【2014 J1 第24節:名古屋戦】未熟な攻め


名古屋の土俵で試合をしてしまったなあという印象


前半は結構カウンターや人数かけてゴール前に進入するシーンはあって
相手が守備ブロックを作る前に攻めようと意識は良かったが最後の精度が足らず


その後失点し、後半も先に点を取られ、引かれた相手に成す術が無いというよく観る光景
次節を考えてかとりあえず早めの交代だけはしてたって感じであまりにも無策だった


名古屋はそこまで前線からプレスをかけてこないし、ポゼッションも甲府にしてみれば50%を超える試合は珍しい
だからこそ、ボールを保持した時の未成熟度が現れてしまい、攻撃の糸口が最後まで見つからなかったとも言えるが
それにしても何も出来なかった


闘莉王、牟田という空中戦に強いCBが2枚いるならこちらもトップに2枚入れて起点を2つにしてみるとか
中盤に稲垣いれてプレスをかけてカウンターの打ち合い上等で攻めるとか
ブロックを形成した相手に攻められないのであればブロックを作られる前に攻めるという意識が後半は特になかった


もちろん遅攻になったときにどうするか?というのは課題だが
サイドからクロスをあげたり、前線に放り込んだりと相手が守りやすい状況でしか攻められなかった
プレーの精度も課題は多いがそんな単純な攻撃では点を取れるはずも無い



さらにこのチームは先制点を取られたときにかなりの確立で勝てない
今日も河本が治療している間とはいえ、レアンドロに2人でボールダッシュに行ったにも突破されるというミスと
荻が躊躇し飛び出せなかったという2つのミスが重なった


もちろん守備を重視しているチームなので先制点を簡単に与えないことが大事なのは大前提だが
不確定要素の多いサッカーではどうしても思惑通りの試合展開にはならないときもある
自分達のプラン以外の状況になったときにどう対応するのか?
監督の采配含め選手個人のインテリジェンスも高めないと今日のようになにも起こらず終わってしまうし
勝てるときだけ勝てても残留という目標にはつながってこないだろう


一人で相手の守備網を切り崩せる阿部拓馬が復帰間近なのは朗報だが
今日の試合を観る限り、それだけが唯一の希望になりかねない





14_nagoya-kofu.jpg


 J’s GOAL http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010420140920.html


【個人寸評】

荻・・・5.0
解説者も言っていたが1失点目の場面は前に出れば防げたかも

青山・・・5.0
組立ての質が問われる後半のような展開ではなかなか活躍の場はない

山本・・・5.5
前半は悪くなかったが後半は後ろからのビルドアップで工夫が必要だった

佐々木・・・5.5
青山に比べればサイドを駆け上がって攻撃の意識をみせたが精度がもうひとつ

保坂・・・5.5
前線は前線に絡んでアクセントになったがやはり最後の精度が足りない

新井・・・5.0
身長があってもマークを簡単に外すようでは意味がない

阿部(翔平)・・・5.5
前半はシンプルにクリスを使い、後半は人数をかけてサイドを攻略しようとしたが
クロスでは名古屋の守備陣を打開できる可能性は少なかった

松橋・・・5.5
相手の左SBにプレッシャーをかけたり、縦の推進力で右サイドの攻撃を担ったまでは良かったが
クロス精度が低くチャンスにつながらなかったり、最低でもCKをとるまでの仕事はしたかった

河本・・・5.0
前節が良かっただけに今日のような出来では物足りない

クリスティアーノ・・・5.5
周囲を使おうとしたり、シュートを大事にいこうという意識はあったのだが
逆にワンテンポ遅くなりシュート打てるタイミングを逃していた

盛田・・・5.0
闘莉王相手に起点になるのは難しいミッションだったか

ジウシーニョ・・・5.0
流れを変えるような交代策にはならず

石原・・・5.0
一人交わしてのミドルシュートの場面は良かったがそれ以外ではつぶされることが多く、ボールを受けれなかった

キリノ・・・5.0
まだまだフィットしてないのはもちろんだが闘莉王相手では荷が重いか


城福監督・・・4.5
戦術の未熟さが露呈


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2014 J1 第25節:神戸戦】牛狩り | Home | 【toto予想 :722回】波乱の9月

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する