム、佐々木が判断に迷いボールを奪われて失点

全般的には慣れないピッチコンディションに上手く対応していたと思うが
この2つのミスがいずれも失点につながってしまったのは非常に痛かった


絶対に負けられないゲームということもあってか前半以上に攻勢を強めるため、後半開始から盛田を投入

ターゲットになる盛田が入ったことでクリスティアーノの負担が減り、前半以上に甲府が一方的に押し込む
その中で後半17分、阿倍拓馬のドリブル突破からクリスティアーノが決め、試合を振り出しに戻す


その後も新井→水野という交代をしながら甲府が攻勢を強め、チャンスをつくっていくも逆転ゴールまでは至らず

80分以降は攻め疲れか前線でキープできず、逆に相手のセットプレーが増えたこともあってか
守る時間が増え、攻撃になかなか行けずタイムアップ


 J’s GOAL http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010820140802.html


【個人寸評】

荻・・・6.0
細心の注意が必要の試合の中、クロスに対して積極的に飛び出していたのが良かった

青山・・・6.5
いつもとは変わったポジションから入ったこともあってこぼれ玉に反応できた

山本・・・6.0
空中戦では分が悪い高崎相手にも厳しく対応

佐々木・・・5.5
2失点目は迷いがなければ外にクリアできたはず

稲垣・・・5.5
WBで起用するにはクロスの精度が足りない

新井・・・5.5
中盤でのボールロストから1失点目に関与

パラナ・・・6.0
ピッチコンディションを考えてプレーしていた

阿部(翔平)・・・6.0
精度の高いアーリークロスからチャンスを演出

阿部(拓馬)・・・6.5
ドリブルでの仕掛けや玉際での強さ、90分出場したことも評価できる

ジウシーニョ・・・6.0
決定的なシーンは作り出せなかったがボールをキープして運ぶ役割は果たしていた

クリスティアーノ・・・6.5
ゴールはごっつあんだったがそれ以外も随所に違いをみせて相手の脅威になった

盛田・・・6.0
ラスト10分は収められなかったがそれまではポストプレー、空中戦のターゲットとして機能

水野・・・5.5
ロングスローや精度の高いキックで逆転弾を演出したかったが決定機を生み出せず

福田・・・ー
出場時間少なく採点付加

城福監督・・・6.0
ピッチコンディションを考えてリスクの少ないプレーを選択していれば
2失点とも防げただけに選手にもっと伝える必要があった
盛田を後半頭から入れて早めに手を打ったのは良かった


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:713回】アウェイ全滅 | Home | 【toto予想 :713回】順当予想

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する